ダニー・トレバサン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダニー・トレバサン

Danny Trevathan
シカゴ・ベアーズ No. 59

Danny Trevathan.JPG
ラインバッカー
生年月日: (1990-03-24) 1990年3月24日(26歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オハイオ州ヤングスタウン
身長:6' 1" =約185.4cm 体重:232 lb =約105.2kg
NFLデビュー
2012年デンバー・ブロンコス
経歴
大学ケンタッキー大学
NFLドラフト2012年 / 6巡目(全体の188番目)
 所属チーム:
通算成績
(2015年までの成績)
タックル     282回
QBサック     3回
インターセプト     5回
ファンブルフォース     3回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

ダニー・トレバサン(Danny Trevathan 1990年3月24日- )はオハイオ州ヤングスタウン出身のアメリカンフットボール選手。現在NFLシカゴ・ベアーズに所属している。ポジションはラインバッカー

経歴[編集]

オハイオ州ヤングスタウンで生まれた彼は、フロリダ州リーズバーグの高校に進学した[1]

ケンタッキー大学に進学し、2008年は主にスペシャルチームとして全13試合に出場し5タックルをあげて、ジョージア大学戦では相手のキックをブロックした。2009年、先発6試合を含む13試合に出場、チーム2位の82タックルをあげた。ジョージア大学戦では第4Qに1ヤードラインでファンブルリカバーし、番狂わせに貢献した。2010年、サウスイースタン・カンファレンストップの144タックルをあげて、カンファレンスのファーストチームに選ばれた[1]。2011年もカンファレンストップのタックルをあげたが、カレッジフットボール最高のラインバッカーに与えられるディック・バトカス賞のセミファイナリストには残れなかった[2]

2012年のNFLドラフト6巡でデンバー・ブロンコスに指名された。D・J・ウィリアムズが9試合出場停止となったこともあり、ニッケルパッケージで起用された。

2013年、第5週のダラス・カウボーイズ戦では48-48の同点の場面でトニー・ロモのパスをダイビングしてインターセプトをマーク、これが決勝FGにつながり、チームは51-48で勝利した[3]。この年、急成長し、ディフェンスの出場スナップ数では、クリス・ハリスに次いでチーム2位の数字を残した。チームはこの年、第48回スーパーボウルに進出、スーパーボウルを前に、相手RBマーショーン・リンチを封じ込めたいと意気込みを語った[4]

2014年、8月練習中にひざを骨折し、レギュラーシーズン最初の3試合を欠場、その後第5週の試合に途中出場、第6週のニューヨーク・ジェッツ戦に先発したが、左膝を負傷し、復帰可能なオプション付きの故障者リスト入りした[5]。第14週のサンディエゴ・チャージャーズ戦で膝蓋腱を痛めてシーズン絶望となった[6]

2015年は、ブロンコスの第50回スーパーボウル制覇にチームメートとともに貢献した[7]

2016年3月9日、シカゴ・ベアーズと4年契約を結んだ[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Profile”. ケンタッキー大学. 2013年4月30日閲覧。
  2. ^ Chris Low (2011年10月25日). “Where's Danny Trevathan on Butkus list?”. ESPN. 2013年4月30日閲覧。
  3. ^ Joan Niesen (2013年10月6日). “Danny Trevathan saves the Broncos defense with diving INT vs. Cowboys”. デンバー・ポスト. 2014年1月29日閲覧。
  4. ^ ブロンコスLBトレバサン、リンチ対策は「こちらも獣に」”. NFL JAPAN (2014年1月29日). 2014年1月29日閲覧。
  5. ^ ブロンコス、先発復帰のLBトレバサンがまた離脱”. NFL JAPAN (2014年10月15日). 2016年3月14日閲覧。
  6. ^ ブロンコスLBトレバサンが今季絶望に、LBマーシャルも足負傷”. NFL JAPAN (2014年12月16日). 2016年3月14日閲覧。
  7. ^ エルウェイ氏、「最高のディフェンス」と自軍守備陣を絶賛”. NFL JAPAN (2016年2月8日). 2016年3月14日閲覧。
  8. ^ ブロンコスまたも主力移籍、LBトレバサンがベアーズへ”. NFL JAPAN (2016年3月10日). 2016年3月14日閲覧。

外部リンク[編集]