コンテンツにスキップ

ツバメウオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ツバメウオ
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
: マンジュウダイ科 Ephippidae
: ツバメウオ属 Platax
: ツバメウオ P.teira
学名
Platax teira (Forsskål1775)
シノニム[2]
  • Chaetodon teira Forsskål, 1775
英名
longfin batfish
Tiera batfish

ツバメウオ(燕魚、Platax teira)は、マンジュウダイ科に属するの一種。別名、ツバクロ(燕、ツバメの古名)、ツバメダイ(燕鯛)、アブラウオ(脂魚)など。本種が属する科を「スダレダイ科」とする文献もある。

分類

[編集]

本種はフィンランド探検家東洋学者博物学者であるPeter ForsskålによってChaetodon teiraとして記載され、タイプ産地はイエメン紅海沿岸のAl Luḩayyahとされている。1876年にピーター・ブリーカーによってツバメウオ属のタイプ種に指定された。種小名 teira は、アラビア語 teyraラテン語化である[3]

分布・生態

[編集]

太平洋西部からインド洋紅海の温暖な海域に分布する[2]日本では、北海道釧路から九州の太平洋沿岸、新潟県から長崎県の日本海・東シナ海沿岸、屋久島、琉球列島、小笠原諸島に分布し、沿岸部の中層に生息する[4][5]

ニュージーランドアイランズ湾(英語版)でも記録がある[2]オーストラリアでは、西オーストラリア州から北部まで、南はニューサウスウェールズ州まで分布する[6]2004年のスマトラ島沖地震の後、インドマンナール湾で発見された[7]地中海ではトルコ沖とイスラエル沖で2回発見されている[8][9][10]

流れ藻、瓦礫、人工魚礁の間に生息することが知られている。沿岸の浅瀬から沖合の深場まで生息している[6]。通常沿岸の中層で群れており、幼魚は水面の近くで体を横にして浮き、浮遊物に擬態する。雑食であり、プランクトン、小型無脊椎動物藻類を捕食する。稚魚は浮遊物の中に留まり、稚魚同士が出会いながら群れを形成していく。成長すると沿岸から離れ、ホンダワラなどの流れ藻の下で大きな群れを形成する[2]

形態

[編集]
ツバメウオ 2017.11.13 鹿島港

全長は最大70 cm[2]。腹鰭基部の後方に黒斑があり、尻鰭の付け根の上には縦長の黒斑がある[5]。体は側扁し、横から見ると円形で、全体的にはセイヨウナシ形。老成魚はが僅かに突出する(吻前縁が真っ直ぐ)。背鰭と臀鰭が相似形で大きい。体色は銀色、灰色、または茶色。背鰭の後縁が黒く、体側には眼や胸鰭を通る横帯があり、成魚では不明瞭である[6]尾鰭は二重湾入形で、後縁は黒い。腹鰭は黄色みがかる。死後、全体的に黒ずみ、模様は不鮮明となる。

幼魚は体が菱形で、背鰭と臀鰭が成魚より著しく大きく、紋様の黒い部分が広くはっきりとしている[11]。幼魚の大きい鰭は成長につれ小さくなる。稚魚は体が茶色く、枯葉のように見える。

利用

[編集]
本種の刺身

食用

[編集]

釣りスピアフィッシングトロール網などで漁獲される[12]。日本近海には少なく、あまり利用されないが、食味はイシダイに似ており、鰭が発達した魚であるため、縁側を中心に盛りつけ、刺身で頂くと脂がのっていて、とても美味である。

飼育下

[編集]

非常に大人しく、群れを作る。攻撃的な種と一緒に飼育すべきではない。通常、購入時は小さいが、すぐに成長する。水族館ではよく飼育される。

脚注

[編集]
  1. ^ Carpenter, K.E.; Robertson, R. (2019). Platax teira. IUCN Red List of Threatened Species 2019: e.T54007396A54023123. doi:10.2305/IUCN.UK.2019-2.RLTS.T54007396A54023123.en. https://www.iucnredlist.org/species/54007396/54023123 2024年1月9日閲覧。. 
  2. ^ a b c d e Froese, Rainer and Pauly, Daniel, eds. (2024). "Platax teira" in FishBase. January 2024 version.
  3. ^ Order ACANTHURIFORMES (part 2): Families EPHIPPIDAE, LEIOGNATHIDAE, SCATOPHAGIDAE, ANTIGONIIDAE, SIGANIDAE, CAPROIDAE, LUVARIDAE, ZANCLIDAE and ACANTHURIDAE”. The ETYFish Project Fish Name Etymology Database. Christopher Scharpf and Kenneth J. Lazara (2021年1月12日). 2024年1月10日閲覧。
  4. ^ 中坊徹次編『日本産魚類検索全種の同定第二版Ⅱ』東海大学出版会、2000年12月20日、1313頁。 NAID 10007539120 
  5. ^ a b 『小学館の図鑑Z 日本魚類館』p.432
  6. ^ a b c Mark McGrouther (2022年5月6日). “Roundface Batfish, Platax teira Forsskål, 1775”. Australian Museum. 2023年4月6日閲覧。
  7. ^ Marimuthu, N.; J.J. Wilson; A.K. Kumaraguru (2005). “Teira batfish, Platax teira (Forsskal, 1775) in Pudhumadam coastal waters, drifted due to the tsunami of 26 December 2004”. Current Science 89 (8): 1310–1312. https://www.jstor.org/stable/24110828. 
  8. ^ Atlas of Exotic Fishes in the Mediterranean Sea (Platax teira). 2nd Edition. 2021. 366p. CIESM Publishers, Paris, Monaco.https://ciesm.org/atlas/fishes_2nd_edition/Platax_teira.pdf
  9. ^ Bilecenoglu, M., & Kaya, M. (2006). A new alien fish in the Mediterranean Sea–Platax teira (Forsskål, 1775)(Osteichthyes: Ephippidae). Aquatic Invasions, 1(2), 80-83.
  10. ^ Daniel Golani; Oren Sonin & Dor Edelist (2011). “Second records of the Lessepsian fish migrants Priacanthus sagittarius and Platax teira and distribution extension of Tylerius spinosissimus in the Mediterranean”. Aquatic Invasions 6 (1, supplement): s7–s11. doi:10.3391/ai.2011.6.S1.002. 
  11. ^ Bray, D.J. (2019年). “Platax teira”. Fishes of Australia. Museums Victoria. 2024年1月10日閲覧。
  12. ^ P. C. Heemstra (2001). “Ephippidae (spadefishes (batfishes)”. In Carpenter, K.E.. The Living Marine Resources of the Western Central Pacific Volume 5: Bony fishes part 3 (Menidae to Pomacentridae). FAO Species Identification Guide for Fishery Purposes. FAO Rome. p. 3619. https://www.fao.org/3/y0870e/y0870e26.pdf 

参考文献

[編集]

関連項目

[編集]