ナジャット・ヴァロー=ベルカセム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ナジャット・ヴァロー=ベルカセム
Najat Vallaud-Belkacem
Portrait Najat Vallaud-Belkacem-crop.jpg
生年月日 (1977-10-04) 1977年10月4日(40歳)
出生地 モロッコの旗ベニ・シケル
出身校 パリ政治学院
所属政党 社会党

内閣 第2次マニュエル・ヴァルス内閣
ベルナール・カズヌーヴ内閣
在任期間 2014年8月26日 - 2017年5月10日
大統領 フランソワ・オランド

フランスの旗 女性権利・都市・青少年・スポーツ大臣
内閣 第1次マニュエル・ヴァルス内閣
在任期間 2014年3月31日 - 2014年8月26日
大統領 フランソワ・オランド

フランスの旗 女性権利大臣・政府報道官
内閣 第1次ジャン=マルク・エロー内閣
第2次ジャン=マルク・エロー内閣
在任期間 2012年5月15日 - 2014年3月31日
大統領 フランソワ・オランド
テンプレートを表示

ナジャット・ヴァロー=ベルカセムフランス語: Najat Vallaud-Belkacem1977年10月4日 - )は、モロッコ生まれのフランス政治家フランス社会党所属。

経歴[編集]

セゴレーヌ・ロワイヤル(左)とヴァロー=ベルカセム

1977年、モロッコの農村にて生まれる。1982年に建設労働者の父親が働いていたフランスに移住し、以降アミアンの郊外にて育つ。パリ政治学院公法学の学士を取得し、卒業した後、社会党に入党。ENAを目指すも失敗している。18歳の時にフランスの市民権を取得し、帰化している[1]

2003年、リヨン市長を務めていたジェラール・コロンの官房秘書官となる。

2007年フランス大統領選挙にてセゴレーヌ・ロワイヤルの選挙陣営でヴァンサン・ペイヨンアルノー・モントブールと共に代弁者を務めた。

2008年、ローヌ県議会議員に58.52%の支持を得て、当選する。同年、社会党の全国執行部員にもなった。

2012年フランス大統領選挙で社会党のフランソワ・オランドが勝利すると、2012年5月15日、第1次ジャン=マルク・エロー内閣にて女性権利大臣、政府報道官に就任。

女性権利大臣として、2013年に法制化された同性婚については擁護する姿勢を見せており[2]、同年Twitter上にて「#LesGaysDoiventDispaîratreCar(同性愛者は死ぬべき)」というハッシュタグが付けられたツイートが多数投稿された件については「私は反同性愛のツイートを非難します。我々がTwitterや反同性愛団体とともに働きかけていく事が不可欠です」と語った[3][4]。同年、モンペリエで行われたフランス初の合法同性カップルの結婚式には自身も出席した[5]。また、フランスでは原則合法となっている売春の根絶を実現したいと述べている[6]

2014年3月31日、マニュエル・ヴァルスが首相に就いてからは、第1次マニュエル・ヴァルス内閣で女性権利大臣と兼任して都市・青少年・スポーツ大臣も担当。第2次マニュエル・ヴァルス内閣では国民教育・高等教育・研究大臣に就任し、フランス第五共和政での初の女性教育相となった[7]

エピソード[編集]

  • 2005年に結婚、2008年に双子を出産している。
  • 1800年11月17日にフランスで施行された、女性が男性と同じようにズボンを履きたい場合は地元の警察に許可を得るように定めた条例に対し「この条例は女性が男性と同じような服装をする事を禁じて、女性が特定の職に就く事を制限する目的があった」と発言し、事実上廃止されていると述べた[8]
  • モロッコ生まれである事から、人種差別に遭う事がある。2014年8月に教育相に任命された際には、極右系週刊誌ミニュットから「モロッコ系イスラム教徒の任命は挑発だ」と記し、別の右派系週刊誌バルール・アクチュエルはヴァロー=ベルカセムを「教育省の新たなアヤトラ」と呼んだ[9]。2015年にはニコラ・サルコジ前大統領から「無能の極みという点において、ヴァロー=ベルカセムはクリスチャーヌ・トビラに追いつきつつある」との発言を受け、サルコジを差別的な発言をしたとして司法当局に告発した[10]

脚注[編集]

  1. ^ Najat Vallaud-Belkacem, de Béni Chiker au gouvernement français AFRIK.com
  2. ^ 同性婚合法化法案への反対デモに10万人、賛成派と警察の衝突も フランス AFP 2012年11月18日
  3. ^ French Anti-Gay Hashtag Sparks Lawsuit Against Twitter In France The Huffington Post 2013年8月13日
  4. ^ France hands out first fines for anti-gay tweets THE LOCAL 2015年1月21日
  5. ^ フランス初の合法同性婚 モンペリエで挙式 CHRISTIAN TODAY
  6. ^ 【大阪から世界を読む】美人閣僚が進める「売春根絶」揺れるフランス真っ二つで激論…厳罰か容認か、改革か偽善か 産経ニュース 2014年1月27日
  7. ^ 韓国系ペルラン氏、フランス文化長官に 中央日報 2014年8月28日
  8. ^ パリの女性にズボン着用を禁じた条例は無効、フランス AFP 2013年2月5日
  9. ^ モロッコ生まれの新閣僚に対する攻撃、仏で広がる人種差別議論 AFP 2014年9月9日
  10. ^ サルコジ前大統領を差別発言で告発 SankeiBiz 2015年5月15日

外部リンク[編集]

公職
先代:
ブノワ・アモン
国民教育・青少年・市民生活大臣
フランスの旗 国民教育大臣
2014年8月26日 - 2017年5月10日
次代: