デレク・リッグス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デレク・リッグス
Derek Riggs
生誕 (1958-02-13) 1958年2月13日
イングランドの旗 イングランドハンプシャー州ポーツマス
職業 イラストレーター、アートデザイナー

デレク・リッグス(Derek Riggs, 1958年2月13日 - )は、イングランド出身のイラストレーター、アートデザイナー。

HR/HMバンド・アイアン・メイデンのアートワークで知られる。

略歴[編集]

1958年2月13日イングランドハンプシャー州ポーツマス生まれ[1]

青年期に美術学校に入校したが、学校の方針と合わず早々に退学した。その後は独学で絵画を学ぶ。

1980年HR/HMバンド・アイアン・メイデンの、デビューアルバムからアートワークを担当して知名度を広め、ビジュアルイメージを確立した。

1990年代初頭から暫く、アイアン・メイデン等のアートワークを離れていたが、2000年前後からまた活動が活発になった。3Dモデリングや写真加工も取り入れるようになり、活動の幅を広げている[2]

実績[編集]

アイアン・メイデンと"エディ"のイラスト(2010年撮影)

アイアン・メイデンのゾンビ・マスコット"エディ・ザ・ヘッド"(通称エディ)を生み出した事で知られる。

1970年代末、バンド側が、デビューアルバムに使うジャケットデザインの担当者を検討していたところ、当時流行していたパンク・ファッションをモチーフにして、リッグスが描いたゾンビのイラストがバンド側スタッフの目に止まり、それに改良を加えたものが当人も含め、採用の決め手だった。

結果、アイアン・メイデンの媒体全編に使用され続け、その後もセールスに大きく貢献した[3][4]

アルバム・カヴァー / アートワーク作品一覧[編集]

アイアン・メイデン[編集]

アルバム・ビデオ
シングル・EP

アーティスト[編集]

アルファベット順

Alvin Lee
  • 『RX5』(1981年)
アーテンション
  • 『Future World』(2004年)
ブルース・ディッキンソン
バッジー
Chris Catena
  • 『Discovery』(2008年)
Destiny
Dick Morrissey & Jim Mullen
Ethan Brosh
  • 『Out of Oblivion』(2009年)
Gallows Pole
  • 『Exorcism』(2011年)
ガンマ・レイ
Gillman
  • 『Cuauhtemoc』(2003年)
Guardians of Time
  • 『Edge of Tomorrow』(2001年)
Heart of Cygnus
  • 『Utopia』(2007年)
インペリテリ
Kotipelto
Saurom Lamderth
ストラトヴァリウス
Swollen Members
  • Heavy』(2003年)
Takara
The Iron Maidens
ティモ・トルキ
Twisted Tower Dire
  • 『Crest of the Martyrs』(2003年)
Valhalla
  • 『Once upon a Time』(2001年)
ヴィタリ・クープリ
  • 『Forward and Beyond』(2004年)
White Wizzard
Zonata
  • 『Reality』(2001年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ metal-archives Derek Riggs
  2. ^ 各国のウィキペディアを参照
  3. ^ http://www.geocities.jp/n_nediam/maiden/eddie.html
  4. ^ デレク・リッグス公式サイトを参照

関連項目[編集]

外部リンク[編集]