デイビッド・マクニール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

デイヴィッド・マクニールDavid Mcneill) はアイルランド出身のフリーのジャーナリストアルスター大学リベラル・アーツの学位を取得[1]。1998年、エディンバラ・ネピア大学で博士号を取得。1995年から1999年、リヴァプール・ジョン・ムーア大学で務める。その後、中国の広東工業大学でも教壇に立つ。2000年から日本に滞在するようになる[2]。拓殖大学、法政大学、東京大学、上智大学[6]非常勤講師を務める。日本外国特派員協会の報道企画委員会委員長[3]を務める。

新聞記者としてはガヴァン・マコーマックが2002年に創設したジャパン・フォーカスの編集者であり[4]、日本に関するニュースをエコノミスト誌やアイリッシュタイムズに寄稿している[5]。また、慰安婦問題に関する「日本の歴史家たちを支持する声明」に上智大学講師、ジャーナリストの肩書で賛同の署名を行っている[6]。『雨ニモマケズ: 外国人記者が伝えた東日本大震災』の共同著者。

その他[編集]

2016年1月、英字新聞の「Number 1 Shimbun」に「In the valley of the trolls(トロールという敵だらけの世界で)」の記事を寄稿。インターネットで誹謗中傷を行う「インターネット・トロル」から日本で最も被害を受けてると述べている[7]

脚注[編集]

  1. ^ Profile: David McNeill”. Foreign Correspondents Club of Japan (2013年10月4日). 2013年10月14日閲覧。 “McNeill won a place as a mature student at the University of Ulster, studying a liberal arts degree.”
  2. ^ Profile: David McNeill[1]
  3. ^ [2]
  4. ^ [3]
  5. ^ デイリーメール 2014年11月28日「Japan's ruling party accused of shying from election questions」 "McNeill, who writes for The Economist and the Irish Times"[4]
  6. ^ 日本の歴史家を支持する声明[5]
  7. ^ 「売国奴」「この国から去れ!」外国人記者に罵声を浴びせる彼らは何者か 現代ビジネス 2016年03月18日

外部リンク[編集]