シウダダノス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
シウダダノス
Ciudadanos - Partido de la Ciudadanía
Ciutadans - Partit de la Ciutadania
総裁 アルベール・リベラ
書記長 マティアス・アロンソ・ルイス英語版
創立 2005年6月7日 (CC)
2006年3月4日 (C's)
本部所在地 スペインの旗 グラン・ビア・ダ・ラス・コルツ・カタラネス 751 A, 1º 2ª
08013 バルセロナ
青年部 アグルパシオン・デ・ジョベネス・デ・シウダダノス(J's)
政治的思想 自由主義[1]
世俗主義[2]
自律主義[3]
ヨーロッパ連邦主義英語版[4]
スペイン連合主義英語版[1]
ポスト・ナショナリズム英語版[5][6][7][8][9][10][11]
カタルーニャ民族主義
政治的立場 中道右派[12][13][14]
国際連携 なし
欧州連携 なし
欧州議会会派 欧州自由民主同盟(ALDE)
公式カラー     橙色
下院
32 / 350
上院
3 / 266
自治州議会議席
100 / 1,248
自治体議会議席
1,527 / 67,611
公式サイト
シウダダノス
スペインの政治
スペインの政党一覧
スペインの選挙
カタルーニャ州の政治
カタルーニャ州の政党一覧
カタルーニャ州の選挙

シウダダノス[14]スペイン語: Ciudadanos - Partido de la Ciudadanía, シウダダーノス - パルティード・デ・ラ・シウダダニーア, カタルーニャ語: Ciutadans - Partit de la Ciutadania, シウタダンス - パルティット・ダ・ラ・シウタダニーア, 「市民たち – 市民党」)は、スペインカタルーニャ州に拠点を置く政党。略称はC's。日本語では市民党[15]などとも呼ばれる。カタルーニャ州発祥であるが、カタルーニャ民族主義、カタルーニャの独立や自治権拡大には強硬に反対し、その姿勢は国民党よりも強い態度を取っている。

2014年までは主にカタルーニャ州で活動しており、2012年のカタルーニャ州議会選挙では9議席を得た。2015年前半にはポデモススペイン社会労働党(PSOE)、国民党(PP)に次ぐスペインの第4勢力として台頭し、3月初頭にエル・パイス紙が行った世論調査では12.2%の支持率を[16]、同時期にラジオ局のカデーナ・セール英語版が行った世論調査では13%の支持率を得た[13]

政治思想は中道左派ポスト・ナショナリズム英語版であると自己定義しており、その綱領で自由主義社会民主主義を融合させた政策を提示する政党であると示しているが、その思想は中道右派から来ている[17]

2006年の結党時から党首を務めるアルベール・リベラは、党のイデオロギーを「カタルーニャは私の故国であり、スペインは私の祖国であり、欧州連合(EU)は私たちの未来である」と表現している。国家公用語のスペイン語と地域言語のカタルーニャ語の二言語が公用語であるカタルーニャ州において、時として軽視されがちなスペイン語の使用を擁護し[18]、カタルーニャ地方の独立を求めるカタルーニャ・ナショナリズムに反対しており、スペイン一国主義による経済発展を主張している。[19]2011年以後にはスペインで既存政党に対する抗議運動が盛んに行われ、2014年には二大政党に反発する有権者の支持をポデモスが集めたが、シウダダノスはポデモスと比較されて「右(派)のポデモス」とも呼ばれる[17]。シウダダノスは国民党の支持者層を奪っているとされる[13]

批判的な勢力からは左派を取り込んだ新自由主義政党と批判される事もある。また、親EU路線を貫き、比較的立ち位置が近いフランスのマクロン党との関係を強化している。

歴史[編集]

結党[編集]

2006年の結党時から党首を務めるリベラ

劇作家・俳優のアルベール・ボアデーリャ英語版、著作家のフェリクス・デ・アスーア英語版、ジャーナリストのアルカディ・エスパーダスペイン語版ら、ほぼ全員がバルセロナに在住するカタルーニャ人知識人のグループによって、2005年6月7日に「カタルーニャに新政党を設立するため」の声明が出され、シウタダンス・ダ・カタルーニャスペイン語版(カタルーニャ市民, 略称はCC)と呼ばれる市民運動が組織された。6月21日にはバスク地方の中心都市であるビルバオ、スペインの首都であるマドリードでも同様の声明が出された。これらの声明では、「カタルーニャ州政府によって強制力を持つカタルーニャ・ナショナリズムが広められた」と述べ、カタルーニャ民族主義への反発を示した[20]

