スイス宇宙局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スイス宇宙局(Swiss Space Office, SSO)はスイス宇宙機関[1]1998年に設立され、本部はベルンに位置する[2]

概要[編集]

SSOはスイス連邦参事会が定めるスイスの宇宙政策を計画・実施する行政機関である[3]

スイスは設立時からの欧州宇宙機関(ESA)の参加国であり、ESAの枠内での宇宙研究開発を行っている[2]。2009年度のESA拠出金は9440万ユーロであり、全体の2.63%を占めて、参加国中8位だった[2]

スイス初の人工衛星2009年にローザンヌ技術専門学校がインドのPSLVロケットにより打ち上げたスイスキューブであり、この衛星によってスイスは世界で49番目の衛星保有国となった[2]

スイス国内における宇宙開発の公的機関として、SSOのほかにSER(教育研究事務局)が存在する。

スイスの宇宙技術[編集]

1965年、厳しい審査の後にスイスのオメガスピードマスタープロフェッショナルがNASAの宇宙ミッションに認可され、月面で初めて使用された時計となった
下記はスイスが参加したミッションの一部[4][5]


参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]