スーリヤ・バハドゥル・タパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スーリヤ・バハドゥル・タパ

スーリヤ・バハドゥル・タパネパール語:सूर्य बहादुर थापा、: Surya Bahadur Thapa1928年3月21日 - 2015年4月15日)は、ネパール保守政治家。3人の国王の下で5回、首相を務めた。旧王党派。ネパールのダンクッタ州ムガの生まれ。一人の息子と、三人の娘がいる[1]

首相の任期は次の通り。

はじめの3回は無政党で、後の二回は国民民主党(タパ派)に属した。

タパはギャネンドラ国王により、2003年6月4日、5度目の首相に任命され、2004年5月7日、国民の不満の高まりにより、国王独裁を手放すことを余儀なくされたとき、辞任した。後任にはシェール・バハドゥル・デウバが就任した。

タパはインドのアラーハーバード大学を卒業(教養学士)。クルクシェートラ大学から名誉文学博士の称号を授与されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Former Nepal PM Surya Bahadur Thapa dies”. Times of India (2015年4月16日). 2015年4月16日閲覧。

参考文献[編集]

  • 佐伯和彦 『世界歴史叢書 ネパール全史』 明石書店、2003年 

関連項目[編集]

先代:
ロケンドラ・バハドゥル・チャンダ
ネパールの首相
1997年 - 1998年
次代:
ギリジャー・プラサード・コイララ
先代:
ロケンドラ・バハドゥル・チャンダ
ネパールの首相
2003年 - 2004年
次代:
シェール・バハドゥル・デウバ