スタンフォード人工知能研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スタンフォード人工知能研究所スタンフォードAIラボまたは SAIL)はスタンフォード大学にある人工知能(AI)研究所。

1963年マサチューセッツ工科大学からスタンフォードに移ってきたジョン・マッカーシーが設立した。1965年から1980年までスタンフォードを見下ろすサンタクルーズ山のふもとの D.C. Power building にあった。この期間、SAIL は AI 研究の主要拠点のひとつであった。

歴史[編集]

古いSAILの建物[1]は主キャンパスから5マイルほど離れており、Felt Lake を見下ろす丘にあった。周囲は全くの田舎の風景であり、1960年代にはある種の隔絶された状況を生み出していた。しかし、1989年の地震(en:Loma Prieta earthquake)で建物が損傷したため、大学はこの場所を使用しないと決定した。

SAILの卒業者は様々なシリコンバレー企業で重要な役割を果たした。大きなところではシスコシステムズサン・マイクロシステムズがあるし、小さな企業では Vicarm、Foonly、Imagen、Xidex、Valid Logic Systems がある[2]。SAILでの研究成果も数多く、例えば音声認識ロボット工学で知られている。

SAILはまた、WAITSオペレーティングシステムを開発した[2]。SAIL ではDEC PDP-10の様々な機種で WAITS を動作させていた(当初はPDP-6、その後 KA10 と KL10)。WAITS は Foonly のシステム(PDP-10のクローン)でも動作した。SAILのシステムは一時期は3種類のプロセッサ(KL10/KA10/PDP-6)で稼動していた。SAILシステムは1991年に機能停止した[2]

SAILの名前は1970年に Dan Swinehart と Bob Sproull がスタンフォード人工知能研究所で開発した言語の名称にも使われている[3]

1980年、その活動は大学の計算機科学科と統合され、スタンフォードの主要キャンパスにある Margaret Jacks Hall に移転した。

SAIL は 2004年に活動を再開し、Sebastian Thrun を新たな所長とした。21世紀のSAILの目的は「世界を理解する方法を変える」ことであり[4]、研究分野はバイオインフォマティクス認識計算幾何学コンピュータビジョン意思決定論分散システムゲーム理論画像処理情報検索知識ベース論理学機械学習、マルチエージェントシステム、自然言語ニューラルネットワーク、プランニング、ベイジアンネットワーク、センサーネットワークロボット工学などである[4]

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ Photos of SAIL places and people
  2. ^ a b c The autobiography of SAIL, スタンフォードのWebサイトより。1991年のSAILに関する電子メールのコピー。
  3. ^ Entry for Stanford Artificial Intelligence Language FOLDOCより。
  4. ^ a b Official website for the Stanford AI Laboratory

外部リンク[編集]