ソングX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ソングX
パット・メセニー&オーネット・コールマンスタジオ・アルバム
リリース
録音 1985年12月12日 - 14日 ニューヨーク ザ・パワー・ステーション[1]
ジャンル フリー・ジャズ
時間
レーベル ゲフィン・レコード
ノンサッチ・レコード(20thアニバーサリー盤)
プロデュース パット・メセニー
専門評論家によるレビュー
パット・メセニー 年表
コードネームはファルコン
(1985年)
ソングX
(1986年)
スティル・ライフ (トーキング)
(1987年)
オーネット・コールマン 年表
Prime Design/Time Design
(1985年)
ソングX
(1986年)
イン・オール・ランゲージズ
(1987年)
テンプレートを表示

ソングX』(Song X)は、パット・メセニーオーネット・コールマン1985年に録音し、1986年に連名で発表したスタジオ・アルバム。メセニーが新たに契約を得たゲフィン・レコードから発売された。オリジナル盤は8曲入りだが、レコーディングから20年後の2005年には、未発表曲6曲の後にアルバム本編を収録した20thアニバーサリーCDがノンサッチ・レコードから発売された[2]

背景[編集]

メセニーは以前からオーネット・コールマンを敬愛しており、『ブライト・サイズ・ライフ』(1976年)や『80/81』(1980年)といったアルバムでコールマンの曲を取り上げてきた。また、『80/81』ではコールマンのグループで活動していたチャーリー・ヘイデンデューイ・レッドマンを迎えており[3]、ヘイデンは本作にも参加している。

本作の制作に先立ち、メセニーはニューヨークでアパートを借りて、3週間半にわたり毎日7時間コールマンと共に演奏した[4]。レコーディングはザ・パワー・ステーションにおいてスタジオ・ライヴという形で行われ、3日間で終了した[1]。「モブ・ジョブ」は、コールマン率いるプライム・タイムが「ジョブ・モブ」というタイトルで録音した曲の再演である[3]

反響・評価[編集]

アメリカでは『ビルボード』のジャズ・アルバム・チャートで9位を記録[5]。ジャズ雑誌『ダウン・ビート』の読者投票では、1986年の最優秀ジャズ・アルバムに選ばれた[6]

Jon Parelesは1986年4月20日付の『ニューヨーク・タイムズ』紙において「コールマンが近年プライム・タイムと共に作ってきたアルバムほど複雑に縺れた作品ではなく、より直接的に豊かな旋律を押し出している」「メセニーのキャリアの中でも最も熱狂的な音楽」と評した[3]。また、ロバート・クリストガウは1986年9月2日付の『ヴィレッジ・ヴォイス』紙において本作を推薦盤の一つとして挙げ「私が1970年代初頭よりコールマンに注目するようになってから、彼が生み出した最も素晴らしい純正ジャズ・アルバム」「甘美なリリシズム、音速のコメディ、それに向こう見ずな創造性に満ちている」と評した[7]

トラック・リスト[編集]

特記なき楽曲はオーネット・コールマン作曲。

#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「ソングX - Song X」  
2.「モブ・ジョブ - Mob Job」  
3.「エンデンジャード・スピーシーズEndangered Species」(Ornette Coleman, Pat Metheny)  
4.「ヴィデオ・ゲームズ - Video Games」  
5.「キャサリン・グレイ - Kathelin Gray」(Coleman, Metheny)  
6.「三角法 - Trigonometry」(Coleman, Metheny)  
7.「ソングX・デュオ - Song X Duo」(Coleman, Metheny)  
8.「ロング・タイム・ノー・シー - Long Time No See」  

20thアニバーサリー盤[編集]

#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「ポリス・ピープル - Police People」  
2.「オール・オブ・アス - All of Us」  
3.「グッド・ライフ - The Good Life」  
4.「ワード・フロム・バード - Word from Bird」  
5.「コンピュート - Compute」  
6.「ザ・ヴェイル - The Veil」  
7.「ソングX - Song X」  
8.「モブ・ジョブ - Mob Job」  
9.「エンデンジャード・スピーシーズ - Endangered Species」(Coleman, Metheny)  
10.「ヴィデオ・ゲームズ - Video Games」  
11.「キャサリン・グレイ - Kathelin Gray」(Coleman, Metheny)  
12.「三角法 - Trigonometry」(Coleman, Metheny)  
13.「ソングX・デュオ - Song X Duo」(Coleman, Metheny)  
14.「ロング・タイム・ノー・シー - Long Time No See」  

パーソネル[編集]

脚注[編集]