デボラ・フランソワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
デボラ・フランソワ
Déborah François
Déborah François
2016年
生年月日 (1987-05-24) 1987年5月24日(35歳)
出生地 ベルギーの旗 ベルギーリエージュ州リエージュ
国籍 ベルギーの旗 ベルギー
職業 女優
ジャンル 映画テレビ
活動期間 2005年 -
主な作品
ある子供
譜めくりの女
マンク 〜破戒僧〜
メモリーズ・コーナー
タイピスト!
 
受賞
セザール賞
2009年度有望若手女優賞『Le premier jour du reste de ta vie
その他の賞
テンプレートを表示

デボラ・フランソワフランス語: Déborah François1987年5月24日 - )は、ベルギー出身の女優。映画『ある子供』、『譜めくりの女』などで知られる。

生い立ち[編集]

ベルギーの地方にあるリエージュ警察官ソーシャルワーカーの間で3人の子供の内の2番目として生まれている。弟ならびに姉がいる[1]ワロン地域圏のリエージュで育ち[2]、5歳の頃、フランソワは地元で白雪姫の役をステージ上で演じ、はじめて演技の世界と触れ合った[3]。のちに、彼女はリセの演劇コースに所属した[4]

リセエンヌだった16歳の頃[3][5]、彼女は映画キャスティングに参加[3][5]、二人の映画プロデューサーであるジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌによって見出され、2005年公開の『ある子供』と題した映画における主演女性として抜擢された。この社会劇ドラマはフランソワの故郷からそう遠くない廃れた工業都市セランで若いカップルであるブリュノとソニアを中心として繰り広げられている。カップルは社会保障給付と泥棒の一味の頭であった夫の盗みの収入で暮らしていた。ソニアが子供を産んだとき、若い父親は局面で情緒的な反応も示さずに数千ユーロのためにディーラーに我が子を売った。この映画を見た彼女の両親は泣いたという[6]。2005年のカンヌ映画祭で初上映され、評論家によって非常に賞賛され、映画『ある子供』はパルムドールを獲得した。 彼女はベルギーのオスカーであるジョゼフ・プラトー賞を受賞、セザール賞有望若手女優賞にノミネートされた。

女優としてデビュー後、彼女のリセ生活は終った。以前の成功から途切れることなく、ドゥニ・デルクールDenis Dercourt)監督のスリラー『譜めくりの女』で、自らの第二となる映画の役割りを築き上げていた。彼女は映画の中で、ブルジョアジーに対して復讐をするクールで計算屋の肉屋の娘メラニーを演じた。かつて、信じていた希望に満ちた自らのピアノの才能とキャリアを、カトリーヌ・フロが演じる有名なピアニストにして審査委員長の不注意によって破壊された。今日において、彼女は復讐を遂げるため、はじめ世話役として、それ以来、ピアニストの締めくりの女としてひそかに家族の中に好意を持たれつつ浸透していった。この映画で彼女は、国際的な映画批評家の好意を獲得していた。2007年、もともと、文学の教員になりたかったという[4]フランソワが得たのは、再びとなるセザール賞有望若手女優賞のノミネートであった。

ある子供』ならびに『譜めくりの女』の上映を経て、2007年、映画『Les fourmis rouges』、テレビ映画『Dombais et fils』において主役的な役割を演じている。ステファン・カルポー(Stéphan Carpiaux)監督の映画『Les fourmis rouges』では、彼女はアルデンヌ地方の小さな村の中で孤立した16歳の孤児Alexとして、そのセクシュアリティの覚醒を認識していく役を果たしている。同じ年、アンジェで行われた第19回目のヨーロッパの映画祭Festival premiers plans d'Angersで審査員に任命された[7] 。2008年、ジャン=ポール・サロメJean-Paul Salomé)監督の映画『レディ・エージェント 第三帝国を滅ぼした女たち』では、ソフィー・マルソーマリー・ジランモーリッツ・ブライプトロイらとともに出演した。2009年、レミ・ブザンソンRémi Bezançon)監督の悲喜劇『Le premier jour du reste de ta vie』に出演し、彼女は青春期の若者であるフルール役を演じて、セザール賞有望若手女優賞を受賞した、同年、フランソワは、ロミー・シュナイダー賞を授与された。

2010年の1月、フランソワは日本にフランスのオドレイ・フーシェ (Audrey Fouché)監督作品でフランス・カナダ合作映画『メモリーズ・コーナー』撮影のため訪れた。映画は阪神・淡路大震災後の神戸が舞台であり、フランソワはフランス人ジャーナリストであるアダ・セルヴィエ[8]として日本の俳優阿部寛西島秀俊らと共演した[8]。同映画は、2011年度釜山国際映画祭で上映され[8]、2012年5月、フランスで公開された[8]

フィルモグラフィ[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
2005 ある子供
L'Enfant
Sonia
2006 譜めくりの女
La Tourneuse de pages
Mélanie Prouvost
2007 Les Fourmis rouges Alex
L'Été indien Suzanne
Dombais et fils Florence Dombais テレビ映画
2008 レディ・エージェント 第三帝国を滅ぼした女たち
Les Femmes de l'ombre
Gaëlle
Le premier jour du reste de ta vie Fleur
Ah, c'était ça la vie ! Julie テレビ映画
2009 21番目のベッド
Unmade Beds
Vera
Fais-moi plaisir  Aneth 
My Queen Karo Dalia
それが人生だったのさ!
Ah, c'était ça la vie !
ジュリー TV5MONDEで日本語字幕付放映
2010 ザ・レイプ 欲望の報酬
Mes chères études
Laura テレビ映画
2011 マンク 〜破戒僧〜
Le Moine
Valerio
メモリーズ・コーナー
Memories Corner
Ada Servier
Les Tribulations d'une caissière Solweig
2012 タイピスト!
Populaire
Rose Pamphyle
2014 伝説のマエストロ
Maestro
グロリア TV5MONDEで日本語字幕付放映
2015 見知らぬ夫
J'ai épousé un inconnu
エマ テレビ映画
TV5MONDEで日本語字幕付放映
2016 セザンヌと過ごした時間
Cézanne et Moi
オルタンス・セザンヌフランス語版

受賞とノミネート[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Die belgische Nachwuchsschauspielerin Deborah Francois im Portrat”. Deutschlandradio. 2012年9月7日閲覧。
  2. ^ vgl. Keller, Florian: Diskrete Rache an der Bourgeoisie. In: Tages-Anzeiger, 7. Februar 2007, GES, SKOL!, S. 45
  3. ^ a b c vgl. Zips, Martin: „Jetzt nicht, Mami“. In: Süddeutsche Zeitung, 21. Dezember 2007
  4. ^ a b vgl. Lerf, Matthias: Zerstörerische Blondine. In: SonntagsZeitung, 28. Januar 2007, Kultur, abpfiff, S. 51
  5. ^ a b Deborah Francois Sa biographie”. AlloCine. 2012年9月7日閲覧。
  6. ^ Das Interview mit Deborah Francois (Darstellerin)”. outnow.ch. 2012年9月7日閲覧。
  7. ^ vgl. Festival à Angers : La 19e édition du Festival d’Angers, qui a ouvert…. In: Les Echos, 24. Januar 2007, Telex, S. 13
  8. ^ a b c d Memories Corner”. Allocine. 2012年10月1日閲覧。

外部リンク[編集]