マンナール湾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マンナール湾
Locatie Golf van Mannar.PNG
位置 北緯8度28分 東経79度01分 / 北緯8.47度 東経79.02度 / 8.47; 79.02座標: 北緯8度28分 東経79度01分 / 北緯8.47度 東経79.02度 / 8.47; 79.02
流域国 インド, スリランカ
南北長 160 km
最大幅 130~275 km
平均水深 1335 m
脚注 [1][2]
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

マンナール湾英語: Gulf of Mannarシンハラ語: මන්නාරමි ‌බොක්කタミル語: மன்னார் வளைகுடா)はインド洋ラッカディブ海に存在するインド亜大陸南端東岸とセイロン島西岸の間の海域を指す。湾の北部は、アダムスブリッジと呼ばれる大陸とセイロン島を繋ぐ小島と浅瀬の地形により、ポーク海峡と区切られている。アダムスブリッジの東にはマンナール島英語版が存在する。湾内には、南インドからはタミラバラニ川英語版が、セイロン島からはマルワツ川英語版が流入している。

脚注[編集]

  1. ^ J. Sacratees, R. Karthigarani (2008). Environment impact assessment. APH Publishing. p. 10. ISBN 81-313-0407-8. http://books.google.com/books?id=XwVX-85oI0EC&pg=PA10. 
  2. ^ Gulf of Mannar, ソビエト大百科事典 (ロシア語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]