ストリングスホテル東京インターコンチネンタル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ストリングスホテル東京インターコンチネンタル
Shinagawa East-one-tower.JPG
ホテル概要
正式名称 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル
運営 IHG・ANAホテルズグループジャパン
前身 ストリングスホテル東京
階数 26 - 32階
部屋数 206室
開業 2003年5月20日
最寄駅 JR品川駅
最寄IC 首都高速道路芝浦IC
所在地 〒108-8282
東京都港区港南二丁目16番1号 品川イーストワンタワー26 - 32階
位置 北緯35度37分40.4秒
東経139度44分26.6秒
座標: 北緯35度37分40.4秒 東経139度44分26.6秒
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル(ストリングスホテルとうきょうインターコンチネンタル、The Strings by InterContinental Tokyo)は、東京都港区港南二丁目にある高級ホテル。経営はベストグローバル、マネジメントはIHG・ANAホテルズグループジャパンが行う。インターコンチネンタルホテルズグループに属す。

概要[編集]

2003年5月20日、品川駅港南口の品川イーストワンタワーの26階から32階にストリングスホテル東京として開業。

パークホテル東京」や「フォーシーズンズホテル丸の内東京」・「グランドハイアット東京」等の開業と前後しており、全日空ホテルズのフラッグシップである「東京全日空ホテル」を上回るグレードを目指して「全日空 / ANA」の語句を敢えて名称に採り入れなかった。提携ホテルでは無いが、建物は大東建託の自社ビルである。

当初より「Home Away;From Home」(第二の我が家)をテーマとしている。インターコンチネンタルブランドへの変更後、リーフレット表紙に表記された。

2006年秋に全日空ホテルズがIHG-ANAホテルズへ組織変更を行い、2007年5月20日にストリングスホテル東京インターコンチネンタルと改称した。

2014年1月1日付で現在のブランドと名称を維持したまま、経営権がホテルインターコンチネンタル東京ベイ及びヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルを資本傘下にもつベストブライダルに譲渡された。ベストブライダルは運営子会社として株式会社ベストグローバルを2013年11月25日付で設立し、運営にあたる。

施設[編集]

高速インターネット通信完備の客室全206室、レストランはフランス料理兼バーの「ザ・ダイニング」と中国料理「チャイナシャドー」の2つ、他にフィットネスルーム、ビジネスセンターなどを備えている。宴会場は219平米の中規模なものが1室あるのみだが、他に「チャイナシャドー」内に個室が4室ある。建物中央部は26階から32階まで大きなアトリウムとなっている。その中央部に「ザ・ダイニング」があり、それを囲む池の上にはガラスの橋が架けられている。

客室[編集]

客室は、最も標準的なデラックスルームで30平米前後と、広さは最近の高級ホテルとしてはやや狭いものの、G.A.デザインによるモダンなデザインと、高層階からの眺望が楽しめる。

  • 客室カテゴリはクラシック、デラックス、プレミア、ザ・スイート、ザ・ピークスイート

交通アクセス[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]