スコット・ペリー (ジャーナリスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スコット・ペリー
Scott Pelley
Pelley Antarctica edited-1.jpg
2007年、南極大陸にて
生誕 Scott Cameron Pelley
(1957-07-28) 1957年7月28日(61歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テキサス州サンアントニオ
教育 テキサス工科大学
職業 テレビジャーナリスト
アンカーパーソン
代表経歴60 Minutes II』特派員
60 Minutes』特派員
CBSイブニングニュース』平日版アンカー(2011年 - 2017年)

スコット・ペリーScott Pelley1957年7月28日 - )は、アメリカ合衆国テレビジャーナリストアンカーパーソン。フルネームは、スコット・キャメロン・ペリーScott Cameron Pelley)。

2011年6月6日から『CBSイブニングニュース』平日版アンカーを務めていた。

来歴[編集]

1975年テキサス州ラボックにあるABC系列の放送局KAMC」に報道記者として入社。

その後、同州フォートワースダラス勤務を経て、1989年CBSに入社する。湾岸戦争1992年アメリカ合衆国大統領選挙世界貿易センター爆破事件1993年)、オクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件1995年)などを取材した。1997年から1999年にかけてCBSホワイトハウス担当主席特派員を担当し、当時の大統領ビル・クリントンに発生した不倫スキャンダル報道の第一人者となった。

1999年、ホワイトハウス担当から『60 Minutes II』特派員に異動し、2000年には当時の大統領ジョージ・W・ブッシュにインタビューする。2011年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件では、ワールドトレードセンターの崩壊を中継した。同時多発テロ事件から1年となった2002年9月11日には、再びブッシュに単独インタビューしている。

2003年には『60 Minutes』に異動し、2008年から2009年にかけての経済崩壊やアフガン戦争イラク戦争の取材など、国内外を問わずテレビジャーナリストとして精力的に活動。地球温暖化問題に関連して、南極大陸北極にも赴いた。

ペリーの取材活動は国内外を問わず多岐に渡るが、本人は中でも戦争報道に力を入れている。クウェート侵攻、湾岸戦争、ユーゴスラビア紛争アフガニスタンにおけるターリバーンの活動などを、それぞれ現地取材。2006年2007年にはダルフール紛争での大量虐殺を報告した。

2011年6月6日ケイティ・クーリックの後任として『CBSイブニングニュース』平日版の5代目アンカーに就任した。

外部リンク[編集]

メディア
先代:
ハリー・スミス
(暫定アンカー)
CBSイブニングニュース アンカー
2011年6月 - 2017年5月
次代:
アンソニー・メイソン