ダチアン・チョロシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダチアン・チョロシュ
EPP Congress 2187 (8096672652) (cropped).jpg
ルーマニアの首相
任期
2015年11月17日 – 2017年1月4日
大統領 クラウス・ヨハニス
前任者 ソリン・クンペアヌ英語版 (代行)
後任者 ソリン・グリンデアヌ英語版
欧州委員会 農業担当委員
任期
2010年2月9日 – 2014年11月1日
大統領 ジョゼ・マヌエル・ドゥラン・バローゾ
前任者 マリアン・フィッシャー・ボール
後任者 フィル・ホーガン
農業・農村開発相
任期
2007年8月5日 – 2008年12月22日
首相 カリン・ポペスク・タリチェアヌ
前任者 デチェバル・トライアン・レメシュ
後任者 イリエ・スルブ
個人情報
生誕 (1969-07-27) 1969年7月27日(49歳)
ルーマニア社会主義共和国、ザラウ
政党 無所属
配偶者 ヴァレリー・ヴィレマン(2000年 - )
出身校 クルージュ=ナポカ農業科学獣医学大学
レンヌ農業科学高等研究院
モンペリエ第1大学
宗教 ルーマニア正教会[1]

ダチアン・ユリエン・チョロシュルーマニア語: Dacian Julien Cioloșルーマニア語発音: [dat͡ʃiˈan ˈt͡ʃjoloʃ]1969年7月27日 - )は、ルーマニアの政治家、農学者。前首相。

2007年12月から2008年12月まで、カリン・ポペスク・タリチェアヌ内閣の農相を務めた。2009年11月に欧州委員会ジョゼ・マヌエル・ドゥラン・バローゾ委員長から次期農業委員に指名され、2010年2月から2014年11月まで農業委員。2015年11月にはクラウス・ヨハニス大統領からルーマニアの首相に指名され、国会の承認を得て就任し、翌年の総選挙まで務めた。

経歴[編集]

前半生[編集]

ザラウに生まれたが、子ども時代のほとんどを近郊のペリチェイ村で祖父母とともに過ごした。そこでチョロシュは、農業に関心を持つようになった。1987年にシムレウ・シルヴァニエイの農業高校を卒業後、クルージュ=ナポカ農業科学獣医学大学に進学、1994年に園芸工学の学位を得て卒業した[2]。また、農業開発経済学で1997年にレンヌ農業科学高等研究院から修士号を、2006年にモンペリエ第1大学から博士号を授与された。2000年から、シンクタンクのグループ・ド・ブリュージュに所属している[3]。政治的には無所属だが[4][5]、全欧レベルの欧州人民党 (EPP) に加入している[6][7]

1991年から1996年まで、チョロシュはフランスブルターニュ地方にある有機農園で13か月の実務研修を受けた。1995年の夏には、サヴォア県アルジェシュ県が共同で行う農村開発計画を準備し、1997年にはロデーズアヴェロン県農業商工会議所に勤務するかたわら、県北部の農業・農村開発について研究した。1997年から1999年には農業経済学者として、ブリュッセルにある欧州委員会の農業・農村開発総局に研修のため派遣され、そこで農業・農村開発特別加盟プログラム (SAPARD) の策定を手伝った。1998年から1999年には、再びサヴォア県の協力を得て、アルジェシュ県の地域農村開発計画を指揮した。1999年から2001年にはフランスの2つの農業開発機関に勤務し、ルーマニアにおける同分野の機関と行う合同プログラムの調整にあたった。2002年から2003年には、欧州委員会のルーマニア代表団の一員として、母国におけるSAPARDの実施状況の監督を手助けした。2005年1月から2007年5月にかけては、ルーマニアの農務相顧問と欧州連合理事会の農業特別委員会委員を務めた。2007年5月から10月には、ルーマニア農務省で欧州担当次官の役職にあった[3]。2007年10月には、汚職事件で辞任した[8]デチェバル・トライアン・レメシュの後任の農務相に起用され、同年12月にタリチェアヌの国民自由党を中心とする政権が総選挙の結果下野するまで在任した[9]。2009年のはじめに農業・農村開発総局に復職したが[10]、同年7月にはトライアン・バセスクから、公共農業開発政策を所管する1年限りの委員会の委員長に指名された[11]

