ドゥブナ合同原子核研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ドゥブナ合同原子核研究所(どぅぶなごうどうげんしかくけんきゅうじょ、ロシア語: ОИЯИ:Объединённый институт ядерных исследований, JINR:Joint Institute for Nuclear Research)はロシアの研究機関である。モスクワの北120kmのドゥブナにある。研究施設は1947年からあったが、当初は原子核研究は核兵器とも関係して極秘事項であったため、公開されていなかった。基礎研究の研究所としては、1954年にヨーロッパに欧州原子核研究機構(CERN)がつくられたのに対抗して、1956年ソビエト連邦と当時の社会主義国11か国が合同研究を行うために共同出資して設立された。現在も国際共同の原子核素粒子物理の研究施設である。大出力の加速器などを使って、多くの新元素を創出した。1995年からジェレポフ研究所と共同で素粒子物理学の分野の物理学者にブルーノ・ポンテコルボ賞を授与している。なお、当研究所の功績を記念して原子番号105番の元素はドブニウムと命名されている。

ドゥブナ合同原子核研究所で初めて創られたと主張されている元素[編集]

外部リンク[編集]