ツバメウオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ツバメウオ
Platax teira 2.jpg
ツバメウオ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : 棘鰭上目 Acanthopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : ニザダイ亜目 Acanthuroidei
: マンジュウダイ科 Ephippidae
: ツバメウオ属 Platax
: ツバメウオ P.teira
学名
Platax teira (Forsskål, 1775)
和名
ツバメウオ
英名
Batfish
Tiera batfish

ツバメウオ(燕魚、Platax teira)は、スズキ目ニザダイ亜目マンジュウダイ科に属するの一種。別名、ツバクロ(燕、ツバメの古名)、ツバメダイ(燕鯛)、アブラウオ(脂魚)など。 本種が属する科を「スダレダイ科」とする文献もある。

分布[編集]

太平洋西部からインド洋紅海の温暖な海域に生息する。 日本では、北海道釧路から琉球列島沿岸の中層に分布する。[1]

形態[編集]

全長30-100 cm。 体はセイヨウナシ形で側扁している。老成魚はが僅かに突出する(吻前縁が真っ直ぐ)。背鰭と臀鰭が相似形で大きい。背鰭の後縁が黒く、体側には黒い帯が三本あるが、成魚では不明瞭である。尾鰭後縁は二重湾入形で黒い。腹鰭基部後方に黒色円斑がある。腹鰭は黄色みがかる。死後、全体的に黒ずみ、模様は不鮮明となる。

ツバメウオ 2017.11.13 鹿島港

幼魚は体が菱形で、背鰭と臀鰭が成魚より著しく大きく、紋様の黒い部分が広くはっきりとしている。幼魚の大きい鰭は成長につれ小さくなる。

生態[編集]

群れで沿岸の中層に棲み、幼魚は水面の近くで体を横にして浮き、浮遊物に擬態する。

利用[編集]

日本近海には少なくあまり利用されないが、他産地ではよく利用され、美味だとされる。

食味はイシダイに似ており、鰭が発達した魚であるため、縁側を中心に盛りつけ、刺身で頂くと脂がのっていて、とても美味である。

ツバメウオの食味はイシダイに似てとても旨みがある

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 中坊徹次編 『日本産魚類検索全種の同定第二版Ⅱ』東海大学出版会、2000年12月20日、1313頁。 NAID 10007539120 

参考文献[編集]

関連項目[編集]