パークホテル東京

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パークホテル東京

Shiodome Media Tower.jpg

ホテル概要
正式名称 パークホテル東京
運営 株式会社芝パークホテル
階数 25 - 34階
部屋数 270室
開業 2003年9月1日
所在地 〒105-7227
東京都港区東新橋1丁目7番1号 汐留メディアタワー
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

パークホテル東京(パークホテルとうきょう、Park Hotel Tokyo)は、東京都港区東新橋共同通信社が建設した汐留メディアタワー上層部に開業したホテル。 「日本の美意識が体感できる時空間」をコンセプトに、アートを軸とした空間づくりが行われている。運営は芝パークホテル

概要[編集]

再開発エリアである汐留シオサイトでは、2003年7月に汐留タワー上層部に開業したロイヤルパーク汐留タワーに次いで開業したホテルである。芝パークホテルとしては初の姉妹ホテルで、芝パークホテルとは直線距離で一キロ弱しか離れておらず、管理業務や予約、交換業務が一元化でき、コストが抑えられることから進出に踏み切った[1]

25階にフロントを置き、34階まで10層吹き抜け都心のホテル最大級のアトリウムが特色。アトリウムでは日本の四季をテーマとした展示会を開催している。4つのレストラン & バーなどがあるが、宴会場は設けず[1]、宿泊特化型でホテルとして営業を行っている。31階は「アーティストルーム」のフロアとなっている。

インテリアの基本設計はフランス人のフレデリック・トマ(デ・スィーニュ社)で、コンセプトから汐留メディアタワーの設計を手掛けたKAJIMA DESIGNと協働した[2]

客室[編集]

  • シティツイン、コーナーツイン
  • パークスイート
  • シティシングル
  • シティダブル
  • プレミアムツイン、プレミアムダブル

レストラン[編集]

  • 花山椒 日本料理
  • アートカラーズダイニング
  • ザ ソサエティ
  • ニュース アート カフェ
  • スカーレットルーム、ブルールーム(プライベートダイニング)

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「パークホテルホテル東京(東京・汐留)居心地の良さを追求 中級路線で差別化(みせどころ)」『日経MJ』2003年9月20日
  2. ^ 新建築 2003, p. 140.
[脚注の使い方]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度39分48.0463秒 東経139度45分34.6608秒 / 北緯35.663346194度 東経139.759628000度 / 35.663346194; 139.759628000