タイピスト!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タイピスト!
Populaire
監督 レジス・ロワンサル
脚本 レジス・ロワンサル
ダニエル・プレスリー
ロマン・コンパン
製作 アラン・アタル
出演者 ロマン・デュリス
デボラ・フランソワ
音楽 ロブ
エマニュエル・ドルランド
撮影 ギョーム・シフマン
編集 ソフィー・レンヌ
ロール・ガルデット
配給

フランスの旗Mars Distribution

日本の旗ギャガ
公開

フランスの旗 2012年11月17日
(Sarlat Film Festival)
フランスの旗 2012年11月28日

日本の旗 2013年8月17日
上映時間 111分[1]
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
興行収入 $5,315,819[2]
テンプレートを表示

タイピスト!』(原題: Populaire)は、2012年フランス映画

原題の”Populaire”(ポピュレール)はタイプライター(Japy Populaire)の機種名で、保険代理店主の特訓によって、田舎育ちの女性が世界最速のタイピストを目指す物語である。

あらすじ[編集]

舞台は1958年-1959年のフランス北部。田舎で父の営む雑貨店で働くローズ・パンフィルは、父親から地元の縁談を持ちかけられていた。ローズは田舎を離れようと、ルイ・エシャールが経営する保険代理店の秘書の面接を受ける。他の面接者が地味な格好でいる中、雑貨店の商品だった西独製のタイプライター”Triumph”で覚えたタイプ早打ちの特技と花柄のワンピース姿の彼女は目を引き、1週間の試用で採用が決まる。しかし、結局、タイプライターの早打ち以外取り柄のないローズに対し、ルイは「仕事を続けたいのならタイプライター早打ち大会に出場せよ」と命じる。初出場の1958年大会ではわずか2文字の差で敗退し、世界大会への出場を目指した2人の特訓が始まる。

ローズは下宿を離れ、ルイの自宅に下宿することになった。まずは、ブラインドタッチの習得。そして、『赤と黒』『ボヴァリー夫人』等の文学作品の打ち込みによる練習。さらにローズは、ルイの幼馴染で、今は元米兵ボブの妻となったマリーからピアノを教わる。特訓と奇妙な同居生活を通じて、ローズは”鬼コーチ”であるはずのルイの真実の姿に気付いていく。

やがて迎えた1959年のバス=ノルマンディー地方大会で、ローズは圧勝する。地方紙の一面にも掲載され、ローズは一躍、町の有名人になる。しかしそのことはルイとローズの間に、そしてローズと家族の間に溝を作ってしまった。クリスマスの夜、行き場を失ったローズはマリーを頼る。マリーはローズをルイの家に送り、ルイの家族に対し”婚約者”だと紹介する。ルイの家族からは既成事実として受け止められ、ローズは大歓迎を受ける。ルイは当初抵抗を示すが、ローズが酔った勢いでルイの父に本音で猛反論したのを見て、状況を受け入れる。

全フランス大会のために、二人はパリへ上京する。途中、都会風の服を買いに行ったローズは、露出の高い真っ赤なドレスでルイの前に現れる。反発しあいながらも、二人は結ばれる。翌日の全仏大会、現チャンピオンのアニーは、ジャピー創業家を味方につけ、彼女のために開発された最新モデルを導入し、優勝に絶対の自信を持っていた。決勝戦、二人の結果は互角で、5分間の延長戦が行われることとなった。ルイは、ローズがアニーの結果をとっくの昔に抜いていたと、わざと彼女を怒らせ発奮させる。ローズは見事に優勝するが、ルイは彼女の元を離れてしまう。

ジャピー社と契約したローズは、フランス中のスターになる。ローズの父もローズの活躍を認め”Triumph”を贈るのだった。一方、ルイは新しい秘書を募集していた。だが二人とも行き詰まりを感じていく。ある日、ルイはマリーに自分で無くボブを選んだ理由を聞きに行く。スポーツも事業も、そしてマリーに対しても1番になれなかったルイにとって、マリーの「自分から2番目でいることを望んだ」という指摘はもっともなもので、ルイは不安を彼女に吐露する。

世界大会では、予想通り、アメリカ代表のスーザン・ハンターとの決勝となった。スーザンと違い、心許せるパートナーのいないローズは動揺する。決勝は5分間の三本勝負。1戦目はローズが先取。しかし2戦目はスーザンが世界記録タイで勝った。ローズは楽屋に戻り、ジャピー社の”Populaire”ではなく、父から贈られた”Triumph”を手にする[3]。そこにルイが現れ、愛を告白する。最後のアドバイスは「叩き潰せ」。最終戦、ローズは絶好調だった。ジャミングのアクシデントが起こるが、ローズは冷静に故障を排除し打ち進めていく。結果を待たず、ローズとルイはステージ上で口づけを交わす。結果はローズが世界記録を更新して優勝。その頃、ボブはルイの思いついたゴルフボール式のアイディアをアメリカ企業に売り込んでいた[4]。なぜフランスのアイディアをアメリカに売り込むのかという問いに、ボブは答えた「アメリカ人はビジネスを、フランス人には愛を」と。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

作品解説[編集]

フランスのテレビで放送されたドキュメンタリー番組を見ていたロワンサルがタイプライターの早打ち大会を知り「スポーツにまつわるロマンチック・コメディが撮れるんじゃないか」と思い映画製作にいたった[5]

配役[編集]

