ホンダワラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホンダワラ
分類
ドメイン : 真核生物 Eukaryota
: クロムアルベオラータ Chromalveolata
亜界 : ストラメノパイル Stramenopiles
: 不等毛植物門 Heterokontophyta
: 褐藻綱 Phaeophyceae
: ヒバマタ目 Fucales
: ホンダワラ科 Sargassaceae
: ホンダワラ属 Sargassum
: ホンダワラ S. fulvellum
学名
Sargassum fulvellum (Turner) C.Agardh[1]
シノニム

Sargassum enerve[1]

和名
ホンダワラ

ホンダワラ(馬尾藻、神馬藻、学名Sargassum fulvellum)は、褐藻綱ホンダワラ科ホンダワラ属海藻の1種。同じホンダワラ科には、ヒジキアカモクがある。古くは、なのりそ(莫告喪)とも呼ばれた。

概要[編集]

柔軟質で、は披針形をしており切れ込みがあるのが特徴。楕円や倒卵形の気泡を有することで浮力を得て流れ藻となる。古くから食用や肥料、飾り物として用いられていた。また古称のなのりそは、和歌の中で「なのりその」を「名」や「名告(なの)る」に係る序詞とされた。

最近ではサトウキビトウモロコシなどを元につくられるバイオマスエタノールの生産にホンダワラを使用する計画が進行している。実現すれば、食料との競合の回避や二酸化炭素の吸収だけでなく海洋の浄化にも貢献できるとして、アオサと共に期待されている。

脚注[編集]

関連項目[編集]