ゼゼラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゼゼラ
Biwia zezera specimen male.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: コイ目 Cypriniformes
: コイ科 Cyprinidae
亜科 : カマツカ亜科 Gobioninae
: ゼゼラ属 Biwia
: ゼゼラ B. zezera
学名
Biwia zezera
(Ishikawa, 1895 )
和名
ゼゼラ

ゼゼラ(Biwia zezera)はコイ目コイ科カマツカ亜科ゼゼラ属淡水魚である。

名前の由来[編集]

琵琶湖膳所付近で発見されたことからゼゼラの名がついた[1]。種小名の zezera もこれにちなんでいる。

分布[編集]

日本固有種[1]琵琶湖淀川水系ワンド、濃尾平野、山陽地方、九州北部に生息している。関東地方はコアユの放流に伴う移入分布。

特徴[編集]

全長8cm[1]。底性であるが砂の中にもぐることはない[1]。吻は丸く、ひげはない[1]

食性[編集]

イトミミズデトリタス藻類などを好んで食べる。

分類[編集]

2010年に、琵琶湖淀川水系のゼゼラは別種であるとされ、ヨドゼゼラ (B. yodoensis) として新種記載された[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『ヤマケイポケットガイド17 淡水魚』(2000年山と渓谷社)p.90
  2. ^ Kawase and Hosoya (2010) Ichthyological Exploration of Freshwaters, 21(1): 1-7.