彼らは何度か円卓会議や検討会を行い、2006年3月4日、バルセロナのチボリ劇場スペイン語版で政党としてのシウダダノス(C's)が設立されたが、6月5日にはメンバーがカタルーニャ独立主義者に攻撃される事件が起こっている。7月8日・9日には初の党大会が行われ、組織構造が決定されて代表機関が選出され、若手法曹のアルベール・リベラが党首に、ジャーナリストで哲学教授でもあるアントニオ・ロブレス英語版が事務局長に選出された。

カタルーニャ州での活動[編集]

バルセロナにある党本部

結党後初の選挙は、2006年11月1日に投開票が行われた2006年カタルーニャ州議会選挙英語版である。シウダダノスは全体得票数の約3%となる89,840票を獲得し、リベラ、法曹のホセ・ドミンゴ・ドミンゴスペイン語版、ロブレスの計3人が議席を得た。選挙運動の際には公衆の目を引き付けるために、党首のリベラ(当時26歳)が股間を両手で隠した全裸の状態で選挙ポスターに登場したが[21][22]、男前でセクシーな裸体の写真をばらまく宣伝手法に不快感を示す有権者もいた[23][注 1]

2007年5月27日の地方自治体選挙では、カタルーニャ州の4県以外にバレンシア州アリカンテ県カスティーリャ・イ・レオン州サラマンカ県でも候補者を出した。カタルーニャ州内の自治体で獲得した議席数は予想を下回る13議席にとどまり、他州では議席を獲得できなかった。6月30日と7月1日には第2回党大会を開催した。2008年3月9日のスペイン議会総選挙では連合・進歩・民主主義(UPyD)に対して選挙協力を申し出たが、連合・進歩・民主主義はシウダダノスの申し出を拒否した[26]。全体得票数の0.2%となる46,313票を獲得したが、スペイン国会下院で議席を確保することはできなかった。

2009年5月、シウダダノスは1か月後の欧州議会選挙でデクラン・ガンリー英語版の政党リベルタス英語版と選挙連合を組むことを発表した。シウダダノスのメンバーによれば、この選挙協定前の交渉はリベラ自身が直々に内密に行ったという。リベラ以外の欧州議会議員2人と党の重要な役職はリベラの指導力の及ばない位置にある[27]国家主義者超国家主義者によって設立された汎ヨーロッパ的な組織との選挙協力は懸念を巻き起こした[28][29][30]。6月7日の欧州議会議員選挙では0.1%となる22,903票を獲得したが、議席を獲得することはできなかった。

2010年11月28日のカタルーニャ州議会選挙英語版では3.4%の得票を獲得し、前回と同じく3議席を得た。カタルーニャ独立主義者の増加の結果として、その反対者であるシウダダノスも成長を続けている。2012年11月25日のカタルーニャ州議会選挙英語版では、得票率を2年前の2倍以上の7.6%に増やして9議席を得たが、このうち8議席はバルセロナ県選挙区で得たものだった。集中と統一(CiU)、カタルーニャ社会主義者党英語版(PSC)、カタルーニャ共和主義左翼(ERC)、カタルーニャ国民党英語版(PPC)、カタルーニャ緑のイニシアティヴ英語版-カタルーニャ統一左翼・アルテルナティーバ英語版(ICV-EUiA)に次ぐ第6党となった。

全国政党化[編集]

2015年カタルーニャ州議選で筆頭候補となったアリマーダス

2013年10月、シウダダノスはマドリードのゴヤ劇場で「ゴヤの誓い」と呼ばれる声明を行い、カタルーニャ州以外の地方でも活動を開始した。2014年1月、カタルーニャ最高裁判所スペイン語版(TSJC)は、シウダダノスのカタルーニャ州議会議員であるジョルディ・カーニャススペイン語版を429,203ユーロの詐欺行為の疑いで調査した[31]。これによってカーニャスは党のスポークスマンとしての地位を放棄し[32]、正式に起訴された場合には州議会議員の座を辞任すると発表した[33]。2014年5月25日の欧州議会議員選挙では3.16%となる495,114票を得て、2議席を獲得した[34]ハビエル・ナルトスペイン語版が筆頭候補者であり、シウダダノスは欧州議会欧州自由民主同盟(ALDE)に属している。

