ネコノミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ネコノミ
Catflea2.jpg
ネコノミ
保全状況評価
情報不足(DD)環境省レッドリスト
Status jenv DD.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: ノミ目(隠翅目) Siphonaptera
: ヒトノミ科 Pulicidae
: イヌノミ属 Ctenocephalides
: ネコノミ Ctenocephalides felis
学名
Ctenocephalides felis
(Bouché1835)
和名
猫蚤
英名
Cat flea

ネコノミ(学名:Ctenocephalides felis )とは、ノミ目(隠翅目)ヒトノミ科に属する昆虫である。 成虫の体長はオス約2mmメス約3ミリメートルになり[1][2]、ネコなど恒温性の小動物の体毛・外表皮に寄生し、口器を皮膚に刺して吸血する。飼育などで小動物と接触する機会があればヒトでも吸血する場合がある。

幼虫は体長2mm程で芋虫形状であり完全変態をなす[3]羽化した成虫は、寄生する動物が通りかかるなどで近くに来るまで待機し、二酸化炭素体温などで動物の気配を察知すると狙いをつけ髙さ30センチメートル程跳躍する[3]。 成虫のメス1匹が1に10個程の卵を産み[3]、生涯に凡そ1000個に及ぶ。産卵は体表面にされ、ネコの生活する場所の地表に落ちる。幼虫は塵埃のなかにある虫の糞便やフケのような有機物を餌にして成長する[4]

また猫ひっかき病の要因となる細菌バルトネラ・ヘンセラ菌の保菌者であり、ネコの体表面に付着した本種糞便をブルーミング行動で舐めてしまうことから媒介することでも知られる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]