デビッド・テレル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デビッド・テレル
基本情報
本名 デイヴィッド・マイケル・テレル
(David Michael Terrell)
通称 ザ・ソウル・アサシン
(The Soul Assassin)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1978-01-09) 1978年1月9日(39歳)
出身地 カリフォルニア州サクラメント
所属 シーザー・グレイシー柔術アカデミー
身長 183cm
体重 84kg
リーチ 191cm
階級 ミドル級
バックボーン ブラジリアン柔術キックボクシング
テンプレートを表示
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
男子 グラップリング
アブダビコンバット
2003 サンパウロ 88kg級

デビッド・テレルDavid Terrell1978年1月9日 - )は、アメリカ合衆国男性総合格闘家カリフォルニア州サクラメント出身。シーザー・グレイシー柔術アカデミー所属。ブラジリアン柔術黒帯。

来歴[編集]

2000年7月18日、IFC全米ライトヘビー級タイトルマッチでジョーイ・ヴィラセニョールと対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ちを収め王座獲得に成功した[1]。その後米大陸王座新設に伴い初代王座に認定された。

2001年1月13日、IFC米大陸ライトヘビー級タイトルマッチでマルコス・ダ・シウバと対戦し、疲労でギブアップ勝ちを収め初防衛に成功した[2]

2003年5月、アブダビコンバット88kg未満級に出場し、3位決定戦でヒカルド・アルメイダからタップを奪い3位入賞を果たした。

2003年12月21日、初参戦となったパンクラス佐々木有生と対戦し、左ストレートでKO勝ち。

UFC[編集]

2004年8月21日、UFC初参戦となったUFC 49マット・リンドランドと対戦し、パウンドでKO勝ち。

2005年2月5日、UFC 51の世界ミドル級タイトルマッチでエヴァン・タナーと対戦し、パウンドでTKO負けを喫し王座獲得に失敗した。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
8 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
6 2 4 0 0 0 0
2 1 1 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
スコット・スミス 1R 3:08 チョークスリーパー UFC 59: Reality Check 2006年4月15日
× エヴァン・タナー 1R 4:35 TKO(パウンド) UFC 51: Super Saturday
【UFC世界ミドル級王座決定戦】
2005年2月5日
マット・リンドランド 1R 0:24 KO(左フック→パウンド) UFC 49: Unfinished Business 2004年8月21日
渋谷修身 1R 3:04 ヒースチョーク PANCRASE 2004 BRAVE TOUR 2004年3月29日
佐々木有生 2R 0:15 KO(左ストレート) PANCRASE 2003 HYBRID TOUR 2003年12月21日
マルコス・ダ・シウバ 1R 7:02 ギブアップ(疲労) IFC Warriors Challenge 11
【IFC米大陸ライトヘビー級タイトルマッチ】
2001年1月13日
ジョーイ・ヴィラセニョール 1R 2:24 腕ひしぎ十字固め IFC Warriors Challenge 9
【IFC全米ライトヘビー級タイトルマッチ】
2000年7月18日
× ヴァーノン・"タイガー"・ホワイト 5分3R終了 判定0-3 IFC Warriors Challenge 4 1999年8月7日

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ International Fighting Championshipswarrior’s Challenge Ix Full Contact Fighter 2000年7月10日
  2. ^ Pride 12 Quick Results Full Contact Fighter 2000年12月22日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]