昼下りの情事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
昼下りの情事
Love in the Afternoon
Love in the afternoon (1957) - movie poster.jpg
アメリカ合衆国公開時のポスター
監督 ビリー・ワイルダー
脚本 ビリー・ワイルダー
I・A・L・ダイアモンド
原作 クロード・アネ英語版
アリアーヌ英語版
製作 ビリー・ワイルダー
出演者 ゲイリー・クーパー
オードリー・ヘプバーン
モーリス・シュヴァリエ
音楽 フランツ・ワックスマン
撮影 ウィリアム・C・メラー英語版
編集 レオニード・アザール
製作会社 アライド・アーティスツ・ピクチャーズ・コーポレーション
配給 アメリカ合衆国の旗 アライド・アーティスツ・ピクチャーズ・コーポレーション(現在はメトロ・ゴールドウィン・メイヤー
日本の旗 セレクト=松竹共同配給
公開 アメリカ合衆国の旗 1957年6月30日
日本の旗 1957年8月15日
上映時間 134分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $2,100,000(見積値)[1]
興行収入 世界の旗 $5,000,000[1]
配給収入 日本の旗 1億4330万円[2]
テンプレートを表示

昼下りの情事』(ひるさがりのじょうじ、Love in the Afternoon)は、1957年アメリカ合衆国ロマンティック・コメディ映画である。クロード・アネ英語版の小説『アリアーヌ英語版』を原作としている。オードリー・ヘプバーンビリー・ワイルダー監督作品への出演は『麗しのサブリナ』に次いで2度目となった。「魅惑のワルツ」が主題曲として使用されている。

ストーリー[編集]

コンセルヴァトワールチェロを学ぶ純情なパリ娘・アリアーヌ。私立探偵の父シャヴァスのもとへ妻の浮気調査を依頼したX氏が結果を聞きにやって来た。シャヴァスの現像した写真を見たX氏は、妻と一緒に写るアメリカの大富豪・フラナガン氏を今夜撃つと言い残し立ち去る。父の事件を盗み聞きするのを楽しみにしていたアリアーヌは音楽院へ出かけるものの、事件が気になる。フラナガン氏のいるホテル・リッツへ来てみると、X氏がピストルを忍ばせているところにアリアーヌは出くわす。アリアーヌの機転でX夫人は逃れ、危ういところを助かったフラナガン氏は彼女と明日の午後を約束する。

浮気男とデートなどすまいと思ったものの、結局ホテルを訪れ、おいしい食事と美しいムードミュージックというお定まりの手にすっかり参ってしまう。フラナガン氏がパリを出発する時刻が来て世慣れた遊び人のようにあっさり別れるが、アリアーヌは悲しげに音楽院へ向う。

数ヵ月後、オペラでフラナガン氏に再会。翌日ホテルを訪れたアリアーヌに、今度はフラナガン氏が参ってしまい、彼女がことありげに話す男たちのことに気が揉める。偶然出会ったX氏は「シャヴァスに頼め」と忠告。シャヴァスが調査するが、我が娘だった。シャヴァスはフラナガン氏に「あの婦人は箱入り娘で当人の言ったことは全部作り話で、愛しいと思ったらパリを離れることだ」と報告する。アリアーヌがホテルを訪れた時、フラナガン氏は荷造りを終えていた。心乱れるものの世慣れた風を装い、アリアーヌはリヨン駅まで見送る。発車の瞬間、フラナガン氏はアリアーヌを列車に抱えあげる。プラットホームには二人を微笑んで見送るシャヴァスの姿があった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
NET旧版 NET新版 DVD版
フランク・フラナガン ゲイリー・クーパー 黒沢良 小川真司
アリアーヌ・シャヴァス オードリー・ヘプバーン 池田昌子
クロード・シャヴァス モーリス・シュヴァリエ 中村正 巌金四郎 山野史人
X氏 ジョン・マッギーバー英語版 富田耕生 滝口順平 辻親八
ミシェル ヴァン・ドゥードフランス語版 広川太一郎 富山敬 松本大
X夫人 リーズ・ブールダン 瀬尾恵子
4人の楽団 ギューラ・コカス
ミシェル・コカス
ジョージ・コカス
ヴィクター・ガゾッリ
オペラでのブルネット女性 オードリー・ワイルダー
(ビリー・ワイルダーの妻)
犬を連れた夫人 オルガ・ヴァレリー
警官 ボニファス
その他 川久保潔
稲葉まつ子
戸川暁子
野田圭一
磯秀明
高宮武郎
長谷川俊介
演出:春日正伸、翻訳:木原たけし、配給:ユナイテッド・アーチスツ・テレビジョン・ジャパン、プロデューサー:久保田直秀、制作:NETテレビ
  • NET新版:初回放送1973年10月28日『日曜洋画劇場』
  • DVD版:2009年11月6日発売『オードリー・ヘプバーン生誕80周年記念 DVD-BOX』に収録。
演出:春日一伸、翻訳:中井真理、調整:榊枝一也、制作:プロセンスタジオ

