デレック・チゾラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デレック・チゾラ
Derek Chisora 2011.jpg
基本情報
本名 デレック・チゾラ
通称 Del Boy(悪童)
階級 ヘビー級
身長 187cm
リーチ 188cm
国籍 イギリスの旗 イギリス
誕生日 (1983-12-29) 1983年12月29日(32歳)
出身地 ジンバブエの旗 ジンバブエハラレ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 31
勝ち 25
KO勝ち 17
敗け 6
引き分け 0
テンプレートを表示

デレック・チゾラDereck Chisora、男性、1983年12月29日 - )は、ジンバブエ出身のイギリス国籍のプロボクサー。ザウアーランド・イベント所属。

来歴[編集]

ジンバブエハラレで生まれ育ち。1999年チゾラが16歳の時にイギリスのロンドンへ家族と共に引っ越した[1]。2010年11月、当時の彼女の携帯電話を無断で調べ、知らない男からのメールを見つけ暴行を加えたとして懲役12週間、執行猶予2年の有罪判決を受ける。またこの時、以前に治安維持違反、警官への暴行、武器の不法所持などの前科があることが発覚している[2]

プロ時代[編集]

2007年2月17日、23歳でデビュー。デビュー戦を2回TKOで勝利。

2008年6月14日、4戦目でサム・セクストンから6回TKO勝利。

2009年5月22日、ポール・バットリンに8回TKOで勝利するが、試合後テレビのVTRで確認したところ噛み付きの反則行為があったとして4ヶ月間の出場停止と罰金2500ポンドがチゾラに課せられる[3]

2010年5月15日、ダニー・ウィリアムズに2回TKOで勝利してヘビー級 英国王者の奪取に成功。

2010年12月11日にウラジミール・クリチコと対戦予定だったが試合3日前にクリチコが腹筋を痛め2011年4月30日に延期される。しかしクリチコは結局デビッド・ヘイと対戦することを発表して、チゾラとの試合は中止となった。

2011年7月23日、タイソン・フューリーと対戦。12回3-0(112-117、112-117、111-118)の判定負けで、初黒星を喫した。

2011年12月3日、フィンランドヘルシンキで地元のロバート・ヘレニウスと対戦するが12回1-2(112-117、112-117、111-118)の判定で敗れる。しかしチゾラが明らかに勝っていたと多くの専門家から批判を集め、疑惑の判定として批判された。

2012年2月18日、ドイツミュンヘンで、WBC世界ヘビー級王者ビタリ・クリチコに挑戦。チゾラは前日の計量でクリチコにビンタを張り、試合前のリング上では口に含んでいた水をクリチコの顔に吹きかけるなどやりたい放題であった。しかし試合はクリチコが2〜3ラウンドに左肩を痛めてそれ以降はほとんど右手一本で戦ったが、それでもほぼ一方的に試合を支配して、チゾラは12回0-3の判定で敗れた。

試合翌日の19日、試合の記者会見場で解説として来ていたデビッド・ヘイと乱闘になり、ミュンヘン空港でチゾラはトレーナーと共に暴行容疑でドイツ当局に逮捕される[4]

2012年2月19日、WBCがチゾラに無期限資格停止処分を下し、ランキングから除外。また感情をコントロールするためのカウンセリングを受けるよう要求した[5]

2012年3月14日、英国ボクシング管理委員会が事情聴取を行いチゾラのボクシングライセンスを剥奪することを決定する[6]

2012年7月14日、ロンドンのアップトンパークでデビッド・ヘイと対戦。5回に2度ダウンを奪われTKOで敗れた。英国ボクシング管理委員会は両選手がイギリスでのボクシングライセンスを許可されていないことから試合を行うことを認めなかったが、ルクセンブルグ・ボクシング連盟が両選手にボクシングライセンスを与え、イギリス国内で行われる試合にもかかわらず海外のコミッションが選手にライセンスを授与するという「イギリスボクシング界史上最大の非合法試合」と騒がれるほど前代未聞の異例な形で試合が行われた[7]

2013年3月12日、英国ボクシング管理委員会が剥奪から約1年ぶりにチゾラにボクシングライセンスを再発行する。

2013年4月20日、ボクシングライセンス再発行後初試合をロンドンで行い、9回TKOで勝利する。

2014年2月15日、カッパー・ボックス・アリーナでケビン・ジョンソンと対戦、12回大差判定勝利を収める。

2014年7月26日、ウラジミール・クリチコが保持するWBO世界ヘビー級王座への挑戦権を懸けてタイソン・フューリーと対戦予定だったが、チゾラが試合8日前にアレクサンダー・ウスティノフとスパーリング中に左拳を骨折し欠場となった[8]

2014年11月22日、エクセル展覧会センターにてWBOランキング4位のタイソン・フューリーとWBO世界ヘビー級王者ウラジミール・クリチコの指名挑戦者決定戦で約3年半ぶりの再戦。試合は観客からブーイングが飛ぶアクションの少ない凡戦かつフューリーのワンサイドゲームとなり、10回終了後にチゾラが試合を棄権し、10回RTD負けを喫した[9][10]

2016年5月7日、ドイツのハンブルクでIBF世界ヘビー級ランキング2位の座を懸けてIBF世界ヘビー級ランキング5位のクブラト・プレフと対戦[11]、1-2の判定負けを喫した。

脚註[編集]

  1. ^ Chisora being treated badly”. NewsDay Zimbabwe (2012年3月3日). 2014年2月15日閲覧。
  2. ^ Boxer Dereck Chisora guilty of assaulting girlfriend”. BBC (2010年11月10日). 2014年2月15日閲覧。
  3. ^ BOXING: Chisora banned for biting”. Teletext Ltd. 2014年2月15日閲覧。
  4. ^ 試合後の会見場でヘビー級ボクサー2人が乱闘騒ぎ”. AFPBB News (2012年2月20日). 2014年2月15日閲覧。
  5. ^ チソラに無期限の出場停止処分、WBC”. AFPBB News (2012年2月29日). 2014年2月15日閲覧。
  6. ^ Dereck Chisora has boxing licence withdrawn by British authority”. BBC Sport (2012年3月14日). 2014年2月15日閲覧。
  7. ^ ヘイが因縁の対決でチソラに勝利”. AFPBB News (2012年7月14日). 2014年2月15日閲覧。
  8. ^ Fury-Chisora II postponed”. ESPN.com (2014年7月21日). 2014年7月22日閲覧。
  9. ^ Tyson Fury pounds Dereck Chisora”. ESPN.com (2014年11月29日). 2014年11月30日閲覧。
  10. ^ ヒューリーTKOでチゾラを返り討ち Boxing News(ボクシングニュース) 2014年11月30日
  11. ^ Notes: Pulev-Chisora eliminator finds U.S. TV home”. ESPN.com (2016年5月2日). 2016年5月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]