ドナルドとライオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドナルドとライオン
Hook, Lion and Sinker
監督 ジャック・ハンナ
脚本 ビル・バーグ
ニック・ジョージ
製作 ウォルト・ディズニー
出演者 クラレンス・ナッシュ
音楽 ポール・J・スミス
配給 RKO Radio Pictures
公開 アメリカ合衆国の旗 1950年9月1日
上映時間 約7分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 リスのいたずら合戦
次作 ドナルドのいたずらばち
テンプレートを表示

ドナルドとライオン』(原題:Hook, Lion and Sinker)は、ウォルト・ディズニー・プロダクション(現:ウォルト・ディズニー・カンパニー)が製作した1950年9月1日公開のアニメーション短編映画作品。ドナルドダック・シリーズの第94作である。

あらすじ[編集]

ある日、ライオン親子の父親が食料を確保しようと尻尾で釣りをしていると、そこへ釣りから帰ったドナルドが大量の大きなを持って歩いているのが見えた。子ライオンがドナルドの落とした魚を拾うと、父ライオンが釣ったものとは比べ物にならないほどの大きさだった。

ライオン親子はドナルドから魚を奪おうとするが、ドナルドの職業はなんと狩人で、ドナルドの部屋には大量のライオンのはく製が置かれていた。そこで父ライオンは手だけを入れようとするが、魚を料理していたドナルドに真っ赤に焼けた石炭を持たされ大やけど。それを見た子ライオンは大笑い。ライオンは力づくでも魚を奪おうとするが、猟銃を持ったドナルドに撃たれる。父は息子からお尻の弾丸を抜いてもらっていると、いい作戦を思いついた。なんと、息子を魚に隠れさせそのまま奪わせる作戦だったのだ。ところが、あっさりドナルドに見つかってしまい、息子は追い出されてしまう。これには息子も怒らないはずもなく、父に「僕は一匹取ったんだから、父さんが自分で取ってくればいいだろ」と文句を言うばかり。父は文句を言う息子に頭を抱えていると、別の作戦を思いついた。それはなんと、屋根の上から魚を釣るという作戦だった。しかし、ドナルドは釣り針に猟銃をつけると、また撃たれてしまう。そこでライオンは最後の作戦に出る。息子がドアをノックして、ドナルドをおびき出し、その隙に魚を盗もうとする作戦だった。ところが、魚と一緒にドナルドまで引っ張り出したので、三度目の正直とばかりにまた撃たれるハメに。結局、3度もお尻から弾丸を抜かれる父ライオンはドナルドから魚を奪うのを諦めるしかなかった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

キャラクター 原語版 旧吹き替え版 新吹き替え版
ドナルドダック クラレンス・ナッシュ 関時男 山寺宏一
ナレーター - 江原正士 -

日本での公開[編集]

収録[編集]

外部リンク[編集]