Twitterによる政治活動力を図るウェブサイトのT-craciaによると、2014年5月からは常にポデモスがフォロワー数の増加数でトップに立っていたが、2015年2月にはシウダダノスの増加数がポデモスを上回ってトップに立った[16]。2015年3月初頭時点で、シウダダノスはTwitterで123,000人のフォロワーを持ち、Facebookで140,000人のフォロワーを持つ[16]。2015年3月22日には年末の総選挙の前哨戦と位置づけられたアンダルシア州議会議員選挙が行われ、9議席を獲得したシウダダノスは社会労働党などに次ぐ第4党となった[14]。9月27日には2015年カタルーニャ自治州議会選挙が行われ、イネス・アリマーダスが筆頭候補を務めたシウダダノスは[35]16議席増の25議席を獲得して第2党となった。

2015年12月20日の2015年スペイン議会総選挙では約350万票を得て40議席を獲得し、国民党、社会労働党、ポデモスに次ぐ第4党となった。この総選挙では過半数の議席を得た政党がおらず、リベラは国民党と社会労働党のいずれも支持しないとしたものの、首相指名選挙では棄権することも厭わない(国民党政権を積極的に賛成することはないが、棄権することで結果的に国民党の政権成立を許す)と述べた[36]。結果的に国民党も社会労働党も期限までの組閣に失敗したため、2016年6月26日には再選挙(2016年スペイン議会総選挙)が行われ、シウダダノスは8議席減の32議席に終わった。

政策[編集]

2006年のカタルーニャ州議会議員選挙における地域別得票率

シウダダノスは経済政策と社会問題の双方でリベラルな政党であるとされているが、その政治的言説は中道である[37]。シウダダノスは頻繁に単一争点政党英語版と批判されているが、メンバーはこのレッテルを拒否している。2006年から2012年の期間、前回選挙で中道右派政党に投票したシウダダノスへの投票者数は、前回選挙で中道左派政党に投票した投票者数と同等だった。このことは、一般的な経済・社会問題での政党の立ち位置が投票の主要因でないことを示唆している[38]

シウダダノスは「(国家サンディカリスム)のイネストリーリャススペイン語版氏が擁護するスペイン・ナショナリズムを含めて」いかなる種類のナショナリズムをも批判している[39]。シウダダノスが提起した主要な議題の一つに、州行政機関での唯一の作業言語としてカタルーニャ語の使用を奨励するカタルーニャ州の言語政策がある[40][41]。シウダダノスはこの方針に疑問を呈し、スペイン語とカタルーニャ語の平等な待遇を支持している[41]。また、すべての公教育がカタルーニャ語で行われるという、カタルーニャ州の学校教育制度における言語政策に反対している。シウダダノスはまた、スペインの中央機関の権限強化と、地域行政機関の権限削減を支持している[42]

その他には、スペインの選挙方式の徹底的な改革、スペイン1978年憲法の特に地域組織部分の改正、バスク地方の財政的特権の完全撤廃などを主張している[42]。また、売春マリファナ安楽死の法的許可を支持している。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの経済学教授であるルイス・ガリカーノ英語版を政策アドバイザーに起用している[17]

シウダダノスの公的な立ち位置について、批評家はイデオロギー的に類似した連合・進歩・民主主義(UPyD)の第五列のようであるとしている[43]。シウダダノスの設立に参加した何人かの知識人は、後にシウダダノスへの支持を撤回した。例えば2007年、アルベール・ボアデーリャ英語版は元スペイン社会労働党ロサ・ディエスとともに連合・進歩・民主主義の発起人のひとりとなった。

2014年までは、シウダダノスの支持者の大部分がバルセロナ大都市圏英語版の在住者だった。2010年の地域選挙で4%以上の得票を得たクマルカ(郡)は、バルサルネスバッジ・リュブラガート英語版バリェス・ウクシダンタルタラグネス英語版の4郡だけだった。ジローナ県では1.69%、リェイダ県では1.79%にとどまり、阻止条項(足切り条項)の3%を超える得票率を得たのはバルセロナ県だけだった。2014年まで政治的影響力は地域的なレベルにとどまっており、2014年秋頃の全国支持率は3%程度に過ぎなかったが、2014年冬から2015年前半に急激に支持率を伸ばし、3月初頭にエル・パイス紙が行った世論調査では12.2%の全国支持率を[16]、同時期にラジオ局のカデーナ・セールが行った世論調査では13%の全国支持率を得た[13]

