モントピリア (原子力潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
USS Montpelier (SSN-765).jpg
艦歴
発注 1987年2月6日
起工 1989年5月19日
進水 1991年8月23日
就役 1993年3月13日
その後 就役中
母港 バージニア州ノーフォーク
性能諸元
排水量 満載:6,927 トン、基準:6,000 トン
全長 110.3 m (362 ft)
全幅 10 m (33 ft)
喫水 9.4 m (31 ft)
最大速 水上25 kt (46 km/h)、水中30+ kt (56 km/h)
潜行深度 290 m (950 ft)
機関 S6G reactor 1基
乗員 士官12名、兵員98名
モットー Audaces Fortuna Juvat
" Fortune Favors the Bold"
765insig.png

モントピリア(USS Montpelier, SSN-765)は、アメリカ海軍ロサンゼルス級原子力潜水艦の54番艦。艦名はバーモント州モントピリアに因んで命名された。その名を持つ艦としては3隻目。

艦歴[編集]

モントピリアの建造は1987年2月6日にバージニア州ニューポート・ニューズニューポート・ニューズ造船所に発注され、1989年5月19日に起工した。1991年8月23日にナンシー・ヘイズ・スヌヌ夫人によって命名、進水し、1993年3月13日にヴィクター・フィービッグ艦長の指揮下就役した。

モントピリアはイラクの自由作戦トマホーク巡航ミサイルを発射した最初の潜水艦であった。艦長ウィリアム・J・フレーク中佐の指揮下、「一掃」のため20基のミサイル全てを発射した。

「マイティ・モンティ Mighty Monty」はバージニア州ノーフォークに配備される。

事故[編集]

2012年10月13日、アメリカ東部沿岸で行われていた演習中に、サン・ジャシント (ミサイル巡洋艦)と接触する事故を起こした[1]。ニューポート・ニューズ造船所に回航されて修理が行われ、衝突時に引きちぎられた操舵は退役した同型艦「ソルトレイク・シティ」から再利用する形で交換された。さらに、衝突で機関部の耐圧殻に損傷が広がっていたため、その交換に時間がかかり、修理には長期間を要するとされている[2]

出典[編集]

  1. ^ “米イージス艦が原潜と衝突、けが人なし。米東海岸沖で演習中に”. 産経ニュース (MSN). (2012年10月14日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/121014/amr12101414340001-n1.htm 2012年10月14日閲覧。 
  2. ^ 「海外艦艇ニュース 米原潜モントピーリアの修理が困難を極める」『世界の艦船』第792集(2014年2月号) 海人社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]