ダカール・ニジェール鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダカール駅

ダカール・ニジェール鉄道(Chemin de fer Dakar-Niger)は、西アフリカダカールセネガル)とクリコロマリ)間を結ぶ鉄道路線。全長1287km。

歴史[編集]

1889年カイ(カイェス)駅着工当時の様子
20世紀になって開業したカイ(カイェス)駅の様子
20世紀末から2005年頃までの間に撮影されたカティフランス語版駅の様子

ダカール港とニジェール川を結ぶ鉄道路線建設計画は、19世紀終わりごろフランス領スーダン総督ジョゼフ・ガリエニにより構想された。内陸のマリにまで鉄道を敷設し、ニジェール川を用いた物流ルートと結びつけ、内陸で生産された原料を輸送を可能にする狙いがあった。1905年クリコロからアンビデディまでの区間が開通。1915年ダカールからンジュルベルまでが開通し、1925年にダカールからクリコロ間が開通した。

1947年には鉄道労働者がフランスの労働者と同等の権利を求めてストライキを行い、ストは数か月間続いた。セネガル人作家センベーヌ・ウスマンは小説「神の森の木々英語版」の中でこの事件を取り扱い、フランスの過酷な植民地経営を詳細に描いた。出版は「アフリカの年1960年。大きな社会的影響を与えた。[1]

1960年マリ連邦(現在のセネガルとマリ)としてフランスから独立を果たしたが、同年にセネガルとマリへと分裂、両国の緊張関係が生じた。ダカール・ニジェール鉄道も1962年に国営マリ鉄道と国営セネガル鉄道に分割された。そのため、独立直前に約80万トンあった年間の貨物輸送は、一時約3万トンにまで落ち込んだ。1990年代においても、独立前の輸送量にまで戻らなかった。

運営管理[編集]

管理が難しく投資も不足したことから、インフラストラクチャーの劣化と資材の使い回し状態に陥った。運行が遅延することもたびたびであった。2003年10月から、セネガルとマリは、フランスとカナダの企業連合体(コンソーシアム)である Transrail SA に運営を委任した。同企業連合の資本はカナダの投資会社51%、セネガル及びマリの政府20%、従業員9%、残りはマリとセネガルの個人投資家であった[2]

旅客サービスを維持することがコンソーシアムに定められたはずの義務であるにも関わらず、Transrail は貨物運輸に注力しようとした。3分の2の駅が閉鎖され、接続数も減少したことから、孤立した地域が不便になってしまった。2007年には Transrail がベルギー企業 Vecturis に買収された。Vecturis は頻発するストライキや社会環境の悪化の中で、2009年に39万トン、2010年に約44万トンの貨物輸送を行った。輸送品目は内陸から綿花、海岸部からは生活必需品の輸送需要に対応した。今後は鉱物とセメント輸送の需要動向に注視するとしていた。2012年に運行を停止。[3]

改修[編集]

マリ側の区間については、中国鉄道建設総公司英語版による改修が検討されている。マリの首都バマコからセネガルとの国境までの641キロメートルを標準軌により新たに敷設しなおす計画である。[4]

セネガル側の区間については、新華社通信2013年12月5日報道によると、同月4日、マッキー・サル大統領がセネガルの鉄道設備の「改修は至急且つ注力すべき」問題であるとして、鉄道輸送システムの全面的な設備更新を訴えたという。大統領によると、政府は2014年1月より前に鉄道輸送の設備更新事業についての調査を行わなければならず、調査は大統領府が実施する。また、2014年第一四半期に見通しを出すとした。[5]

概要[編集]

その他情報[編集]

  • 日本のテレビ番組、「世界の車窓から」で取り上げられたことがある。DVD化されており、貴重な映像資料となっている。

脚注[編集]

  1. ^ God's Bits of Wood - Les bouts de bois de Dieu”. 2015年6月8日閲覧。
  2. ^ Les travailleurs sénégalais et maliens de la TRANSRAIL décident d’une paralysie des activités de la société, APA, 8 décembre 2006
  3. ^ Transrail”. 2015年6月9日閲覧。
  4. ^ Vers la rénovation du tronçon malien du chemin de fer Dakar-Bamako
  5. ^ Sénégal : Le président Sall veut la réhabilitation des installations de chemin de fer”. 2015年6月9日閲覧。

関連項目[編集]