朱野帰子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
朱野 帰子
(あけの かえるこ)
誕生 1979年昭和54年)
日本の旗 東京都中野区
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士(文学)
最終学歴 早稲田大学第一文学部卒業
活動期間 2010年 -
ジャンル ホラー小説ほか
主な受賞歴 ダ・ヴィンチ文学賞大賞(2009年)
デビュー作 『マタタビ潔子の猫魂』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

朱野 帰子(あけの かえるこ[1]1979年昭和54年〉[2] - )は、日本小説家

来歴[編集]

東京都中野区生まれ[3]2001年早稲田大学第一文学部卒業[4]。会社勤務を経る[5]

大学卒業後、マーケティングプランニングの会社に入社。この時は多くの残業が当たり前で、徹夜も多い所だったという[6]。ここに7年勤務の後、2009年に製粉会社に転職。この会社では定時退社が基本で、残業をしていたらとても驚かれ、1年のうちに1週間連続したリフレッシュ休暇を取らなければ始末書を書かなくてはならなかったというほどの所だった。『わたし、定時で帰ります。』は、この社会人時代の経験が基になっているという[7][8][9]

2009年、『マタタビ潔子の猫魂』(「ゴボウ潔子の猫魂」を改題)でメディアファクトリーが主催する第4回ダ・ヴィンチ文学賞大賞を受賞し[10][11]、小説家デビューを果たす。2013年、『駅物語』が読売新聞サンデー毎日王様のブランチなど多くのメディアに取り上げられ、大きな反響を呼ぶ[12]2015年、『海に降る』が連続ドラマ化される[13]。徹底的な取材と軽快な筆致による作風で人気を博している[12]

作品リスト[編集]

単著[編集]

アンソロジー[編集]

「」内が収録されている朱野帰子の作品

  • 怪談実話 FKB話 饗宴(2011年5月 竹書房文庫)「切らないで」「選ばれた新人」
  • 怪談実話 FKB饗宴2(2011年12月 竹書房文庫)「隣の人々」「いちかばちか」「名付け」「動物霊」「ガチャン」
  • 怪談実話系 書き下ろし怪談文芸競作集7(2012年2月 MF文庫ダ・ヴィンチ)「必ず参上」
  • 本をめぐる物語 一冊の扉(2014年2月 角川文庫)「初めて本をつくるあなたがすべきこと」
  • そっと、抱きよせて 競作集 怪談実話系(2014年7月 角川文庫)「獣の夜」
  • きっと、夢にみる 競作集 怪談実話系(2015年4月 角川文庫)「鏡の男」

メディア・ミックス[編集]

テレビドラマ[編集]

WOWOW
TBS

ラジオドラマ[編集]

NHK-FM放送
  • 青春アドベンチャー 海に降る(2012年11月19日 - 11月30日)
  • 特集オーディオドラマ 星を掘れ(2013年7月27日) - 『海に降る』のスピンオフ特番

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 有村架純が「しんかい6500」日本人初の女性パイロット役に!『連続ドラマW 海に降る』 - エキサイトニュース
  2. ^ 海に降る/朱野帰子/著 本・コミック : オンライン書店e-hon
  3. ^ マタタビ潔子の猫魂 朱野帰子 メディアファクトリー|ブックレビューサイト・ブックジャパン
  4. ^ 覚悟さえあれば、夢に賭けるのもいい 作家 朱野 帰子(ペンネーム)
  5. ^ 公募ガイド 編集部ブログ : 第4回ダ・ヴィンチ文学賞&第3回幽怪談文学賞授賞式
  6. ^ 日刊ゲンダイ 2019年4月16日 11面「喜怒哀楽のサラリーマン時代」
  7. ^ 喜怒哀楽のサラリーマン時代 朱野帰子さん<3>転職先は製粉会社 驚くほどホワイトだった(1/4)”. 日刊ゲンダイ (2019年4月18日). 2019年5月27日閲覧。
  8. ^ 喜怒哀楽のサラリーマン時代 朱野帰子さん<3>転職先は製粉会社 驚くほどホワイトだった(2/4)”. 日刊ゲンダイ (2019年4月18日). 2019年5月27日閲覧。
  9. ^ 喜怒哀楽のサラリーマン時代 朱野帰子さん<5>もう心から会社を信じることができない”. 日刊ゲンダイ (2019年4月20日). 2019年5月27日閲覧。
  10. ^ 第4回ダ・ヴィンチ文学賞に朱野帰子さんの『ゴボウ潔子の猫魂』 - 新刊JPニュース
  11. ^ 今月のプラチナ本 2013年10月号『駅物語』 朱野帰子 | ダ・ヴィンチニュース
  12. ^ a b 駅物語 朱野帰子||講談社BOOK倶楽部
  13. ^ 「しんかい6500」で日本初のドラマ撮影 『海に降る』ドラマ化 | ORICON STYLE

外部リンク[編集]