ターラカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ターラカーTārakā)は、インド叙事詩ラーマーヤナ』に登場するヤクシニー。スンダの妻。マーリーチャの母。

子供のないことを嘆いたヤクシャ族のスケートゥがブラフマー神に授けてもらったとされ、山のような体躯と、千頭の象に匹敵する力を持つ。ターラカーは夫スンダが聖仙アガスティヤに滅ぼされたことをうらんで、マーリーチャとともに復讐しようとしたが、逆に呪われて醜悪な女怪に変えられた。

またターラカーはガンジス河とサラユ河の合流地点近くにあった2つの都市マラダとカルーシャを滅ぼし、その跡地にできた森林に棲んでいた。

後にターラカーは聖仙ヴィシュヴァーミトラに導かれてやってきたラーマラクシュマナと戦いになった。ターラカーは岩や石を空に巻き上げて、石つぶてとし、ラーマたちを攻撃したが、女性を殺すことをためらったラーマによって両腕を、またラクシュマナによって鼻と耳を切り落とされた。しかしターラカーは怯まなかったため、最後はラーマの矢によって討ち滅ぼされた。