専門学校トヨタ東京自動車大学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
専門学校 トヨタ東京自動車大学校
過去の名称 日本自動車整備学校
日本自動車整備専門学校[1]
国公私立の別 専門学校
設置者 トヨタ自動車
理念 人材育成活動を通じて社会に貢献する[2]
設立年月日 1954年
共学・別学 男女共学
設置学科 本文参照
〒193-0044
東京都八王子市館町2193番地
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

トヨタ東京自動車大学校(トヨタとうきょうじどうしゃだいがっこう、英語: Toyota Technical College Tokyo)は、東京都八王子市にあるトヨタ自動車系列の自動車整備に関する専門学校で、運営主体は学校法人トヨタ東京整備学園。通称「トヨタ東自大」「トヨタ学園」。

概要[編集]

東京オートサロン2019で制作された車両(トヨタ・アルテッツァジータ)[3]

1954年日本自動車学校整備科として立川市に設立し、1971年に八王子市へ移転[1]1983年より男女共学となり、2004年に現在の校名へ改称[1]

1級自動車科(4年制)、自動車整備科(2年制)、国家2級自動車整備士取得後の上級課程として1級専攻科(2年制)、スマートモビリティ科(2年制)、ボデークラフト科(1年制)、ボデークラフト研究科(1年制)、トヨタセールスエンジニア科(2年制)、留学生を対象とした国際整備科(3年制)を有する。卒業者にはトヨタサービス技術検定3級の取得資格、国家1級と2級自動車整備士の受験資格実技試験免除が得られる。

現在のトヨタ自動車代表取締役社長である豊田章男が社長就任前まで理事長を務めていた(当時副社長)。2020年6月現在の理事長は横山裕行、校長は上田博之[4]。本校の特色の一つとして、教師陣の大半が本校の卒業者ということが挙げられる。

神戸名古屋にも系列校があるため、東日本出身の学生が多い傾向にある。

系列校[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 沿革”. トヨタ東京自動車大学校. 2020年4月26日閲覧。
  2. ^ 学校案内”. トヨタ東京自動車大学校. 2020年4月26日閲覧。
  3. ^ 【東京オートサロン2019】「学生」が製作したカスタムカー全見せ! 全9校の出展車両フォトギャラリー”. GAZOO. トヨタ自動車 (2019年1月18日). 2020年4月26日閲覧。
  4. ^ 学校法人トヨタ東京整備学園 理事名簿”. トヨタ東京自動車大学校. 2021年2月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]