スティラン=ヴェンデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Stiring-Wendel

Stiring-Wendel - Blason.png

Eglise saint françois Stiring-Wendel.jpg

行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) グラン・テスト地域圏
(département) モゼル県Blason département fr Moselle.svg
(arrondissement) フォルバック=ブレ=モゼル郡
小郡 (canton) スティラン=ヴェンデル小郡
INSEEコード 57660
郵便番号 57350
市長任期 ジャン=クロード・オルス
2014年-2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté d'agglomération de Forbach Porte de France
人口動態
人口 11 991人
2016年
人口密度 3 331人/km2
住民の呼称 Stiringeois
地理
座標 北緯49度12分01秒 東経6度55分47秒 / 北緯49.2002777778度 東経6.92972222222度 / 49.2002777778; 6.92972222222座標: 北緯49度12分01秒 東経6度55分47秒 / 北緯49.2002777778度 東経6.92972222222度 / 49.2002777778; 6.92972222222
標高 平均:m
最低:205 m
最高:254m
面積 3.6km2
Stiring-Wendelの位置(フランス内)
Stiring-Wendel
Stiring-Wendel
公式サイト stiring-wendel.info
テンプレートを表示

スティラン=ヴェンデルStiring-Wendelドイツ語:Stieringen-Wendel)は、フランスグラン・テスト地域圏モゼル県コミューン。コミューン面積はわずか360ヘクタールしかなく、ドイツと国境を接している。1857年にコミューンとなった。自然区分上の地方、ヴァルン(fr)に属する。

地理[編集]

コミューンはフォルバックと、ドイツのザールブリュッケンに接している。

オートルート A320号線道路がコミューンと接しており、メスから50分、ストラスブールから20分、ナンシーから約10分で来れる。最寄りの鉄道駅はフォルバックにある。フォルバックTGV駅からLGV東ヨーロッパ線パリまで約1時間50分、ドイツのフランクフルト・アム・マインまでは2時間20分である。

由来[編集]

926年にSyrin[1]Stiringenditzweiller[1]、1751年にStiringenditzchweiller[2]、18世紀にStyringen[2]、最終的に1857年にStiring-Wendelと、地名が書き留められている。

ロートリンゲン・フランケン語ではStiringe[3]、ドイツ語ではStieringen-Wendelとなる。

元々、集落の名前はStiringで、これはゲルマン語の男性名に接尾辞の-ingen、その後-ingを付加した地名である。そうでなければ、Stiringは『ウシの囲い』を意味している(stierはウシを意味する)。なぜならこの集落は複数の農場で構成されていたからである。ヴェンデル家(fr)が工業都市を建設した時、彼らの家名が集落の名前に付け足された。

住民のニックネームは、Die Stiringer Sandhase(スティランの砂の野ウサギ)である[4]

歴史[編集]

スティラン集落はかつてフォルバック伯領に含まれ、同様にシェネックのコミュニティと教区の一員でもあった。1846年、当時コミューンのフォルバックの一部であった土地に、ヴェンデル家が所有する鉄鋼複合施設が建設された。

シャルル・ド・ヴェンデル(fr、1809年-1870年)はまた、労働者の住居、学校、司祭館、教会を備えた工業都市を建設した。ナポレオン3世デクレによって、1857年6月3日、付属的な都市から完全な自治をもつコミューンに昇格した。普仏戦争後、スティラン=ヴェンデルを含む地方のコミューンは、ドイツの支配下に入った。工場は衰退して1897年に閉鎖された。炭鉱の開発が、都市経済を再出発させた。2世代にわたる平和と繁栄の後、1914年に第一次世界大戦が勃発した時、モゼル人たちはドイツ帝国のために戦った。ドイツの軍服を着た彼らの多くは東部戦線のみならず、西部戦線、特にフランスとフランドルに送られた。コミューンが再びフランス領となったのは1918年だった。

第二次世界大戦と、ドイツによるロレーヌ併合の悲劇的な事件は、永遠に住民の心に跡を残した。1939年、スティラン=ヴェンデル住民の大半がシャラント県、特にシャレに集団移転させられたのである。コミューンは激しい戦闘の後、1945年3月3日に解放された[5]

人口統計[編集]

2016年時点のコミューン人口は11991人で[6]、2011年時点の人口より3.59%減少した。

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2004年 2016年
15028 13757 12665 13581 13743 13129 12588 11991

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[7]、2006年以降INSEE[8][9]

史跡[編集]

  • サント・マルトの櫓 - フランス最古の現存する石造の巻き上げ櫓。1852年完成。1992年から歴史的記念物[10]

脚注[編集]

  1. ^ a b Ernest Nègre, Toponymie générale de la France, Tome 2
  2. ^ a b Mémoires de la société d'archéologie et d'histoire de la Moselle (1862)
  3. ^ Geoplatt
  4. ^ Cercle « Die Furbacher » - Histoire locale de Forbach no 62, 2008.
  5. ^ 1944-1945, Les années Liberté, Le Républicain Lorrain, Metz, 1994, p. 15.
  6. ^ Population municipale légale en vigueur au 1er janvier 2019, millésimée 2016, définie dans les limites territoriales en vigueur au 1er janvier 2018, date de référence statistique : 1er janvier 2016.
  7. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=36835
  8. ^ https://www.insee.fr/fr/statistiques/3293086?geo=COM-57660
  9. ^ http://www.insee.fr
  10. ^ https://www.pop.culture.gouv.fr/notice/merimee/PA00107076