ルイス・スウィフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルイス・スイフト
Lewis Swift
Lewis Swift.jpg
生誕 1820年2月29日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国,Clarkson, New York
死没 1913年1月5日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国, Marathon, New York
研究分野 天文学
主な業績 彗星の発見
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ルイス・スイフト(Lewis A. Swift, 1820年2月29日1913年1月5日[1])は、アメリカ合衆国天文学者

多くの彗星を発見した。周期彗星11P/テンペル・スイフト・LINEAR彗星 、 64P/スウィフト・ゲーレルス彗星、 109P/スウィフト・タットル彗星の他、 C/1877 G2 、 C/1878 N1 、 C/1879 M1 、 C/1881 J1 、 C/1881 W1 、 C/1892 E1 、 D/1895 Q1 、 C/1896 G1 、 C/1899 E1 、 C/1883 D1 (Brooks-Swift) を発見した。息子のエドワード・スイフトも 54P/デヴィコ・スウィフト・NEAT彗星 を発見している。その他に数百の星雲を発見した[2]

1878年に水星軌道の内側にあるとされた惑星(いわゆる「バルカン」)を発見したと発表して話題になったが、間違いであることがわかった。

ロチェスターの製薬会社のオーナー、ハルバート・ウォーナーの後援を受け、1884年からウォーナー天文台の所長となった[3]。1893年の恐慌でウォーナーが破産すると、カリフォルニアに移り、ローウィ天文台の所長となった。

最後に彗星を発見したのは76歳の時である。スイフトは93歳まで生きて1835年と1910年のハレー彗星の2回の出現を見たことになった。

1897年に観測天文学に功績に対して贈られるジャクソン=グウィルト・メダルを王立天文学会から受賞した[4]小惑星 (5035)スウィフトは彼の功績を称えて命名された。

参考文献[編集]

  1. ^ Obituary Notes of Astronomers”. www.astro.uni-bonn.de. 2008年6月8日閲覧。
  2. ^ Hockey, Thomas (2007). Biographical Encyclopedia of Astronomers. Springer. p. 1115. ISBN 978-0-387-31022-0 
  3. ^ Wlasuk, Peter T. (1996). “'So Much for Fame!': The Story of Lewis Swift”. Quarterly Journal of the Royal Astronomical Society 37 (4): 683–707. Bibcode1996QJRAS..37..683W. 
  4. ^ “Prof. Lewis Swift”. New York Times. (Feb 2, 1902). https://timesmachine.nytimes.com/timesmachine/1902/02/02/101932831.pdf 2009年7月9日閲覧。.