スイフト・タットル彗星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スイフト・タットル彗星
109P/Swift-Tuttle
彗星
周期彗星の一覧 / 非周期彗星の一覧
発見
発見者  ルイス・スウィフト
ホレース・タットル
発見日  紀元前69年8月(古代)
1862年7月16日(スウィフト)
符号・別名  109P/-68 Q1 = -68,
109P/188 O1 = 188 =
109P/1737 N1 = 1737 II =
109P/1862 O1 = 1862 III =
109P/1992 S2 = 1992 XXVIII = 1992t
軌道要素 - IAUNASA
元期 1995年8月10日
離心率 (e)  0.963225755
近日点距離 (q)  0.9595162 AU
軌道長半径 (a)  26.0920695 AU
遠日点距離 (Q)  51.224622 AU
公転周期 (P)  133.28
軌道傾斜角 (i)  113.4538170°
近日点引数 (ω)  152.9821676°
昇交点黄経 (Ω)  139.3811921°
前回近日点通過  1992年12月12日
次回近日点通過  2126年7月12日

スイフト・タットル彗星(‐すいせい、スウィフト・タットル彗星109P/Swift-Tuttle)は、1862年7月にルイス・スウィフトホレース・タットルが独立発見した、周期133年の周期彗星である。ペルセウス座流星群母天体でもある。

発見[編集]

スイフト・タットル彗星は、1862年7月16日ルイス・スウィフトが、1862年7月19日ホレース・タットルが、互いに独立に発見した。次の回帰予想は1981年1982年ごろだったが、その年の前後には現れず、行方不明と考えられた。

しかし、イギリス天文学者ブライアン・マースデンは、1737年北京で発見された彗星が同じ彗星だという説をもとに、非重力効果を含めて軌道計算した結果、回帰を1992年11月下旬と予想した。事実、1991年と1992年のペルセウス座流星群は例年より大規模で、回帰が近いと期待された。

そして1992年9月26日UT9月27日JST)、日本コメットハンター木内鶴彦が11.5等のスイフト・タットル彗星を再発見した。

この回帰の観測データを加えた軌道計算から、さらに紀元前69年と西暦188年中国で発見された彗星が、同じ彗星だと同定された。

ペルセウス座流星群[編集]

スイフト・タットル彗星は、8月12日を中心日とする流星群ペルセウス座流星群の母天体である。前回の回帰時は、1991年~1995年にかけて活発な流星群が見られた。

1862年のスイフト・タットル彗星発見後まもなく、イタリア天文学者ジョヴァンニ・スキアパレッリが、ペルセウス座流星群の母天体ではないかと指摘した。彗星が流星群の母天体だとされたのはこれが最初である。

地球への接近[編集]

NASA の Near Earth Object Program ウェブサイト[1]によると、同彗星は西暦2126年8月5日に、地球と月の間の距離の59.7倍の距離まで地球に接近すると計算されている。また、西暦3044年には、地球と月の間の距離の42.8倍もの距離(約1645万km)まで地球に接近する。

参考文献[編集]


前の彗星:
シフレオ彗星
周期彗星
スイフト・タットル彗星
次の彗星:
ハートレー第3彗星