ダ・ヴィンチ文学賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ダ・ヴィンチ文学賞(ダ・ヴィンチぶんがくしょう)は、メディアファクトリーの雑誌『ダ・ヴィンチ』で募集されていた新人文学賞である。400字詰め原稿用紙換算で100枚から200枚の小説を募集した。作品のジャンルは不問。受賞者には賞金100万円が授与され、受賞作(またはそれを含む作品集)がメディアファクトリーから刊行された。

大賞以外の賞金は、優秀賞・読者賞が20万円、編集長特別賞が10万円。

2012年の第7回をもって終了し、後継の賞として募集内容を「本にまつわる物語」に限定したダ・ヴィンチ「本の物語」大賞が設けられた。

受賞作一覧[編集]

特記がなければ、初刊はメディアファクトリー〈ダ・ヴィンチブックス〉、文庫はMF文庫ダ・ヴィンチ刊。

回(年) 応募数 受賞・入選作 著者 初刊 文庫化
第1回(2006年) 531編 大賞 「ようちゃんの夜」 前川梓 2006年8月 2008年6月
優秀賞 「Go, HOME」 橘夏水
優秀賞 「But Beautiful」 沢木まひろ 2008年10月[注 1]
編集長特別賞 「POKKA POKKA」 中川充 2008年6月
第2回(2007年) 447編 大賞 「うさぎパン」[注 2] 瀧羽麻子 2007年8月 2011年2月[注 3]
優秀賞 「山下バッティングセンター」 曽我部敦史 2007年9月
編集長特別賞 「FISH IN THE SKY」 岡本蒼 2008年2月
第3回(2008年) 553編 大賞 「地図男」 真藤順丈 2008年9月
読者賞 「朝顔の朝」[注 4] 遠野りりこ 2008年8月
編集長特別賞 吉野北高校図書委員会 山本渚 2008年8月
2014年6月[注 5]
第4回(2009年) 590編 大賞 「ゴボウ潔子の猫魂」[注 6] 朱野帰子 2010年1月 2012年1月
第5回(2010年) 634編 大賞 該当作なし
読者賞 「結婚せえ」 里中智矩
第6回(2011年) 628編 大賞 「笑えよ」 工藤水生 2012年3月 2015年2月
第7回(2012年) 478編 大賞 該当作なし

ダ・ヴィンチ文学賞A.S.[編集]

2009年より、ダ・ヴィンチ文学賞の新部門として「ダ・ヴィンチ文学賞A.S. ゼロワングランプリ」が開始された。A.S.は「Another Stage」を意味するとされる。

この部門では、物語の原案を募集する。応募者は、応募規定に定められた3つのテーマを含む5つの原案を作成し応募する。「ゼロワン」とは、ゼロから1を生みだすクリエイターを募集するというこの賞の趣旨からの命名である。

大賞受賞者には賞金20万円が与えられる。また、受賞作は小説化され、書籍として刊行される。この際、応募者自身が小説化するか、応募者以外の人が小説化するかは、受賞者確定後に受賞者と検討される。[1]

第1回の締切は2009年8月末日で、2009年12月に結果が発表された。

  • 第1回(2009年)
    • グランプリ - 月島総記(つきしま そうき)『巴里(パリ)の侍』 - 自ら小説化し、同題で2010年12月刊行(ダ・ヴィンチブックス)
    • ストーリー・クリエイター奨励賞 - 佐東みどり
    • 審査員特別賞 - 烏丸舎人(からすま とねり)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『きみの背中で、僕は溺れる』所収
  2. ^ 応募時「虹と観覧車と白いうさぎ」
  3. ^ 幻冬舎文庫『うさぎパン』所収
  4. ^ 刊行時『朝に咲くまでそこにいて』に改題
  5. ^ 角川文庫
  6. ^ 『マタタビ潔子の猫魂』に改題

出典[編集]

  1. ^ ゼロワングランプリ公式サイト参照(外部リンク)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]