スプリングフィールド (原子力潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Springfield (SSN-761).jpg
艦歴
発注 1986年3月21日
起工 1990年1月29日
進水 1992年1月4日
就役 1993年1月9日
その後 就役中
母港 コネチカット州グロトン
性能諸元
排水量 満載:6,927 トン、
基準:6,000 トン
全長 110.3 m (362 ft)
全幅 10 m (33 ft)
喫水 9.4 m (31 ft)
最大速 水上25 kt (46 km/h)、
水中30+ kt (56 km/h)
潜行深度
機関 S6G reactor 1基
乗員 士官12名、兵員98名
モットー
761insig.png

スプリングフィールド(USS Springfield, SSN-761)は、アメリカ海軍ロサンゼルス級原子力潜水艦の50番艦。艦名はイリノイ州およびマサチューセッツ州スプリングフィールドに因んで命名された。その名を持つ艦としては4隻目。本艦以前のスプリングフィールドはそれぞれ命名の由来が異なる。

艦歴[編集]

スプリングフィールドの建造は1986年3月21日にコネチカット州グロトンジェネラル・ダイナミクス・エレクトリック・ボート社に発注され、1990年1月29日に起工した。1992年1月4日にリン・マーティンによって命名、進水し、1993年1月9日にリチャード・K・フォード艦長の指揮下就役した。スプリングフィールドはグロトンの海軍潜水艦基地を母港とする。

2004年中頃にスプリングフィールドはエレクトリック・ボートで広範囲オーバーホール及び近代化改修を開始した。通常の定期メンテナンスおよび補修に加え、新型の火器管制装置、ソナーミサイル発射装置および通信装置、リングレーザージャイロ慣性航法システムが装着され、隠密行動性の改良と機関室の改良が行われた。改修作業は2005年12月に完了した。

スプリングフィールドは2006年9月から2007年3月まで対テロ戦争の支援活動に従事した。2007年5月時点でスプリングフィールドは維持および近代化作業中である。

スプリングフィールドの現在の艦長はポール・E・サヴェッジ中佐である。副官はビオンディ少佐、航海長はランディ・J・ハッカバである。

受賞[編集]

2007年時点でスプリングフィールドは海外へ7回展開しており、2度の部隊賞および戦闘効率賞を受賞している。2003年にはアーレイ・バーク艦隊トロフィーを受賞し、近年も同賞にノミネートされた。また、スプリングフィールドは航法、エンジニアリング、医療、補給、ダメージ・コントロール、デッキ・シーマンシップなど様々な面で多数の賞を受賞している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]