ローズ役には、150人が参加したオーディションによってデボラが選ばれた。デボラは、オーディション前は父親の職場からタイプライターを借りて練習をした[5]
ロワンサルはデボラに1950年代の女性たちの体型と立ち居振る舞いを理解させるため、『麗しのサブリナ』などに出演しているオードリー・ヘプバーンを参考にするよう指示をした[6]。撮影前の約半年間は、毎日2-3時間タイピングのトレーニングを積み、全てのタイピングシーンはスタントを使わずデボラ自らが演じ、映像の早送りといった編集もしていない[7]

衣装[編集]

衣装デザイナのシャルロット・ダヴィッドは、この映画のために衣装を何着も制作した。世界大会でのローズの衣装は布からデザインまでデボラと相談しながら制作した[8]

小道具[編集]

撮影のため、1950年代のタイプライターを世界中探して約200台用意した。当時は新製品という設定であったため再塗装を行った[7]
なおローズが使用するPopulaireというピンクのタイプライターは特注品である[5]


公開[編集]

2012年11月28日フランスのセザール映画祭で初公開された[9]

イギリスでは2013年2月にグラスゴー映画祭で上映され、5月31日に劇場公開された[1][10]

アメリカ合衆国では2013年9月6日に公開された[11]

日本では2013年6月に有楽町朝日ホールで開催されたフランス映画祭2013で上映され、観客賞を受賞した[12]。レジス・ロワンサル監督とデボラ・フランソワも映画祭に参加し、舞台挨拶を行っている[13]。2013年8月17日には劇場公開が開始され、17・18日の二日間、全国74回の上映中25回が満席となった[14]ぴあによる公開初週映画の満足度調査ではトップを獲得した[15]

受賞/ノミネート[編集]

部門 対象 結果
ギリシャの旗アテネ フランス映画祭[16] 観客賞 タイピスト! 受賞
フランスの旗第38回セザール賞 撮影賞 ギョーム・シフマン ノミネート
衣裳デザイン賞 シャーロット・デヴィッド ノミネート
新人監督作品賞 タイピスト! ノミネート
作曲賞 Rob and Emmanuel d'Orlando ノミネート
美術賞 シルヴィー・オリヴィエ ノミネート
アメリカ合衆国の旗City of Lights, City of Angels Festival[17] First Feature Award タイピスト! 受賞
フランスの旗20e cérémonie des Trophées du Film français[18] Trophées duos réalisateur-producteur レジス・ロワンサルアラン・アタル 受賞
日本の旗フランス映画祭2013 観客賞 タイピスト! 受賞
フランスの旗Globe de cristal[19] Meilleur Actrice デボラ・フランソワ ノミネート
アメリカ合衆国の旗サンフランシスコ国際映画祭[20] Best Narrative Feature タイピスト! 受賞

脚注[編集]

  1. ^ a b Populaire (2012)”. British Board of Film Classification (2013年5月21日). 2013年5月27日閲覧。
  2. ^ Populaire”. Box Office Mojo. 2013年5月28日閲覧。
  3. ^ ”Populaire”が「大衆」の意であるのに対し、”Triumph”は「勝利」を意味する
  4. ^ 史実では1961年に米国のIBM社(劇中ではICCL社として登場)が発表した"セレクトリック"に劇中でルイが思いついたゴルフボール型の印字部品が搭載された。エンドロールで彼のアイディアが実用化されたことが示される
  5. ^ a b c 映画『タイピスト!』R・ロワンサル監督&D・フランソワ インタビュー”. ダカーポ. マガジンハウス (2013年8月9日). 2013年11月16日閲覧。
  6. ^ PRODUCTION NOTE”. 映画公式サイト. ギャガ (2013年6月). 2013年11月16日閲覧。
  7. ^ a b フランス映画祭2013_6/24(月)『タイピスト!』(原題:Populaire)トークショー”. UniFrance (2013年6月24日). 2013年11月16日閲覧。
  8. ^ 8月17日公開『タイピスト!』デボラ・フランソワ オフィシャルインタビュー”. CINEMA TRIBUNE (2013年8月13日). 2013年11月16日閲覧。
  9. ^ World Tour” (French). Sarlat Film Festival. 2013年6月1日閲覧。
  10. ^ Mowe, Richard (2013年2月9日). “Chic cheerful”. The Herald (Newsquest). http://www.heraldscotland.com/arts-ents/film/chic-cheerful.20111991 2013年6月1日閲覧。 
  11. ^ Populaire (2013)”. The Hollywood Reporter. Prometheus Global Media. 2013年6月1日閲覧。
  12. ^ 観客賞は「Populaire (邦題『タイピスト!』)」に決定!フランス映画祭2013
  13. ^ 公式サイトニュース
  14. ^ 『タイピスト!』大ヒットスタート! 封切り2日間で25回の満席シネマカフェ
  15. ^ 満席の回、続出! 『タイピスト!』が満足度トップにぴあ映画生活
  16. ^ Grivas, Alexis (2013年4月11日). “Our Children wins at Athens Francophone festival”. Screen Daily. Emap International Limited. 2013年5月28日閲覧。
  17. ^ COL•COA 2013 (2013年4月23日). “COL•COA 2013 AWARDS WINNERS”. 2013年11月12日閲覧。
  18. ^ Awards and nominations: French Film Awards 2013” (French). AlloCiné. Tiger Global. 2013年6月26日閲覧。
  19. ^ Nommes 2013” (French). Globes de Cristal. 2013年5月29日閲覧。
  20. ^ 56th San Francisco International Film Festival Wraps the Best 15 Days of the Year for World Cinema Lovers”. San Francisco Film Society (2013年5月13日). 2013年5月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]