論争[編集]

極右運動家のシャビエル・カザルス英語版などのカタルーニャ民族主義者からは、シウダダノスは大衆主義的綱領を持つ政党であると認識されている[44][45]進歩主義をイデオロギーの核に据える努力を行っているが、選挙運動ビデオには知名度のある右派の知識人、ジャーナリスト、テレビ出演者などを登場させている[46]。2006年、エル・ペリオディコ・デ・カタルーニャは、リベラが2002年から2006年まで中道右派国民党(PP)の党員だったことを明らかにし、離党したのがシウダダノスからカタルーニャ州議会選挙に立候補するわずか3か月前だったことも記した[47]。しかし、リベラは国民党の正式な党員だったことを否定し、青年組織の活動の一部に参加していたことだけを認めた。

シウダダノスの主要な会合はしばしばカタルーニャ独立主義者に妨害されている[48]。2007年9月、党首のアルベール・リベラは、政治界から引退することを促す死の脅迫を匿名の人物から受けたと主張した[49][50][51][52]

シウダダノスは公共テレビで見解を述べる時間が少なすぎるとして頻繁に不満を述べている[53]。また、カタルーニャ州に拠点を置くスペイン語新聞のラ・バングアルディア紙やエル・ペリオディコ・デ・カタルーニャ紙などのカタルーニャ・メディアを同様の理由で批判している。一方でシウダダノスの反対者や評論家は、マドリードに拠点を置くリベルタ・デジタル英語版エル・ムンド紙、テレマドリード英語版ABC紙などの全国メディアによる、政党の議席数に対して不釣り合いに高い露出度を指摘している。

選挙結果[編集]

世論調査による政党支持率の推移(2011年-2015年)
   紫色=ポデモス,    青色=国民党,    赤色=社会労働党,    橙色=シウダダノス

スペイン国会[編集]

スペイン国会 下院
得票数 議席数 地位 順位 党首
2008年 46,313 0.2%
0 / 350
13位 アルベール・リベラ
2011年 参加せず
2015年 3,514,528 13.9%
40 / 350
増加40 4位 アルベール・リベラ
2016年 3,123,769 13.1% 減少0.8
32 / 350
減少8 未決定 4位 アルベール・リベラ

欧州議会[編集]

欧州議会
得票数 議席数 順位
2009年 22,9031 0.1%
0 / 54
11位
2014年 497,146 3.2% 増加3.1
2 / 54
増加2 8位

1リベルタス英語版と選挙連合を組んだ。

地方自治体議会[編集]

地方自治体議会
得票数 議席数 順位
2007年 67,298 0.3%
13 / 66,131
17位
2011年 35,060 0.2% 減少0.1
7 / 68,230
減少6 23位
2015年 1,461,258 6.55% 増加6.4
1,527 / 67,611
増加1521 6位

カタルーニャ州議会[編集]

カタルーニャ州議会
得票数 議席数 地位 順位 備考
2006年英語版 89,840 3.0%
3 / 135
野党 6位
2010年英語版 106,154 3.4% 増加0.4
3 / 135
±0 野党 6位
2012年英語版 275,007 7.6% 増加4.2
9 / 135
増加9 野党 6位
2015年 734,910 17.93% 増加10.36
25 / 135
増加16 野党 2位

他の自治州議会[編集]

自治州 得票数 議席数 地位 順位 備考
2015年 アンダルシア州議会 368,816 9.28%
9 / 109
野党 4位

書籍[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ なお、2015年5月の地方自治体選挙の際には、ポルトゥガレテ市議会議員にリベルタ=マノス・リンピアス(PxL)の筆頭候補(市長候補)として出馬したジョランダ・コウセイロ・モリン(Yolanda Couceiro Morin)が、乳房と女性器を選挙文句や「清廉な手」で隠した状態の全裸で選挙ポスターに登場している[24][25]

出典[編集]