EU農業担当委員時代[編集]

2009年10月、第二次バローゾ委員会において農業担当委員の役職を確保することを望むエミール・ボック政権は、チョロシュをルーマニアの欧州委員に指名した[12]。この提案は、野党のリベラル勢力や社会民主党から、崩壊の瀬戸際にある政権の最後のあがきとして非難されただけでなく、社会民主主義勢力がその役職を占めるべきとする欧州社会党からも批判された[5]。実際、ボック内閣はチョロシュを指名した翌日に、不信任決議案が可決されたことで崩壊した[13]

農業委員時代のチョロシュ(2010年9月)
欧州人民党大会にて(2012年10月)

11月末、バローゾはチョロシュを農業担当委員に指名した。バローゾはチョロシュについて、提案された候補者のなかで「最も有能な」人物であると述べ、チョロシュの農業・農村開発に関する「近代的なビジョン」を称賛した[14][15]イギリスの雑誌「ファーマーズ・ウィークリー」は、ルーマニアがEUの資金を不適切な形で管理していたことを挙げて、この指名を「物議をかもす選択」としたが、チョロシュの「広範な農業における経験」は認めた[16]。イングランド・ウェールズ全国農業組合とスコットランド全国農業組合も、この指名を歓迎した[17]イタリアのルカ・ツァイア農務相とフランスのニコラ・サルコジ大統領も同様に、チョロシュに祝辞を述べた[18][19]ドイツ通信社とイギリスの新聞「インデペンデント」はともに、資金の不適切処理問題との関連でこの指名を批判したが、フランスの日刊紙「ウェスト=フランス」は、イギリスが憤慨しているのは、チョロシュとフランスとの強い結びつきを考慮すると、彼は2人目のフランスの欧州委員も同然であると認識しているからだと主張した[20]

2010年2月に欧州議会の承認を受けた[21]チョロシュは、自らの優先課題に着手した。それには食糧安全保障確保のための「繁栄した農業部門」の維持、環境保全と田園の保護、地球温暖化対策の支援や農家の「公正な生活水準」の維持などが挙げられる。この目標を達成するため、チョロシュは共通農業政策を状況に応じて変更し、再構成し続けることを約束した[22]

2015年7月には、バローゾの後任のジャン=クロード・ユンケル委員長から、国際食糧安全保障担当の特別顧問に任命された[23]

首相時代[編集]

2015年11月にヴィクトル・ポンタ首相は、ナイトクラブの火災がきっかけで生じた首相の辞任を求める抗議運動をうけて辞任した。その後任として、クラウス・ヨハニス大統領はチョロシュを指名した[24]。その後、21名で構成され、その3分の1を女性が占めるテクノクラート内閣が提案された[25]。チョロシュ内閣は国会で、主に社会民主党と国民自由党の支持を得て、389票対115票で承認された。自由民主同盟は反対に回った[26][27]

首相在任中に透明性向上を目的に行った主な業績として、チョロシュは公的部門の給与や契約にかかる支出の電子公開と、無数の些末な手続きの淘汰をはじめとするお役所仕事の削減の2点を挙げている[28]。2016年の総選挙では、国民自由党とルーマニア救出同盟から支持を取り付け、その見返りにいずれかの党への投票を有権者に呼びかけた[29]。しかし両党は敗北し、総選挙の翌月、チョロシュはソリン・グリンデアヌ英語版に首相職を引き継いだ[30]

人物[編集]

フランス留学中の2000年に、同国の農業専門家であるヴァレリー・ヴィレマンと結婚した。結婚式はペリチェイ村で行った。夫妻に子どもはいない[31][32][1]。チョロシュにはソリンという弟がいる[33]

脚注[編集]

