ジーンズ 世界は2人のために

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジーンズ 世界は2人のために
Jeans
監督 シャンカール
脚本 シャンカール
原案 シャンカール
製作 アショーク・アムリトラジ英語版
マイケル・ソロマン
サナンダ・ムラリ・マノハル英語版
出演者 プラシャーント英語版
アイシュワリヤー・ラーイ
ナーサル
音楽 A・R・ラフマーン
撮影 アショーク・クマール英語版
編集 B・レニン英語版
V・T・ヴィジャヤン英語版
製作会社 アムリトラジ・ソロモン・コミュニケーションズ
配給 インドの旗 アースカール・フィルム
日本の旗 ザナドゥー電通
公開 インドの旗 1998年4月24日
日本の旗 1999年11月27日
上映時間 175分
製作国 インドの旗 インド
言語 タミル語
製作費 ₹200,000,000[1]
テンプレートを表示

ジーンズ 世界は2人のために』(ジーンズ せかいはふたりのために、原題:Jeans)は、1998年に公開されたインドロマンティック・コメディ映画。シャンカールが監督を務め、プラシャーント英語版アイシュワリヤー・ラーイナーサルが出演している。作曲はA・R・ラフマーン、撮影監督はアショーク・クマール英語版、編集はB・レニン英語版V・T・ヴィジャヤン英語版が務めた。

1998年4月24日に公開され、同年公開のインド映画興行収入ランキングで1位となり、ヒンディー語吹替版とテルグ語吹替版が公開された。アカデミー外国語映画賞のインド映画候補に選ばれたが、ノミネートには至らなかった[2][3][4][5]

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

プラシャーント
アイシュワリヤー・ラーイ

製作[編集]

企画[編集]

シャンカール

映画は1年半の期間をかけて製作された。本作は他のシャンカール作品とは異なり、大部分が海外で撮影された。プロデューサーはアショーク・アムリトラジ英語版、マイケル・ソロマン、サナンダ・ムラリ・マノハル英語版が務め、3人とも本作がタミル語映画デビュー作となる[7]。アムリトラジが参加したタミル語映画は本作のみである[8]。シャンカールは脚本を完成させた後、『インドの仕置人』の技術チームを再結集した[9]。映画のタイトルについて、アムリトラジによると「遺伝子(genes)」の同音異義語から採用されたものであり、「映画の内容に非常に適している」と語っている[9]。また、ラシュトリヤ・サハラ誌英語版によるとタイトルを考案したのはシャンカールであり、プラシャーント英語版ナーサルが2役を演じることから「双子の誕生は遺伝子の作用によって支配される」ため採用したとされる[10]。1996年12月にチェンナイヴァダパラニ英語版AVMスタジオ英語版で製作発表会が行われた。招待状はシャンカールからタミル語映画界の俳優や彼の友人に手渡された[11]。キャストとスタッフはプロデューサーの依頼に応じて青いジーンズを履いて出席した[11]。シャンカールは『インドの仕置人』などに参加したジーヴァ英語版を撮影監督に起用したにも関わらず、サントーシュ・シヴァン英語版が起用されたと発表された。しかし、実際に撮影監督として製作に参加していたのはアショーク・クマール英語版だった[11]

キャスティング[編集]

主役にはアッバス英語版が検討されていたが、彼は撮影のために1年間拘束されることに難色を示して辞退した。次にオファーを受けたアジット・クマール英語版も撮影期間に難色を示し、出演を辞退した[11]。最終的にプラシャーントが起用されたが、彼は本作の撮影に専念するために7本の映画を降板した[11]。ヒロイン役には『インドの仕置人』で出演が叶わなかったアイシュワリヤー・ラーイが起用された[11]。彼女の声はサヴィサ・レッディ英語版が吹き替えている[12]。助演俳優としてセンディル、ナーサル、ラージュ・サンダラム英語版が起用された。助演女優としてラクシュミー英語版ギータ英語版が起用され、ラーディカー英語版がゲスト出演することになった。この他にS・P・バラスブラーマニヤム英語版が降板したため、新たにS・V・シェカール英語版が起用された[11]。シャンカールはガンティマティ英語版に2役を演じさせるつもりでいたが、彼が2役を演じることが不可能になったため映画の内容がコメディ映画から恋愛映画に変更された[13]

撮影[編集]