  1. ^ a b Parties and Elections in Europe: The database about parliamentary elections and political parties in Europe” (English). Wolfram Nordsieck. 2015年3月14日閲覧。
  2. ^ and has a left-liberal, secularist slant” (English). Demsoc Europe (2014年7月15日). 2015年3月14日閲覧。
  3. ^ Directo de los resultados de las elecciones catalanas 2012” (Spanish). プブリコ. 2015年3月14日閲覧。
  4. ^ Citizens – Party of the Citizenship (C’s)” (English). Demsoc Europe (2014年5月20日). 2015年3月14日閲覧。
  5. ^ López Basaguren & Escajedo San Epifanio 2013, p. 871«This paper has presented a multistage model of voting for nationalist parties, as well as for the nonnationalist Ciutadans-Partit de la Ciutadania»
  6. ^ Ciutadans renuncia a las generales tras el 'no' de UPyD a concurrir en coalición” (Spanish). エル・ムンド (2011年9月15日). 2015年3月14日閲覧。
  7. ^ Albert Rivera o el acoso a un no nacionalista en el Parlamento autonómico de Cataluña” (Spanish). ペリオディスタ・デジタル (2013年11月7日). 2015年3月14日閲覧。
  8. ^ Sabino Méndez hablara de la inmortalidad del rock'n'roll en el ciclo La Música Contada” (English). Asociación de Compositores y Autores de Música. 2015年3月14日閲覧。
  9. ^ la fundación de un nuevo partido político de carácter racional (es decir, laico y postnacionalista)” (Spanish). エディトリアル・トリアカステーラ. 2015年3月14日閲覧。
  10. ^ Ciutadans triplica afiliación en Espana y crece un 20% en Cataluna” (Spanish). エル・コンフィデンシアル (2013年11月24日). 2015年3月14日閲覧。
  11. ^ Ciutadans estudia expandirse a otras comunidades autónomas tras las elecciones catalanas” (Spanish). リベルタ・デジタル. 2015年3月14日閲覧。
  12. ^ Catalan vote sends mixed messages” (English). エコノミスト・インテリジェンス・ユニット. 2015年3月14日閲覧。
  13. ^ a b c d Catalonia’s nude lawyer steals voters from PM” (English). タイムズ (2015年3月4日). 2015年3月16日閲覧。
  14. ^ a b c スペイン・アンダルシア州議会選、反緊縮政党が台頭” (Japanese). ロイター (2015年3月23日). 2015年3月23日閲覧。
  15. ^ 坂東省次『現代スペインを知るための60章』(エリア・スタディーズ)明石書店, 2013年, pp.212-217
  16. ^ a b c d How Ciudadanos took on Podemos at their own digital game” (English). エル・パイス (2015年3月6日). 2015年3月14日閲覧。
  17. ^ a b c Ciudadanos, the 'Podemos of the right', emerges as political force in Spain” (English). ガーディアン. 2015年3月14日閲覧。
  18. ^ Susan J. Henders (2 March 2010). Territoriality, Asymmetry, and Autonomy: Catalonia, Corsica, Hong Kong, and Tibet. pp. 267–. ISBN 978-0-230-10582-9. http://books.google.com/books?id=fYXGAAAAQBAJ&pg=PA267. 
  19. ^ スペイン国民は「連立」を選んだ 岩波書店 世界 2016年3月号 30頁
  20. ^ Manifesto signed by some intellectuals which preceded the formation of the party” (English). シウダダノス. 2015年3月14日閲覧。
  21. ^ Desnudo para presidir la Generalitat” (Spanish). エル・パイス (2006年9月16日). 2014年7月10日閲覧。
  22. ^ El partido Ciutadans de Catalunya presenta desnudo a su candidato a las autonómicas” (Spanish). エル・ムンド (2006年9月16日). 2014年7月10日閲覧。
  23. ^ Catalan Candidate Offers 'Naked Truth'”. ワシントン・ポスト (2006年10月7日). 2015年3月14日閲覧。
  24. ^ Naked ambition: Female candidate goes completely nude in posters promoting her bid to become mayor of Spanish town” (English). デイリー・メール (2015年3月9日). 2015年3月16日閲覧。
  25. ^ Una candidata a la alcaldía de Portugalete se desnuda en un cartel para pedir 'manos limpias'” (Spanish). エル・ムンド (2015年3月10日). 2015年3月16日閲覧。
  26. ^ Albert Rivera, el joven que se desnudó para luchar contra el nacionalismo catalán” (Spanish). RTVE (2010年11月8日). 2015年3月16日閲覧。
