チェロソナタ (ラフマニノフ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
終楽章の一部

セルゲイ・ラフマニノフの《チェロ・ソナタ ト短調》作品19は、1901年に作曲されたピアノとチェロのためのソナタピアノに大役が課せられている。本作ではピアノとチェロとが対等な関係にあると考えていたラフマニノフ自身は「チェロソナタ」と呼ばれることを好まず[1]、初版でも上記のように「ピアノとチェロのためのソナタ」と表記している[2]

ラフマニノフは1900年までの3年間を、あまり生産的でなく過ごした。このような状況に至ったのは、《第1交響曲》が初演の後で酷評されてからだった。それからのラフマニノフは鬱病に苛まれ、ニコライ・ダーリ博士の催眠療法を受けている。1900年にラフマニノフは《ピアノ協奏曲 第2番》に取り組んだ後、速やかに《チェロ・ソナタ》に着手したのであった。

本作は、作曲者の友人アナトーリー・ブランドゥコーフに献呈され、1901年12月2日にブランドゥコーフと作曲者自身のピアノによってモスクワで初演されている[3]。ブランドゥコーフは《悲しみの三重奏曲 第1番》(1892年完成)の初演者でもあった。初演後、ラフマニノフは改訂を加えたとみられ、初版には「1901年12月12日」と記載されている[4]

本作は直前の10月27日に初演された《ピアノ協奏曲第2番》の大成功の陰に隠れる形となってしまったが、現在ではチェロ奏者の主要なレパートリーとして定着している。

楽曲は以下の4楽章から成る。

  1. レント – アレグロ・モデラート(ト短調)
  2. アレグロ・スケルツァンド(ハ短調)
  3. アンダンテ(変ホ長調)
  4. アレグロ・モッソ(ト長調)

ロマンティックな雰囲気は、とりわけアンダンテ楽章において顕著である。一方、第2楽章はずっと荒々しく、旋律的な部分と好対照をなしている。

演奏時間は約30分。

主要な音源[編集]

アレンジ[編集]

ロシアのピアニスト、アルカーディ・ヴォロドスは第3楽章をピアノ独奏用に編曲しており、録音も残している。

脚注[編集]

  1. ^ Culshaw, J. (1949). Rachmaninoff. London: Dobson. pp. 138. 
  2. ^ Harrison, Max (2006). Rachmaninoff: Life, Works, Recordings. London: Continuum. pp. 101–3. ISBN 0-8264-9312-2. 
  3. ^ Norris, Geoffrey (1993). The Master Musicians: Rachmaninoff. New York City: Schirmer Books. pp. 11, 19, 33, 38, 40, 123, 124, 168, 177. ISBN 0-02-870685-4. https://books.google.com/books?id=aPc2AAAACAAJ. 
  4. ^ Classical Archives

外部リンク[編集]