ヴィクトル・ポンタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴィクトル・ポンタ
Victor Ponta
Wiki ponta.jpg
生年月日 (1972-09-20) 1972年9月20日(45歳)
出生地 ブカレスト
所属政党 社会民主党
サイン Signature of Victor Ponta.svg
公式サイト Victor Ponta

内閣 ポンタ内閣
在任期間 2012年5月7日 - 2015年11月5日
大統領 トラヤン・バセスク
クリン・アントネスク(代行)
トラヤン・バセスク
クラウス・ヨハニス
テンプレートを表示

ヴィクトル・ポンタルーマニア語: Victor-Viorel Ponta1972年9月20日 - )は、ルーマニア政治家

概要[編集]

世界金融危機に対応するための緊縮財政政策により、反政府運動が活発になり、2012年2月6日エミール・ボック率いる内閣は総辞職する。ミハイ・ラズヴァン・ウングレアーヌが首相に就任したものの、4月の上下両院合同会議において内閣不信任決議案が可決され再び総辞職。

5月、社民党・国民自由党が共同して社民党党首のポンタを首相に選出し、ポンタ内閣が発足した。その後は緊縮財政をめぐってトラヤン・バセスク大統領との対立が激化し、7月6日には大統領権限を越えて緊縮政策を進めたという理由でバセスクの大統領職務を停止する決議が代議院にて可決された[1]。ポンタの属する政党連合:社会自由同盟が主導してバセスクの罷免を問う国民投票の実施を推し進め、7月29日に投票が行われた[2]。国民投票でも投票者の大半が罷免に賛成したとみられたが国民投票成立に必要な投票率に届かず、バセスクを追い落とすことに失敗した[3]

2015年10月30日のナイトクラブ火災をきっかけに首相ら政権幹部の責任を問う数千人規模の抗議デモが発生、政権批判が高まったことにより11月4日、辞意を表明した。[4]

出典[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
ミハイ・ラズヴァン・ウングレアーヌ
ルーマニアの旗 ルーマニア共和国首相
第63代:2012 - 2015
次代:
ソリン・クンペアーヌ
代行