メーターゲージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
軌間
軌間の一覧
Graphic list of track gauges

最小軌間
  15インチ 381 mm (15 in)

狭軌
  2フィート、600 mm 597 mm
600 mm
603 mm
610 mm
(1 ft 11+12 in)
(1 ft 11+58 in)
(1 ft 11+34 in)
(2 ft)
  750 mm,
ボスニア,
2フィート6インチ,
800 mm
750 mm
760 mm
762 mm
800 mm
(2 ft 5+12 in)
(2 ft 5+1516 in)
(2 ft 6 in)
(2 ft 7+12 in)
  スウェーデン3フィート
900 mm
3フィート
891 mm
900 mm
914 mm
(2 ft11+332 in)
(2 ft 11+716)
(3 ft)
  1m軌間 1,000 mm (3 ft 3+38 in)
  3フィート6インチ 1,067 mm (3 ft 6 in)
  4フィート6インチ 1,372 mm (4 ft 6 in)

  標準軌 1,435 mm (4 ft 8+12 in)

広軌
  ロシア軌間 1,520 mm
1,524 mm
(4 ft 11+2732 in)
(5 ft)
  アイルランド軌間 1,600 mm (5 ft 3 in)
  イベリア軌間 1,668 mm (5 ft 5+2132 in)
  インド軌間 1,676 mm (5 ft 6 in)
  ブルネル軌間 2,140 mm (7 ft 14 in)
軌間の差異
軌間不連続点 · 三線軌条 · 改軌 ·
台車交換 · 軌間可変
地域別
軌間の分布を示した地図
チュニジア鉄道のナブール駅にある列車

メーターゲージは、鉄道の路線の軌間が1000mmである狭軌の一種であり、多くの国の鉄道の狭軌の標準として世界中で広く使用されている。

メーターゲージの鉄道ネットワークは、南アメリカ、フランス語圏のアフリカ、および東南アジアで見られる。ヨーロッパでは、これらの路線の多くが徐々に廃止されてきたが、スイスやスペインなどの国では、メータゲージによる鉄道ネットワークが長距離にわたって存在している。

歴史[編集]

現代の狭軌による鉄道路線は1860年代に始まり、狭軌の一種である1067mm(3フィート6インチ)軌間の鉄道は、技師であったカール・アブラハム・ピルが設計し、ノルウェーで初めて建設された。その軌間の鉄道は、イギリスの鉱山会社の助けを借りて世界中の多くの国に広がった。たとえば、スペインでは、1867年にウエルバのサンファンデルプエルトに到達する鉄道が1067mm軌間で開通した。その後、アフリカ(南アフリカからスーダン、なお、南アフリカでは後にゲープゲージと呼ばれるようになる)および東南アジアに存在したイギリスの植民地においてもその軌間による鉄道の建設が進められ、その地域の主要な軌間となった。

フランスでは、狭軌の鉄道向けの軌間にイギリスの1067mm軌間の代わりに、独自の1000mm軌間が開発され、1880年に法律によって確立された[1] 。これにより、アフリカ中央部(セネガルからコートジボワールまで)、マダガスカルインドシナのフランスの植民地では、1000mm軌間による鉄道建設が進められた。ドイツは、先行したフランスの例に従い、現在のカメルーンタンザニアにまたがる鉄道をメーターゲージで建設された。

スペインでは、メーターゲージの鉄道は、1853年に初めて建設され、その路線は、カルカジェントとアルシーラの間に14.7kmであった[2]。1880年代後半には、狭軌の鉄道は1000mmか、または1067mmかの選択にゆれていた[3]。1889年末までに、既に600kmを超える狭軌の鉄道が運行しており(ほとんどすべてがメートルゲージ)、スペインの鉄道ネットワークは1,300km強に達していた[4]

ヨーロッパでは、現在、広範囲のメーターゲージによる鉄道ネットワークがスイス、スペイン北部、および多くの都市の路面電車で運行されているが、フランス、ドイツ、ベルギーでは、ほとんどの路線が20世紀半ばに廃止された。

使用[編集]

メーターゲージは、世界中で、95000kmの路線で使用されている。一部の統計では、1067mmなどの類似の軌間をメーターゲージに含めている[5]

これらの類似の軌間も合わせると、20世紀の終わりの時点では、メーターゲージの路線長は、224000kmになり[6]、世界のすべての鉄道システムの全体の長さの20%ぐらいにあたる。

UT 2350 Carancos(スペイン)
Deutz B DHグラールヒメネスアルファロ機関車(ヒホン鉄道博物館)

導入例[編集]

国/地域 鉄道
アルゼンチンの旗 アルゼンチン 11080 km
ベルグラーノ将軍鉄道
 オーストリア
バングラデシュの旗 バングラデシュ 1830 km
そのうち365 kmは、1676 mm軌間の三線軌条である。
ベルギーの旗 ベルギー
ベナンの旗 ベナン 578 km
ベナン鉄道(旧 ベナン・ニジェール鉄道輸送共同体
 ボリビア
ブラジルの旗 ブラジル