  27. ^ Dos de los tres diputados de Ciutadans se unen para destronar a Rivera” (Spanish). エル・パイス (2009年5月15日). 2014年7月10日閲覧。
  28. ^ Albert Rivera acusa a Robles y Domingo de buscar el fracaso de Ciutadans” (Spanish). エル・ムンド (2009年5月6日). 2014年7月10日閲覧。
  29. ^ Dos de los tres diputados de Ciutadans se unen para destronar a Rivera” (Spanish). エル・パイス (2009年5月15日). 2014年7月10日閲覧。
  30. ^ Miguel Durán, cabeza de lista de la coalición Ciudadanos-Libertas” (Spanish). リベルタ・デジタル (2009年4月15日). 2014年7月10日閲覧。
  31. ^ El TSJ catalán investiga a Jordi Cañas (C's) por supuesto fraude a Hacienda” (Spanish). エル・ディアリオ (2014年1月20日). 2014年7月10日閲覧。
  32. ^ Jordi Cañas renuncia a ser portavoz parlamentario de Ciutadans mientras le investiguen” (Spanish). エル・ムンド (2014年1月21日). 2014年7月10日閲覧。
  33. ^ El diputado de C's Jordi Cañas renunciará a su escaño si es acusado de fraude fiscal” (Spanish). ラ・インフォルマシオン. 2015年3月14日閲覧。
  34. ^ JUNTA ELECTORAL CENTRALBoe
  35. ^ Albert Rivera, proclaimed candidate to the Presidency of the Government” (Spanish). EFE (2015年7月3日). 2015年9月28日閲覧。
  36. ^ C's is left in fourth place” (Spanish). エル・ボレティン (2015年12月21日). 2015年12月30日閲覧。
  37. ^ Pro-Spain Ciutadans group demands Mas step down as regional premier” (English). エル・パイス (2012年11月26日). 2013年5月22日閲覧。
  38. ^ Lluís Orriols (2013年8月13日). “Ciutadans, ¿un partido de izquierdas o de derechas?” (Spanish). エル・パイス. 2014年2月28日閲覧。
  39. ^ Albert River” (Spanish). ディアリオ・クリティコ (2008年2月27日). 2015年3月14日閲覧。
  40. ^ City Council of Barcelona: "Catalan will continue to be the Council's working language"” (English). バルセロナ市議会. 2013年5月22日閲覧。
  41. ^ a b Albert Rivera, Ciutadans candidate: "An independent Catalonia would fail"” (Spanish). 20ミヌートス (2012年11月15日). 2013年5月22日閲覧。
  42. ^ a b Ciudadanos - Modelo de estado” (Spanish). シウダダノス. 2014年7月10日閲覧。
  43. ^ Ciutadans acusa a Rosa Díez de azuzar la revuelta contra Rivera” (Spanish). エル・パイス (2009年5月19日). 2014年7月10日閲覧。
  44. ^ The Catalan oasis is already the populist oasis”. Xavier Casals Wordpress (2010年11月29日). 2015年3月14日閲覧。
  45. ^ Catalonia, the populist laboratory of Spain” (English). Blocs Gencat (2013年6月17日). 2015年3月14日閲覧。
  46. ^ L'exconcursant de 'Gran Hermano' Carlos 'El Yoyas' dóna suport a Ciutadans en un vídeo electoral” (Spanish). Ara.cat (2012年10月29日). 2014年7月10日閲覧。
  47. ^ Albert Rivera estuvo afiliado en el PP hasta tres meses antes de presidir Ciutadans” (Spanish). エル・ムンド (2006年11月21日). 2015年3月14日閲覧。
  48. ^ Agreden al periodista Arcadi Espada en un acto de Ciutadans de Catalunya en Girona contra el Estatut” (Spanish). エル・ムンド (2006年6月5日). 2015年3月14日閲覧。
  49. ^ El presidente de Ciutadans, amenazado de muerte por "luchar contra el nacionalismo"” (Spanish). 20ミヌートス. 2015年3月14日閲覧。
  50. ^ Albert Rivera es amenazado de muerte para que deje la política” (Spanish). エル・ムンド (2007年9月22日). 2015年3月14日閲覧。
  51. ^ El presidente de Ciutadans denuncia haber recibido amenazas de muerte” (Spanish). エル・パイス (2007年9月22日). 2015年3月14日閲覧。
  52. ^ Albert Rivera denuncia amenazas de muerte para que deje su política "contra el nacionalismo" Noticias, actualidad, última hora en Cataluña y España” (Spanish). ラ・バングアルディア (2007年9月21日). 2015年3月14日閲覧。
  53. ^ El CAC pide que se regule la publicidad institucional” (Spanish). エル・パイス (2008年10月9日). 2014年7月10日閲覧。

外部リンク[編集]