主人公一家のケータリング会社のシーンはラスベガスで撮影が行われ、その他のシーンの一部はユニバーサル・スタジオで撮影された。通常、ユニバーサル・スタジオではアメリカ映画以外の撮影は許可されないが、アムリトラジの尽力で特別な許可を得て撮影することが可能となり、『キングコング』のセットや「模擬地震体験」で撮影が行われた[11]。撮影はアリゾナ州グランド・キャニオンカリフォルニア州火の谷英語版マンハッタン・ビーチ英語版、マリブ湖などでも行われた。「Columbus」の歌唱シーンはヴェニスビーチで数人のダンサーが参加して撮影された。この他にニュージャージー州ニューヨークワールドトレードセンターでも撮影が行われている[11]。アメリカで45日間の撮影スケジュールを終えた後、シャンカールはクライマックスシーンを撮影するためインドに帰国した。撮影チームは「Poovukkul」のシーンを撮影するため複数の国を訪れて世界の名所7か所を撮影した[7]。撮影されたのはピサの斜塔エンパイア・ステート・ビルディング万里の長城タージ・マハルエジプトのピラミッドコロッセオエッフェル塔であり、30日間かけて撮影された[14]。パリでの撮影中にダイアナ妃の事故死英語版が発生したため、撮影が一時延期された[11]

音楽[編集]

サウンドトラックはA・R・ラフマーンが作曲し、ヴァイラムトゥ英語版が作詞している[15]。1998年3月に発売された。発売されたオーディオカセットは「エレガントでメモリアル」なものにするため、販売店のオーナーはカセットをジーンズの衣料に入れて発売するように指示されていた[16]

公開[編集]

1998年4月24日に公開された[17]。上映用フィルムは240フィルム用意され、同年公開のタミル語映画で新記録を樹立した[18][16][19]。映画はテルグ語吹替版とヒンディー語吹替版が同時公開された。タミル・ナードゥ州では公開日数が100日間を記録し、タミル語版とテルグ語吹替版は興行的な成功を収めた[20][21][22]ムンバイでは興行的に失敗している[23]

評価[編集]

批評[編集]

Rediff.comのラージタはプラシャーントのキャラクターを称賛し、アイシュワリヤーとナーサルを「これまで通り信頼できる」と述べ、ラーディカについては「彼女はわずかな出番で栄誉を手にした」と批評した。スタッフについては、「全編通して傑出した」アショーク・クマールの撮影技術、「記憶に残る」ラージュ・サンダラムの振付、「口ずさみやすい」ラフマーンの楽曲を称賛し、シャンカールについては「完璧な物語の流れとキャスト、スタッフの全ての要素から完璧なものを作り出す入念さを得意とする傾向がある」と批評している[24]インディアン・エクスプレス英語版は映画を「陽気なコメディ」と表現し、アイシュワリヤーの演技とラフマーンの音楽を称賛した[25]。インドリンクは3.5/5の星を与え、「『ジーンズ 世界は2人のために』は暴力シーンのない偉大なファミリー・エンターテインメントです。しかし、3時間という上映時間の長さに耐える精神が必要です。DTSシステムを備えた劇場で観るようにしてください」と批評している[17]デカン・ヘラルド英語版はシャンカールの物語の方向性とプラシャーント、ラクシュミーの演技を批判し、映画を「巨額の無駄遣い」と酷評した[26]

受賞・ノミネート[編集]

映画はアカデミー外国語映画賞のインド映画代表作品に選ばれたものの、ノミネートには至らなかった[27][28][29][30][31]。ノミネートされなかった背景には有力なヒンディー語映画が優先的に選ばれ、多言語版映画が「低俗な大衆映画」と見做されていることが指摘されている[32]タミル・ナードゥ州映画賞では最優秀コメディアン賞、最優秀女性プレイバックシンガー賞、最優秀振付賞、最優秀衣装デザイン賞を受賞しており[33]フィルムフェア賞 南インド映画部門では最優秀音楽監督賞[34]ナショナル・フィルム・アワードでは最優秀特殊効果賞を受賞している[35]

続編構想[編集]

2013年11月、プラシャーントは『Jeans 2』のプリプロダクションが完了したことを公表した。監督・プロデューサーはプラシャーントの父チャガラジャン英語版が務め、オリジナルのメンバーを起用して2014年5月から製作を開始することになっていた[36][37]。しかし、2014年1月にアムリトラジはプラシャーントとチャガラジャンに続編の権利があるとは信じておらず、製作の実現可能性について疑問を呈した[38]。2016年2月、プラシャーントは続編の企画が進行中であることを公表した[39]

出典[編集]

