エリソ・ヴィルサラーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリソ・ヴィルサラーゼ
基本情報
出生名 ელისო კონსტანტინეს ასული ვირსალაძე
Элисо Константиновна Вирсаладзе
出生 1942年9月14日(71歳)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦トビリシ
学歴 トビリシ音楽院、モスクワ音楽院
ジャンル クラシック
職業 ピアニスト、音楽教師
担当楽器 ピアノ

{{{Influences}}}

エリソ・ヴィルサラーゼグルジア語: ელისო კონსტანტინეს ასული ვირსალაძეロシア語: Эли́со Константи́новна Вирсала́дзе、ラテン文字転写例: Eliso Virsaladze, Elisso Wirssaladze1942年9月14日トビリシ - )はグルジアの女性ピアニストである。演奏家としてのみならず、教育者としても名高い。

概要[編集]

グルジアで有名な音楽教師であった祖母アナスターシヤ・ヴィルサラーゼよりピアノの指導を受けた後、トビリシ音楽院で学んだ。卒業後さらにモスクワ音楽院ゲンリフ・ネイガウスヤコフ・ザークに学んだ。1962年にチャイコフスキー国際コンクールで3位に入賞し、1966年にはツヴィッカウのロベルト・シューマン・コンクールで優勝した。スヴャトスラフ・リヒテルと親交を結び、深く影響を受けたことでも知られる。

ルドルフ・バルシャイキリル・コンドラシンリッカルド・ムーティクルト・ザンデルリングヴォルフガング・サヴァリッシュエフゲニー・スヴェトラーノフユーリ・テミルカーノフアントニ・ヴィトなどの著名な指揮者のもと、世界の主要なオーケストラと共演して、演奏活動を続けている。室内楽の分野でも活躍しており、オレグ・カガンナターリヤ・グートマンボロディン弦楽四重奏団、タネーエフ四重奏団と共演し、録音も残している。

モーツァルトベートーヴェンショパンシューマンブラームスなどのヨーロッパの作曲家の作品や、チャイコフスキーをはじめとするロシア音楽を主要なレパートリーとする。特にシューマン作品の解釈には定評があり、リヒテルはヴィルサラーゼを「世界一のシューマン奏者」と称えていた。

教育者としても名高い存在で、1967年にモスクワ音楽院の教員に迎えられ、1993年に正教授に就任した。1995年から2011年の間はミュンヘン音楽大学、2010年からはフィレンツェのフィエーゾレ音楽院でも教壇に立っている。著名な弟子にボリス・ベレゾフスキーなどがいる。世界の主要なコンクールの審査員としても活躍している。

1969年グルジア人民芸術家1989年ソ連人民芸術家の称号を得ている。

外部リンク[編集]

参考文献[編集]