スタッフ[編集]

エピソード[編集]

  • 当初、フランク役にはケーリー・グラント、次いでユル・ブリンナーがオファーされていたが断られた。グラントは常にワイルダーの第一候補であったが、いつも都合がつかなかった[3]。この時は27才のオードリー・ヘプバーンにスクリーンで恋するには、52才の自分は年を取り過ぎているという理由で断った[3]。グラントが出なかったことをワイルダーはとても悔しがった[4]
  • モーリス・シュバリエは撮影初日にヘプバーンに「私にあなたのような娘がいたら、どれほど自慢で、どれほど深く愛していたことでしょう」と電報を送ってヘプバーンのハートを掴んでしまった[3]。またヘプバーンの母親が自分のファンで、サイン・コレクターだと知ると、「オードリーの母へ、アリアーヌの父より」とサインした写真を送っている[5][3]。この写真は2004年の日本を最初に世界で開かれた「timeless Audrey」展で実際に展示され、図録にも収録された[5]
  • この映画にはアメリカ版とヨーロッパ版が存在する。年齢の違いすぎるフラナガンとアリアーヌが不道徳と思われないよう、アメリカ版では最後の二人を見送るシーンで父シャバスが“二人は結婚した”とナレーションを入れた[6][7]
  • 上記のようにこの映画には2つのバージョンがあるが、日本では1957年の初公開時と1965年のリバイバル時はヨーロッパ版が公開された可能性が高い。日本公開時のタイトルバックは現在DVDなどで見られるブラインドを閉める上にタイトルが被さるものではなく、カーネーションの上にタイトルが被さるものであった[8][9]。1989年のリバイバル以降はアメリカ版になっている。
  • この映画はモノクロスタンダードサイズで撮影されているが、ビスタサイズで上映されることを想定して画角が決められている[10]。このため、日本では基本ビスタサイズで上映されたが、届いたフィルムがスタンダードサイズだったので、スタンダードで上映されることもあったという[10][8]。ところが『昼下りの情事』は何度も権利元が変わっているため、1989年にリバイバルされた時には上下が大きくカットされたシネマスコープサイズになっていた。初公開時や1965年のリバイバルで見た人からは不満が寄せられたが、権利元にシネマスコープサイズしかなかった[10]。2010年に「第一回午前十時の映画祭」でリバイバルされた際もシネマスコープサイズだったため、“みんなのこえ”でもかなりの不満が寄せられ、「午前十時の映画祭」事務局から2010年4月5日にスクリーンサイズに関してお知らせが発表されている[11]。その後、2017年に「午前十時の映画祭8」でデジタル上映された際にはビスタサイズに改められた。
  • この映画でヒロインの「アリアーヌ巻き」が流行した。大きめのスカーフを三角に折って頭にかぶり、両端を首の前で交差させて後ろで結んだもの[12]

主な受賞歴[編集]

ゴールデングローブ賞[編集]

ノミネート
作品賞 (ミュージカル・コメディ部門)
主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門)モーリス・シュヴァリエ
主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)オードリー・ヘプバーン

ローレル賞[編集]

受賞
作品賞(コメディ部門)
主演女優賞(コメディ部門):オードリー・ヘプバーン

ニューヨーク批評家協会賞[編集]

ノミネート
主演女優賞:オードリー・ヘプバーン

全米監督協会賞[編集]

ノミネート
長編映画監督賞ビリー・ワイルダー

全米脚本家組合賞[編集]

受賞
最優秀脚本賞(コメディ部門):ビリー・ワイルダー、I・A・L・ダイアモンド

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Love in the Afternoon (1957) - Box office / business” (英語). IMDb. 2011年5月18日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)139頁
  3. ^ a b c d バリー・パリス (1998年5月4日初版発行). 『オードリー・ヘップバーン』上巻. 集英社 
  4. ^ チャンドラー『ビリー・ワイルダー』p.176.
  5. ^ a b 『timeless Audrey』. シーボルト・ブックス. (2004年5月22日) 
  6. ^ イアン・ウッドワード (1993年12月25日初版発行). 『オードリーの愛と真実』p211. 日本文芸社 
  7. ^ アレグザンダー・ウォーカー (2003年1月20日). 『オードリー リアル・ストーリー』p196. アルファベータ 
  8. ^ a b 映画の友』1957年10月号. 映画世界社 
  9. ^ 『映画の友11月号臨時増刊 オードリイ・ヘップバーン全集』. 映画の友社. (1966年11月10日発行) 
  10. ^ a b c 『昼下りの情事』DVDライナーノート. ジェネオン・エンタテインメント株式会社. (2003年) 
  11. ^ 『第一回午前十時の映画祭』事務局からのお知らせ”. 2010年4月6日閲覧。
  12. ^ 小林祥次郎『人名ではない人名録』(勉誠出版 2014年p.106)。

外部リンク[編集]