キシュキンダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キシュキンダーの風景

キシュキンダー(ラテン文字表記:Kishkindhā、サンスクリット: किष्किन्‍धा)は、インド叙事詩ラーマーヤナ』に登場する地名で、ヴァナラ)族の都とされる。キシュキンダーは広大な洞窟の中にあり、市街は宝石で美しく飾られ、豊かな庭園で満ちているとされる。

『ラーマーヤナ』第3巻(キシュキンダー・カーンダ)はキシュキンダーを舞台とし、ヴァナラ族の王位をめぐる争いが主題となっている。

王国初代の王リクシャラージャには2人の息子ヴァーリンスグリーヴァがいたが、彼らは対立関係にあった。ラーマはこの兄弟のうちスグリーヴァに味方し、彼が王国を取り戻すのを援助した。王位に就いたスグリーヴァは世界中に居住しているヴァナラ族をキシュキンダーに結集し、ラーマに協力したとされる。

なお、キシュキンダーは現在の南インドカルナータカ州マイソールであると考えられている。