トヨタ・S-FR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トヨタ・S-FR
2015年東京モーターショー
Toyota S-FR.jpg
乗車定員 4名
ボディタイプ 2ドアセミファストバッククーペ
エンジン (不詳)
エンジン位置 フロント
駆動方式 FR
変速機 6速MT
サスペンション 独立懸架
全長 3,990mm
全幅 1,695mm
全高 1,320mm
ホイールベース 2,480mm
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

トヨタ・S-FR (Toyota S-FR) は、トヨタ自動車が第44回東京モーターショー (TMS) に出展したコンセプトカーである。

概要[編集]

S-FR Racing Concept

2015年10月のTMSにて発表された。「S」とは「Small」の略[1]。本コンセプト車は、車を運転する楽しさを伝えるトヨタのライトウェイトスポーツの系譜を継承しつつ、シンプルで親しみやすいエントリーモデルとして企画された[2]

寸法やホイールベース以外の細かなスペックは公表されていないが、エンジンをフロントミッドシップに搭載し、グラスルーフを採用した4人乗りクーペである。また、カーナビカーステレオを搭載するDINスペースが無く、スマートフォンのナビアプリなどの使用を前提とした仕様としている。

タカラトミーは、このコンパクトFRコンセプト「S-FR」の発表に合わせて「トミカプレミアム トヨタ・S-FR」をTMS会場内で発売した[3]。また、2016年4月にはボディカラーを変更した通常版が発売された。

2016年1月の東京オートサロン2016にはTOYOTA GAZOO Racingがカスタマイズした「S-FR Racing Concept」が展示された。ワイドフェンダー、リアウィング、ディフューザーなどを装備し、車高を-50mm落としている[4]

一部の自動車関連メディアでは市販化決定あるいは開発中止といった不確定情報を伝えているが[5][6]、2019年時点でもトヨタからの公式発表はなく、凍結されたのが確定的と見られている。

2019年に機能子会社ダイハツ工業(ダイハツ)とのコラボレーションで発売されたコペン GR SPORTが、市販化を果たせないS-FRの代わりであるとする向きもある。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]