ドナルドのいたずらばち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ドナルドのいたずらばち
Bee at the Beach
監督 ジャック・ハンナ
脚本 ニック・ジョージ
ビル・ベルク
製作 ウォルト・ディズニー
出演者 クラレンス・ナッシュ
音楽 ジョセフ・S・デュビン
配給 RKO Radio Pictures
公開 アメリカ合衆国の旗 1950年10月13日
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 ドナルドとライオン
次作 リスのコールタール騒動
テンプレートを表示

ドナルドのいたずらばち』(原題:Bee at the Beach)は、ウォルト・ディズニー・プロダクション(現:ウォルト・ディズニー・カンパニー)が製作した1950年10月13日公開のアニメーション短編映画作品。ドナルドダック・シリーズの第95作である。

あらすじ[編集]

大勢のパラソルがある海へとやってきたみつばちのスパイクは自分の場所を探していた。するとそこに空席が。しかし、ドナルドに場所を取られてしまい、仕方なくその横で過ごすこととなる。スパイクは日光浴を始めるのだが、ドナルドの敷いたシートの上に被さったり、泳いできた時に拭いたタオルを搾った水がかかったり、さらには砂を払ったのがかかったりして散々な目に。怒ったスパイクは砂をかけたり、ジュースを飲んでいたストローを穴だらけにしたりなどしてドナルドに報復を始めるが、ジュースの中に閉じ込められてしまう。ドナルドは海へ折りたたみ式の小さなボートを浮かべて遊び始める。

ジュースの中から脱出したスパイクはなおも報復を始め、ボートの空気を抜いたり、穴を開けたりし、さらにはサメたちをけしかける。ドナルドは食べられまいと逃亡と抵抗をし、遂にはパラソルの布の部分で空を飛んで空中を逃げ回り始めた。スパイクは望遠鏡でサメたちから逃げ回るドナルドの姿を見て大笑いするのであった。

スタッフ[編集]

登場キャラクター[編集]

キャラクター 原語版 旧吹き替え版 新吹き替え版
ドナルドダック クラレンス・ナッシュ 関時男 山寺宏一
スパイク - - -
ナレーター ? 江原正士 ?

日本での公開[編集]

収録[編集]

外部リンク[編集]