チェロソナタ (ラフマニノフ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
終楽章の一部

セルゲイ・ラフマニノフの《チェロ・ソナタ ト短調》作品19は、1901年に作曲されたチェロソナタ。ラフマニノフは本作においてピアノは単なる伴奏ではなく、チェロとピアノが対等な関係にあると考えていた。

概要[編集]

ラフマニノフは1900年までの3年間を、あまり生産的でなく過ごした。このような状況に至ったのは、《第1交響曲》が初演の後で酷評されてからだった。それからのラフマニノフは鬱病に苛まれ、ニコライ・ダーリ博士の催眠療法を受けている。1900年にラフマニノフは《ピアノ協奏曲 第2番》に取り組んだ後、速やかに《チェロ・ソナタ》に着手したのであった。

本作は、作曲者の友人アナトーリー・ブランドゥコーフに献呈され、1901年12月2日にブランドゥコーフと作曲者自身のピアノによってモスクワで初演されている[1]。ブランドゥコーフは《悲しみの三重奏曲 第1番》(1892年完成)の初演者でもあった。初演後、ラフマニノフは改訂を加えたとみられ、初版には「1901年12月12日」と記載されている[2]

楽曲は以下の4楽章から成る。

  1. レント – アレグロ・モデラート(ト短調)
  2. アレグロ・スケルツァンド(ハ短調)
  3. アンダンテ(変ホ長調)
  4. アレグロ・モッソ(ト長調)

演奏時間は約35分強(1楽章反復あり)の大作。

主要な音源[編集]

アレンジ[編集]

ロシアのピアニスト、アルカーディ・ヴォロドスは第3楽章をピアノ独奏用に編曲しており、録音も残している。

脚注[編集]

  1. ^ Norris, Geoffrey (1993). The Master Musicians: Rachmaninoff. New York City: Schirmer Books. pp. 11, 19, 33, 38, 40, 123, 124, 168, 177. ISBN 0-02-870685-4. https://books.google.com/books?id=aPc2AAAACAAJ. 
  2. ^ Classical Archives

外部リンク[編集]