  1. ^ Around the world in a song”. India Today (1998年4月6日). 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月31日閲覧。
  2. ^ It is Aishwarya Rai's birthday today”. News18 (2010年10月31日). 2018年10月29日閲覧。
  3. ^ Ash turns 35 on November 1”. Masala (2008年10月30日). 2018年10月29日閲覧。
  4. ^ Aishwarya - most bankable Bollywood star in at 35”. India Today (2008年11月1日). 2018年10月29日閲覧。
  5. ^ At 37, Aishwarya is a director's delight”. The Hindu (2010年10月31日). 2018年10月29日閲覧。
  6. ^ God is world’s greatest story teller: Janaki Sabesh”. The New Indian Express (2016年9月21日). 2017年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月5日閲覧。
  7. ^ a b Srinivasan, V. (1998年3月21日). “Of Jeans and bottom lines”. Rediff.com. 2016年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月6日閲覧。
  8. ^ Social Media has created stars in very wierd [sic! way]”. The Times of India (2016年7月7日). 2016年7月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月12日閲覧。
  9. ^ a b Krishna, S.. “Having watched the wonderful films in India, I was quite 'crazy' about films”. Indolink.com. 2016年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月6日閲覧。
  10. ^ Sinha, Navneet (May 1998). “JEANS (Jeans 0% Cotton 100% Love)”. Rashtriya Sahara 6 (1-6): 156. https://books.google.co.in/books?id=zQFuAAAAMAAJ&dq=1998+shankar+jeans+genes&focus=searchwithinvolume&q=double-roles 2018年10月29日閲覧。. 
  11. ^ a b c d e f g h i j Krishna, S.. “Naanga Jeans Pant-u Dhaan Pottaakka, Neenga Baggy Pant-a Dhaan Paakka Maateenga”. Indolink.com. 2016年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月11日閲覧。
  12. ^ Roshne, B. (2016年4月23日). “Ever Unseen But Never Unheard”. The New Indian Express. 2016年9月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月7日閲覧。
  13. ^ Srinivasan, Sudhir (2014年10月18日). “Start with a laugh”. The Hindu. 2017年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月3日閲覧。
  14. ^ Suresh, M. G. (1998年5月1日). “What makes baby-face Prasanth tick?”. The Indian Express. 2013年9月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月5日閲覧。
  15. ^ Jeans (1998)”. Raaga.com. 2016年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月13日閲覧。
  16. ^ a b Krishna, S.. “Naanga Jeans Pant-u Dhaan Pottaakka, Neenga Baggy Pant-a Dhaan Paakka Maateenga (2)”. Indolink.com. 2016年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月11日閲覧。
  17. ^ a b Jeans: Movie Review”. Indolink. 2001年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月18日閲覧。
  18. ^ Best of 1998”. Indolink.com. 2015年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月6日閲覧。
  19. ^ Rajnikant to try new looks for 'Robot'”. Zee News (2008年5月17日). 2016年7月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月12日閲覧。
  20. ^ Rajitha (1998年8月17日). “The last laugh”. Rediff.com. 2016年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月11日閲覧。
  21. ^ Sivaji's Global March”. Businessworld. 2008年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月11日閲覧。
  22. ^ Deosthalee, Deepa (1999年5月10日). “Love in Tokyo – Japanese yen for Rajni”. Express India. 2012年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月11日閲覧。
  23. ^ Archived copy”. 2017年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月6日閲覧。
  24. ^ Rajitha (1998年5月15日). “An easy fit”. Rediff.com. 2006年11月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月11日閲覧。
  25. ^ Double trouble”. The Indian Express (2004年6月20日). 2012年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月26日閲覧。
  26. ^ Cinema – Reviews”. Deccan Herald (2004年6月20日). 2012年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月26日閲覧。
  27. ^ 45 Countries Submit Films for Oscar Consideration”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences (1998年11月19日). 1999年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月20日閲覧。
  28. ^ Chopra, A.. “Waiting for the Oscar”. India Today. 2014年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月11日閲覧。
  29. ^ Jeans is Indian nomination for Oscar award”. The Indian Express (1998年11月1日). 2013年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月3日閲覧。
  30. ^ Earth is India's entry to the Oscar awards”. The Times Of India (2004年6月20日). 2011年7月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月3日閲覧。
  31. ^ Jeans ko Oscar milega kya?”. The Times of India (2004年6月20日). 2012年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月26日閲覧。
  32. ^ ‘Visaaranai’ is India’s official entry in the Foreign Language Film Oscar category”. Scroll.in (2016年9月22日). 2016年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月23日閲覧。
  33. ^ Film awards announced”. The Hindu (2000年7月18日). 2012年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月3日閲覧。
  34. ^ Filmfare awards presented at a dazzling function”. The Times of India (1999年4月25日). 2012年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月3日閲覧。
  35. ^ 46th National Film Awards (PDF)”. Directorate of Film Festivals. p. 56. 2016年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月12日閲覧。
  36. ^ Prashanth teams up with his dad”. Deccan Chronicle (2013年11月23日). 2016年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月5日閲覧。
  37. ^ Is Jeans 2 in the pipeline?”. The Times of India (2013年11月19日). 2016年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月5日閲覧。
  38. ^ Lakshmi, V. (2016年1月10日). “I doubt the sequel to Jeans can go forward”. The Times of India. 2016年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月5日閲覧。
  39. ^ Subhakeerthana, S. (2016年2月2日). “I spent my time introspecting on where I went wrong: Prashanth”. Deccan Chronicle. 2016年7月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月12日閲覧。

外部リンク[編集]