トベ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

トベ(戸畔、戸弁、戸辨、戸辺、戸邊、戸邉、刀俾、戸部、富部、砥部、土部)は、ヤマト王権以前の称号(原始的カバネ)の一つで、4世紀以前の女性首長の名称に使われた。後に一般的姓や地名として使われる。トベはトメ(戸賣、斗女、刀咩)の語源でもある[1]

女性首長[編集]

神武天皇紀にヤマト王権に服従しない紀ノ川河口のナグサトベ(名草戸畔)、熊野地方のニシキトベ(丹敷戸畔)、および大和国層富県(そほのあがた) のニキトベ(新城戸畔)という女性首長の名が残されている。 ヤマト王権の初期には木国造、すなわち紀伊の首長であるアラカワトベ(荒河戸辨)は子女を崇神天皇の妃におくり、豊城入彦命(上毛野氏および下毛野氏の祖)や豊鍬入姫命が生まれている。同時代に丹波国氷上郡の女性首長にヒカトベ(氷香戸邊)、垂仁天皇の妃にカリハタトベ(苅幡戸邊)およびに山代国のカニハタトベ(綺戸邊)が見える。ヤマトタケルの東征に仕えた尾張国のイナダネ(建稲種命)は母にマシキトベ(眞敷刀俾、下知我麻神社の祭神)、子にオツナマワカトベ(尾綱真若刀俾)、別名シリツキトメ(志理都紀斗売)を伝えている。

トベとネ(トネ)[編集]

トベの称号でよばれた女性首長は「」の称号で呼ばれた男性首長としばしば対をなしている。先代旧事本紀の尾張氏系図には「 オツナネ」(尾綱根)と「オツナマワカトベ」(尾綱真若刀俾)を兄妹の関係で伝えている。また海部氏系図ではシリツキトベ(志里都岐刀邊)がシリツキネ(志里都岐根)と親族関係で書かれている。大和国の葛城縣の長に「ツルギネ(剣根)」が伝えられているが、その系図の一つに「ヤマトベ(夜麻都俾)」が剣根の次に伝えられている。「トベ」が女性首長の称号なら、ここでも男性首長の「ネ」と対になっていると見ることが出来る。さらに「トベ」と「トネ」が対となった地方首長を推測させるものも残されている。「アラカワトベ(荒河戸辨)」は木国の女首長(キトベ)であるが、木国造の系図には始祖に「キトネ(鬼刀禰)」と伝えているものが存在する。ニキトベ(新城戸畔)は大和国の六御県の一つ層富県の女性首長と伝えられているが、大和国の六御県には「トネ(刀禰)」という男性の長が知られている。もし「トベ」と「トネ」が男女の対の長を意味する称号であるなら、古代ヒメヒコ制の名残と考えられる。

トベからトメへ[編集]

作鏡連の祖であるイシコリドメ(石凝姥)はイシコリ「トベ」(石凝戸辺)とも書かれている。海部氏系図に見られるシリツキトベ(志里都岐刀邊)は古事記ではシリツキトメ(志理都紀斗賣)となっている。この二つの例から「トベ」という尊称が、後に「トメ」という尊称に変えられた事を知ることができる。また信濃国斗女(トメ)郷は戸辺または富部(トベ)と呼ばれていた[2]。したがって信濃国の神社に見られる、ヒカナトメ(氷鉋斗賣)神社、サラシナトメ(更級斗女)神社、カワナカジマトメ(川中島斗賣)神社および諏訪神社祭神のヤサカトメ(八坂刀売)は元来は「トベ」語尾をもって呼ばれていたことが推測される。また先代旧事本紀や海部氏系図に現れるアマトメ(天登目命、天斗米命)、タケトメ(建登米命、建斗米命)、タエトメ(妙斗米命)の子孫にムトベ( 六戸部、六人部、身人部)連が知られており、ここでもトベとトメの関連が見出される。

地名のトベ[編集]

現在、戸部町横浜市)や戸部川(神奈川県)がある。かつて尾張国愛智郡には戸部村があり、マシキトベやシリツナマワカトベとの関係が考えられる。伊予国伊予郡には砥部村→砥部町がある。

姓氏のトベ[編集]

現在、戸辺(戸邉・戸邊)姓は千葉県(特に野田市)および関東の利根川沿いに集中している。戸部姓は群馬県に集中している。富部姓は静岡県に集中している。土部姓は神奈川県富山県に集中している[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 太田亮『日本上代における社会組織の研究』1921年
  2. ^ 太田亮 『姓氏家系大辞典』、吉田東伍『大日本地名辞書」
  3. ^ 「姓名分布&姓名ランキング」(http://www2.nipponsoft.co.jp/bldoko/index.asp)にて調査

外部リンク[編集]