セメント町 (津久見市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 大分県 > 津久見市 > セメント町
セメント町
津久見市セメント町の地名表示
津久見市セメント町の地名表示
セメント町の位置(大分県内)
セメント町
セメント町
セメント町の位置
北緯33度4分40.9秒 東経131度51分18.6秒 / 北緯33.078028度 東経131.855167度 / 33.078028; 131.855167
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Oita Prefecture.svg 大分県
市町村 Flag of Tsukumi Oita.JPG 津久見市
人口
2010年平成22年)10月1日現在
 • 合計 336人
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
879-2443
市外局番 0972(臼杵MA)
ナンバープレート 大分
国道217号沿いにあるセメント町停留所

セメント町(セメントまち)は、大分県津久見市の地名。人口は336人、世帯数は167世帯(2010年10月1日現在)[1]郵便番号は879-2443(津久見郵便局管区)。

地理[編集]

セメント町は北を青江川、南をJR九州日豊本線で区切られ、東で津久見市港町に接する概ね三角形の区域で、中心を東西に国道217号が貫通し、北に向けて大分県道217号臼杵津久見線(旧国道217号)が分岐する。

歴史[編集]

津久見市では、胡麻柄山をはじめとする山地の豊富な石灰石資源と、深度が深い天然の良港である津久見港を活かして古くからセメント産業が盛んであり、1917年(大正6年)10月に桜セメント九州工場が開設されたのを皮切りに、1919年(大正8年)11月に大分セメント(後の小野田セメント、秩父小野田セメント、現太平洋セメント大分工場津久見プラント)、1934年(昭和9年)に太平セメントが相次いでセメント生産を開始し、セメント産業が市が中心産業となった。

1967年昭和42年)4月には、セメント工場にちなんで、工場の正門付近の地名がセメント町と改められた[2]。ただし、工場自体はこの地区の北側の徳浦から合ノ元町にかけての地区にあり、セメント町には社宅などしか存在しない。

なお、小野田セメントの創業の地である山口県山陽小野田市にも、同様にセメント産業を由来とするセメント町が存在する。

施設[編集]

郵便局[編集]

  • 津久見青江郵便局

寺社[編集]

  • 蓮照寺

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区(校区)は以下の通りとなる[3]

町名 区域 小学校 中学校
セメント町 全域 津久見市立青江小学校 津久見市立第二中学校

交通[編集]

道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

座標: 北緯33度4分40.9秒 東経131度51分18.6秒