ダマ奈津子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ダマ 奈津子(だま なつこ、1945年9月7日 - )(本名は打間 奈津子。読みは同じだが、読み間違え、打ち間違えられることが多いことから、"ダマ"とカタカナ表記にした。)は、日本実業家

兵庫県出身。20歳で上京英会話教室を主催し成功を収める。その後、株式会社カルチャービジネスを設立し、結婚式のプロデュース、北野町神戸市)の異人館のイベント企画等を展開するとともに、人材派遣アウトソーシング)事業、コミュニティー活動などに尽力する。

2006年10月から、2年間にわたりラジオのパーソナリティを担当していた。

2014年頃から、日本一の人脈持ちと自称する。

世の為、人の為、次世代の為、50年以上の事業と人脈のノウハウを皆に与え教えることに徹する為に「一般社団法人ダマ会[1]」を立ち上げた。

出演番組[編集]

いずれもABCラジオ

履歴[編集]

  • 1965年 20歳で上京し、英会話学校を経営し成功する
  • 1974年 ジーンズショップを開業
  • 1981年 公開異人館「アメリカンハウス」オープン
  • 1982年 公開異人館「ペルシャ館」オープン
  • 1983年 コンテナハウスを利用した北野町ミニFM局開設
  • 1984年 会員制レストラン「カサブランカ」オープン
  • 1984年 ペルシャ館にて、シルクロードファッションショー開催
  • 1985年 映画異人館「ハリウッドスターウェイ」オープン
  • 1987年 ブライダル館「ジュノーの館」オープン
  • 1988年 衣装館「桂由美ブライダルミュージアム」オープン

      桂由美さんとの共同宣言で北野町は、ブライダルビレッジの名乗りをあげる

  • 1989年 日本初テディベアの異人館「ハニーベアワンダーランド」オープン

      「国際花と緑の博覧会」に於いてのウェディングチャーチプロデューサー として活躍

      住友金属工業(株)関係会社である住金エンタープライズ株式会社の取締役として、「THE CITY CLUB」のプロデューサーに就任

      防災の日(9・1)に設立された日本初、民間による「日本レスキュー協会」の発起人として会長に就任

      尾原病院理事・経営本部長就任

      老人保健施設「コスモス苑」理事・経営本部長就任

  • 1998年 台湾家庭小皿料理“マダム飲茶”
  • 2000年 社会福祉法人幸陽会理事就任

      女性起業家ネットワーク作りを全国に呼びかける

      体調を崩し、しばらく震災ならびに療養するため異人館やレストランなどを一旦閉店するが、顧問契約に尽力する為に、事業は継続している。

      退院後、各種企業の顧問、ビジネス・イベントプロデューサーとして活躍。

  • 2003年 大阪・南港エリアに引きこもり対策等、現代社会が抱える問題解決の足がかりとなるべくクラウンアートスクール設立、理事長に就任

      高齢化社会に備え、介護ヘルパーの質と地位の向上を目的とした

      「日本介護ヘルパー会」設立。発起人として副理事長に就任

  • 2004年 メインパーソナリティーをつとめる、ラジオ関西「人生これから」オンエアー
  • 2006年 社会福祉法人かがやき神戸財政事業部委員長に就任

      朝日放送にて毎週日曜日午後7:30~8:00「ダマ奈津子のときめきライフ」オンエアー

      X JAPANToshlと「打間奈津子とTOSHIのおトシダマ企画トーク&ライブショー」を各地で開催。


現在は神戸異人館ブーム、レストランウェディングをしかけたと同様に神戸の街おこしに力を入れ、企業の顧問役、老若男女、職種を問わず、独自の幅広い人脈を通じてビジネスマッチングコーディネーターフィクサーとして活躍中。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 一般社団法人ダマ会”. 20190416閲覧。

外部リンク[編集]