ヤコフ・フリエール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヤーコフ・ヴラディーミロヴィチ・フリエール
Brussels 1938 2.jpg
左からDossor、フリエール、Johnstone、エミール・ギレリス、アンドレ、Dumortier
基本情報
生誕 (1912-10-21) 1912年10月21日
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 モスクワ州オレーホヴォ=ズーイェヴォ
死没 (1977-12-18) 1977年12月18日(65歳没)
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト、音楽教師
担当楽器 ピアノ

ヤーコフ・ヴラディーミロヴィチ・フリエールロシア語: Я́ков Влади́мирович Флие́р ヤーカフ・ヴラディーミラヴィチュ・フリイェール / Yakov Vladimirovich Flier, 1912年10月21日 モスクワ州オレーホヴォ=ズーイェヴォ - 1977年12月18日 モスクワ)は、ソビエト連邦ピアニスト・音楽教師。姓のラテン文字転写については、 Fliere もしくは Fliyer とする場合もある。

経歴[編集]

1912年、モスクワ州オレーホヴォ=ズーイェヴォ生まれ。父は芸術学者・文化学者として有名なアンドレイ・フリエールである。1934年にモスクワ音楽院のピアノ科を卒業し、同音楽院研究科で1937年までコンスタンチン・イグムーノフの下で学んだ。1935年からは活発な音楽活動を行い、モスクワ・フィルハーモニーのソリストとして国内外で演奏した。1930年代までにロシアで最も著名な演奏会ピアニストとなる。

コンクールへの出場としては、1936年にウィーンで行われた国際コンクールに出場して優勝した。その際の2位はエミール・ギレリスであった。1938年にはブリュッセルで行われたイザイ国際コンクールに出場し、3位となった。この時はギレリスが優勝した。 1949年には手の故障によりソロ演奏活動を停止し、室内アンサンブルの演奏に転身した。しかし、1959年には再び出演もしている。

1960~1970年、ベルギーチェコスロバキアハンガリー日本イギリスフランスなど多くの国で演奏を行った。また、1937年からモスクワ音楽院で教えていた。

母校のモスクワ音楽院にて長年にわたって後進を指導。主要な門人にロディオン・シチェドリンヴィクトリア・ポストニコワミハイル・プレトニョフレフ・ヴラセンコミハイル・ファエルマンベラ・ダヴィドヴィチレジーナ・シャムヴィリショシャナ・ルディアコフムーザ・ラベッカらがいる。

演奏について[編集]

シューマンショパンリストラフマニノフなど専らロマン派音楽の演奏家であったが、それでも同時代のソ連の音楽、例えばハチャトゥリアンの《ピアノ協奏曲》や、とりわけカバレフスキーの作品を演奏している。 同世代のエミール・ギレリスとは互いに好敵手であった。1960年代から1970年代にかけて西欧でも演奏するようになった。

外部リンク[編集]

脚注[編集]