  1. ^ a b (ルーマニア語) Radu Eremia, "Cioloş, despre religia sa: Eu sunt creştin-ortodox" ("Cioloş, about His Religion: I Am an Orthodox Christian"), Adevărul, 22 November 2015; accessed 8 December 2015
  2. ^ (ルーマニア語) Alina Pop, "Dacian Cioloş, de pe hotarul din Pericei la Palatul Victoria" ("Dacian Cioloş, from the Pericei Border to Victoria Palace"), Adevărul, 10 November 2015; accessed 8 December 2015
  3. ^ a b (ルーマニア語) Profile at the Romanian Government site[リンク切れ]; accessed October 12, 2009
  4. ^ (ルーマニア語) Steliana Bancu, "Dacian Cioloș refuză postul de secretar de stat la Agricultură și pleacă la Bruxelles" ("Dacian Cioloș Refuses State Secretary Post at Agriculture Ministry and Leaves for Brussels")[リンク切れ], Gardianul, 9 January 2009; accessed October 12, 2009
  5. ^ a b (ルーマニア語) Dan Carp, "Cioloș aruncat în luptă" ("Cioloș Thrown into Battle")[リンク切れ], Ziua, 13 October 2009; accessed 13 October 2009
  6. ^ "Barroso gets new EU Commission team", BBC News, 25 November 2009; accessed November 28, 2009
  7. ^ "Barroso II: 13 EPP Commissioners receive key portfolios"[リンク切れ], European People's Party, 27 November 2009; accessed November 28, 2009
  8. ^ (ルーマニア語) "Tăriceanu a transmis Președinției nominalizarea lui Dacian Cioloș ca ministru al Agriculturii" ("Tăriceanu Transmits to the Presidency the Nomination of Dacian Cioloș as Agriculture Minister"), Mediafax, 12 October 2007; accessed October 12, 2009
  9. ^ (ルーマニア語) Guvernul Călin Popescu-Tăriceanu, Agerpres; accessed 12 October 2009
  10. ^ (ルーマニア語) Cristi Ciupercă, Clarice Dinu, "Boc i-a trimis lui Băsescu nominalizarea lui Cioloș" ("Boc Sends Băsescu Cioloș' Nomination"), Evenimentul Zilei, 13 October 2009; accessed 13 October 2009
  11. ^ (ルーマニア語) Dan Odagiu, "Cine este Dacian Cioloș?" ("Who Is Dacian Cioloș?") Archived 2009年11月30日, at the Wayback Machine., Cotidianul, 28 November 2009; accessed 28 November 2009
  12. ^ (ルーマニア語) "Dacian Cioloș, candidatul României pentru postul de comisar european" ("Dacian Cioloș, Romania's Candidate for European Commissioner"), Mediafax, 12 October 2009; accessed October 12, 2009
  13. ^ (ルーマニア語) "Guvernul Boc 2 a fost demis" ("Boc 2 Government Dismissed"), Mediafax, 13 October 2009; accessed 13 October 2009
  14. ^ (ルーマニア語) "Dacian Cioloș, comisar european pentru Agricultură" ("Dacian Cioloș, European Commissioner for Agriculture"), Evenimentul Zilei, 27 November 2009; accessed November 27, 2009
  15. ^ Joshua Chaffin (2009年11月27日). “Barroso spells out new Commission’s agenda”. Financial Times. http://www.ft.com/cms/s/0/376d111e-db6b-11de-9424-00144feabdc0.html 
  16. ^ Philip Clarke (2009年11月27日). “Romanian takes EU's top agriculture job”. Farmers Weekly. http://www.fwi.co.uk/Articles/2009/11/27/118930/Romanian-takes-EU39s-top-agriculture-job.htm 
  17. ^ Alistair Driver (2009年11月27日). “Romanian to take over as EU farm chief”. Farmers Guardian. オリジナルの2009年12月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091207022352/http://www.farmersguardian.com/news/romanian-to-take-over-as-eu-farm-chief/29172.article 
  18. ^ (ルーマニア語) "Ministrul italian al agriculturii îl felicită pe Cioloș pentru portofoliul atribuit în CE" ("Italian Agriculture Minister Congratulates Cioloș for Portfolio Handed to Him in EC") Archived 2010年1月22日, at the Wayback Machine., Cotidianul, 28 November 2009; accessed 28 November 2009