23489 km

 ブルガリア
ブルキナファソの旗 ブルキナファソ
  • アビジャン–ブルキナファソ鉄道 (運行中)
ミャンマーの旗 ミャンマー ビルマ鉄道 3200 km, ⼭岳鉄道 160 km
カンボジアの旗 カンボジア 612 km
カメルーンの旗 カメルーン 1104 km
 チリ 2923 km
  • チリ国鉄(タルカ - コンスティトゥシオン支線、アンデス横断鉄道)
  • Ferronorスペイン語版(チリ国鉄の北部路線の保有を民営化して誕生)
  • アントファガスタ・ボリビア鉄道
  • アリカ・ラパス鉄道(チリ国鉄の所有)
    • アンデス横断鉄道はチリとアルゼンチンのを結ぶ国際路線であり、国境部分にはラックレールが設置されているが、この部分は災害により長い間運行が休止され、実質的な廃止状態に。現在は両国とも国境手前までの運行。
中華人民共和国の旗 中国
  • 昆河線 旧滇越鉄道(てんえつてつどう) (運行中)
クロアチアの旗 クロアチア
 チェコ

スデテンランドにある他の都市と同様に、リベレツの路⾯電⾞は以前はメートルゲージであった。ただし、市内中⼼線は標準軌に改軌し、メーターゲージが残っている唯⼀の線は、リベレツとジャブロネツの間を結ぶ路⾯電⾞の13 km区間。

 フィンランド
フランスの旗 フランス

歴史的には多くの地⽅および地域の鉄道で使⽤されていたが、現在はそのうちの数本しか残っていない。

ドイツの旗 ドイツ
ギリシャの旗 ギリシャ ペロポネソスのメーターゲージの鉄道網はヨーロッパで最⼤であったが、現在は改軌工事のため、大半の区間の営業が休止されており、パトラス都市圏のパトラス鉄道とオリンピア・カタコロ観光列⾞のみ運行
インドの旗 インド
イラクの旗 イラク メソポタミア鉄道
イスラエルの旗 イスラエル イスラエル鉄道テルアビブ=エルサレム線が開業時、メーターゲージであった。
イタリアの旗 イタリア
コートジボワールの旗 コートジボワール
  • アビジャン–ブルキナファソ鉄道 (運行中)
 ケニア ケニア鉄道
ラオスの旗 ラオス タイ国鉄のラオス国内区間(3.5 km)
 ラトビア
マダガスカルの旗 マダガスカル
マレーシアの旗 マレーシア マレー鉄道サバ州立鉄道
マリ共和国の旗 マリ

ダカール・ニジェール鉄道

 ニュージーランド
  • ウェリントンケーブルカー (運行中)
 ノルウェー
 パキスタン
  • ミルプールカースナワブシャー鉄道 (廃止)
  • ハイデラバード-ホクラパーラインの⽀線の⼀部 (標準軌に改軌)
ポーランドの旗 ポーランド
ポルトガルの旗 ポルトガル

数路線の山岳支線に存在していたが、1990年代にほとんどが廃止された。メーターゲージの路線同士は相互に接続されていなかったが、広軌(1668 mm)のポルトガル鉄道とは、共同駅や三線軌条によって接続していた。

 ルーマニア
ロシアの旗 ロシア
セネガルの旗 セネガル ダカール・ニジェール鉄道 -1287 km(800マイル)
セルビアの旗 セルビア
  • ベオグラードトラム (運行中)
シンガポールの旗 シンガポール
  • マレー鉄道のシンガポール延⻑部
スロバキアの旗 スロバキア
スペインの旗 スペイン
 スウェーデン
  • スカンセンケーブルカー (運行中)
スイスの旗 スイス

多数の通勤路線、山岳路線、ラックレール路線、⻑距離路線、路⾯電⾞がある

タンザニアの旗 タンザニア
  • タンザニア鉄道
    約2,600 km(1067 mmから改軌)
タイ王国の旗 タイ タイ国鉄
4346 km
トーゴの旗 トーゴ 568 km
トルコの旗 トルコ
ウガンダの旗 ウガンダ ウガンダ鉄道
 ウクライナ
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
 ベトナム

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Alzola Minondo, Pablo de (1885) (スペイン語). Ferro-carriles de vía ancha y de vía estrecha (Capítulo V). 
  2. ^ Joaquín García Raya. “Cronología Básica del Ferrocarril Español de Vía Ancha” (スペイン語). Fundación de los Ferrocarriles Españoles. 2020年3月27日閲覧。
  3. ^ Alejandro Wilke (1887年). “Ancho más conveniente para los ferrocarriles de interés local” (スペイン語). Revista de Obras Públicas. 2020年3月27日閲覧。
  4. ^ Situación de los ferrocarriles de vía estrecha en España” (スペイン語). Revista de Obras Públicas (1891年). 2020年3月27日閲覧。
  5. ^ Pierre Mayeux (1958). Transmondia. La revue de tous les transports. p. 20. ASIN B0000DV6RF. 
  6. ^ Luis Ubalde Claver. Condicionantes Legales y Técnicos del Ferrocarril de Vía Estrecha a lo largo de su Historia en España. Centro de Innovación del Transporte (CENIT), Barcelona. http://www.docutren.com/HistoriaFerroviaria/Gijon2003/pdf/sc5.pdf 2020年3月26日閲覧。. 
  7. ^ Brandon, Andrew. “The Sierra Lumber Company”. Pacific Narrow Gauge. 2020年5月20日閲覧。