ダニエル・シルヴァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダニエル・シルバから転送)
移動先: 案内検索
ダニエル・シルヴァ
Daniel Silva
DanielSilva01.JPG
ニューヨークでのサイン会(2013年7月16日)
誕生 1960年(55–56歲)
アメリカ合衆国の旗 ミシガン州
職業 小説家、ジャーナリスト
言語 英語
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
活動期間 1996年 -
ジャンル スパイ小説
代表作 美術修復師ガブリエル・アロン シリーズ
主な受賞歴 バリー賞スリラー部門(2007年、2013年)
デビュー作 『マルベリー作戦』
配偶者 ジェイミー・ガンジェル
子供 2人
公式サイト www.danielsilvabooks.com
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ダニエル・シルヴァ (Daniel Silva1960年 - ) は、アメリカ合衆国スパイ小説作家。ミシガン州で生まれ、カリフォルニア州で育った。現在はワシントンD.C.在住。カトリックの家庭で育ったが、後にユダヤ教に改宗した[1]

来歴[編集]

執筆活動の始まりは1984年、現在も勤めるUPI通信社のジャーナリストとして[1]民主党全国大会を取材した時だった。1年後にワシントンD.C.の本社へ異動。更に2年後、中東特派員に任じられ、エジプトカイロへ転じた。

CNNのワシントン本部の仕事を得て帰国。同局では、討論番組の"Crossfire""Capitol Gang" などのプロデューサーやエグゼグティブ・プロデューサーを務めた。

1994年、処女作『マルベリー作戦』の執筆を開始。1996年に刊行され、『ニューヨーク・タイムズ』のベストセラーとなった。翌1997年、専業作家になるためにCNNを退社。

これまでに16作のスパイ小説を上梓し、主なシリーズに、イスラエル人美術修復師で暗殺者のガブリエル・アロンが主人公のものがある。2001年の発表からシリーズは全て『ニューヨーク・タイムズ』のベストセラーとなり[2][3]"Moscow Rules" (2008年)、"The Defector" (2009年)、"Portrait of a Spy" (2011年)はベストセラーリストのトップに躍り出た。イスラム系のテロリストとの戦いを描いたものや、ロシアとの戦いを描いたもの、第二次世界大戦ホロコーストなど歴史的な出来事について描いた作品などがある。

2007年ユニバーサル・ピクチャーズがガブリエル・アロン・シリーズのうち、2005年に発表した"The Messenger" の権利を買った。2011年ジェフ・ザッカーがプロデューサーを務めると発表されたが[4]、2014年7月現在までに制作の続報はない。

ジェイミー・ガンジェルNBCのニュース番組「トゥデイ」の国内特派員で、シルバが中東の特派員だった時にガンジェルも同じく中東の特派員だった縁で親しくなった。ニコラスとリリーという2人の子供がおり、著作のリサーチ旅行に子供たちを連れて行くことも度々ある[1]

作品リスト[編集]

# 邦題 原題 アメリカ合衆国の旗
刊行年
日本の旗
刊行年月
日本の旗
訳者
日本の旗
出版社
マルベリー作戦 The Unlikely Spy 1996年 1998年1月 田中昌太郎 早川書房
CIA工作員マイケル・オズボーン シリーズ
1 暗殺者の烙印 The Mark of the Assassin 1998年 2002年5月 二宮磬 文藝春秋
2 顔のないテロリスト The Marching Season 1999年 2005年10月 二宮磬 文藝春秋
美術修復師ガブリエル・アロン シリーズ
1 報復という名の芸術 The Kill Artist 2000年 2005年8月 山本光伸 論創社
2 イングリッシュ・アサシン The English Assassin 2002年 2006年1月 山本光伸 論創社
3 告解 The Confessor 2003年 2006年6月 山本光伸 論創社
4 さらば死都ウィーン A Death in Vienna 2004年 2005年10月 山本光伸 論創社
5 Prince of Fire 2005年
6 The Messenger 2006年
7 The Secret Servant 2007年
8 Moscow Rules 2008年
9 The Defector 2009年
10 The Rembrandt Affair 2010年
11 Portrait of a Spy 2011年
12 The Fallen Angel 2012年
13 The English Girl 2013年
14 亡者のゲーム The Heist 2014年 2015年7月 山本やよい ハーパーコリンズ・ジャパン
15 英国のスパイ The English Spy 2015年 2016年7月 山本やよい ハーパーコリンズ・ジャパン
16 The Black Widow 2016年

出典[編集]

外部リンク[編集]