セラミックパークMINO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
セラミックパークMINO
Ceramics Park MINO
Ceramics Park MINO2007-1.jpg
エントランス部
情報
用途 美術館、イベントホール、国際会議場
設計者 磯崎新、熊谷建築設計室設計共同企業体[1][2]
構造設計者 川口衞構造設計事務所[1]
施工 東急鴻池・岐建特定建設工事共同企業体[1][2]
建築主 岐阜県[1]
管理運営 公益財団法人セラミックパーク美濃
構造形式 鉄骨造鉄骨鉄筋コンクリート造[1][2]
敷地面積 173,132.55 m² [1][2]
建築面積 8,199.27 m² [1][2]
延床面積 14,466.05 m² [1][2]
階数 地上4階、地下2階[1][2]
高さ 26.826m[1]
着工 2000年[2]
竣工 2002年[2]
開館開所 2002年10月12日
所在地 507-0801
岐阜県多治見市東町4-2-5
備考 第14回JSCA賞受賞[1]
テンプレートを表示

セラミックパークMINO(セラミックパークミノ、Ceramics Park MINO)は、岐阜県多治見市にある美術館、イベントホール、国際会議場などで構成される複合施設。

特徴[編集]

多治見市東部の丘陵に位置し、谷や尾根などの自然の地形に調和させ、自然環境に配慮した設計がされている。美術館展示室には、吊り免震構造で世界初となる「並進振子免震システム」を採用している。

施設[編集]

カスケード広場
  • 岐阜県現代陶芸美術館
    • ミュージアムショップ
  • オリベスクエア
    • 展示ホール
    • 国際会議場
    • イベントホール
    • 小会議室
    • 屋上広場
    • レストラン
    • ショップ&ギャラリー
    • 作陶館(作陶体験施設)
    • 茶室
    • 展望台
    • カスケード広場

交通アクセス[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 第14回作品賞”. 日本建築構造技術者協会. 2015年5月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i セラミックパークMINO”. 建築作品データベース. 2015年5月25日閲覧。
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度19分51.1秒 東経137度9分17.6秒 / 北緯35.330861度 東経137.154889度 / 35.330861; 137.154889