ドミトリー・ロゴージン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロシアの旗 ロシアの政治家
ドミトリー・ロゴージン
Дмитрий Олегович Рогозин
Dmitry Rogozin Moscow Interfax 02-2011.jpg
ドミトリー・ロゴージン(2011年撮影)
生年月日 1963年12月21日(51歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 ロシア共和国モスクワ
出身校 モスクワ大学
現職 ロシア連邦政府副首相
所属政党 ロシア連邦人民党(2001年から2003年)→
祖国 (ロージナ)(2004年から2007年)
称号 哲学博士
配偶者 タチアナ・ゲンナジエヴナ・ロゴージナ

ロシアの旗 ロシア副首相
内閣 第2次ウラジーミル・プーチン内閣
ドミートリー・メドヴェージェフ内閣
在任期間 2011年12月23日 -
テンプレートを表示
2008年

ドミトリー・オレゴヴィチ・ロゴージンロシア語: Дмитрий Олегович Рогозин、ラテン文字転写の例:Dmitry Olegovich Rogozin1963年12月21日 - ) は、ロシア政治家ロシア連邦政府副首相。 かつてロシア連邦議会下院国家会議に議席を持っていた愛国主義政党祖国(ロージナ)の指導者。最も率直なロシアの民族主義・愛国主義者の一人である。

祖国自体は、左翼ポピュリズムの方向に移行し、その後「公正ロシア」に合流した。

ロゴージンは、ソビエト連邦の著名な軍事史家の家庭に生まれた。1986年モスクワ大学を卒業し、ジャーナリズムの学位を取る。1988年経済学部を卒業し、1996年哲学博士号(Ph.D.)を取得する。1993年ユーリ・スココフアレクサンドル・レベジの中道右派・愛国主義を標榜した新党、ロシア人共同体会議に入党し、党の幹部となる。1997年下院国家会議選挙にヴォロネジ選挙区から立候補し、当選する。当選後は、旧ソ連の各共和国に点在するロシア人の権利擁護を声高に主張した。2003年民族愛国運動体「祖国(ロージナ)」を結成し、指導者となる。2003年の下院選挙では、9.2%の得票率で、37議席を獲得した。

その後、民族主義政党「偉大なるロシア」の発起人となる。

2011年12月23日ドミートリー・メドヴェージェフ大統領により、ロシア副首相に抜擢される[1]

2012年5月21日ドミートリー・メドヴェージェフ内閣でも副首相に再任された。

2015年8月23日、メドヴェージェフ首相の択捉島訪問に日本の外務省が抗議したことについて、自身のツイッターに「切腹」という言葉を用いて、日本人は静かにすべきだと主張した[2] [3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]