  19. ^ (ルーマニア語) "Sarkozy salută nominalizarea lui Cioloș la funcția de comisar pentru agricultură" ("Sarkozy Salutes Cioloș' Nomination as Agriculture Commissioner") Archived 2010年1月22日, at the Wayback Machine., Cotidianul, 28 November 2009; accessed 28 November 2009
  20. ^ (ルーマニア語) Mariana Apostol, "Nemții și britanicii și-au înfipt colții în Cioloș" ("Germans and British Attack Cioloș"), Evenimentul Zilei, 29 November 2009; accessed 29 November 2009
  21. ^ "Euro MPs back new European Commission", BBC News Online, 9 February 2010; accessed 20 September 2010
  22. ^ Mandate at the Agriculture and Rural Development Commissioner's site; accessed 20 September 2010
  23. ^ (ルーマニア語) Mădălina Mihalache, "Preşedintele Comisiei Europene, Jean Claude-Juncker, l-a numit consilier pe Dacian Cioloş" ("European Commission President Jean Claude-Juncker Names Dacian Cioloş Adviser"), Adevărul, 1 July 2015; accessed 9 July 2015
  24. ^ (ルーマニア語) Mădălina Mihalache, Sebastian Zachmann, "Dacian Cioloş, premierul ales de Klaus Iohannis" ("Dacian Cioloş, the Premier Selected by Klaus Iohannis"), Adevărul, 10 November 2015; accessed 8 December 2015
  25. ^ (ルーマニア語) Vasile Măgrădean, "Cine sunt miniştrii propuşi de premierul desemnat" ("Who Are the Ministers Proposed by the Designated Premier"), Mediafax, 15 November 2015; accessed 8 December 2015
  26. ^ (ルーマニア語) Mădălina Mihalache, Sebastian Zachmann, Radu Eremia, "Guvernul Cioloş a fost votat de o majoritate lejeră" ("Cioloş Government Approved with Wide Majority"), Adevărul, 17 November 2015; accessed 8 December 2015
  27. ^ (ルーマニア語) Cătălina Mănoiu, "ALDE nu votează Cabinetul Cioloş" ("ALDE Not Voting for Cioloş Cabinet"), Mediafax, 16 November 2015; accessed 8 December 2015
  28. ^ (ルーマニア語) Constantin Rudnițchi, "Scurt bilanţ al guvernului Cioloş" ("Record of the Cioloş Government in Brief"), RFI Romania, 8 December 2016; accessed 16 December 2016
  29. ^ (ルーマニア語) Gabriel Pecheanu, "Dacian Cioloş, îndemn ca românii să voteze PNL sau USR" ("Dacian Cioloş, Appeal for Romanians to Vote PNL or USR"), Mediafax, 8 December 2016; accessed 16 December 2016
  30. ^ (ルーマニア語) Mihai Diac, "Cioloș și Grindeanu vor avea o discuție detaliată, joi" ("Cioloș and Grindeanu to Have Detailed Discussion Thursday"), România Liberă, 4 January 2017; accessed 4 January 2017
  31. ^ (ルーマニア語) "Soţia premierului nu este româncă" ("Premier's Wife Is Not Romanian"), Capital.ro, 11 November 2015; accessed 8 December 2015
  32. ^ (ルーマニア語) Anca Simionescu, "Ce planuri are Dacian Cioloș pentru românii din afara graniţelor" ("Dacian Cioloș' Plans for Romanians Abroad"), Evenimentul Zilei, 5 December 2015; accessed 8 December 2015
  33. ^ (ルーマニア語) Alina Pop, "Dacian Cioloş, 'povestit' de vecinii din satul natal" ("Dacian Cioloş, as Told by Native Village Neighbors"), Adevărul, 15 November 2015; accessed 8 December 2015

外部リンク[編集]

公職
先代:
デチェバル・トライアン・レメシュ英語版
農業・農村開発相
2007年 - 2008年
次代:
イリエ・スルブ英語版
先代:
レオナルド・オルバン英語版
欧州委員会 ルーマニア選出委員
2010年 - 2014年
次代:
コリーナ・クレツ英語版
先代:
マリアン・フィッシャー・ボール英語版
欧州委員会 農業・農村開発担当委員
2010年 - 2014年
次代:
フィル・ホーガン英語版
先代:
ソリン・クンペアヌ英語版
代行
ルーマニアの首相
2015年 - 2017年
次代:
ソリン・グリンデアヌ英語版